2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 展開が厳しかったも、3度目のG1挑戦となる今回も力を出し切れずに大敗。現実の厳しさを改めて知ることに…。★ロードヴァンドール | トップページ | シルクなお馬さん(障害馬) »

2019年5月 4日 (土)

シルクなお馬さん(2歳牝馬・関西馬)

201905_1

Photo_3 オーサムゲイル(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ 母シーズインクルーデッド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:1回トレッドミル、残りの日は軽めの運動

担当者「ここまで順調に進められていたことから、この中間はリフレッシュを兼ねて軽めの運動に控えました。それまでは週に2回坂路でハロン16秒のペースでコンスタントに乗り込んでいましたし、以前より大きなストライドで走ってくれるようになりました。調教時に気難しい面を見せる時があるので、調教後のルートを変えたり、角馬場で常歩を行うなどして少し変化をつけて飽きさせないように普段から工夫しています。トモがまだ緩く、ハミにモタれやすいところがあるなど課題は残りますが、体力・筋力が付けばしっかりとした走りが出来るようになると思うので、引き続き成長を促しながら大事に育てていきたいですね。馬体重は434キロです」(5/1近況)

201905_2

Photo_3 ミスビアンカ(牝・高橋忠)父ロードカナロア 母シャトーブランシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路の登坂回数を週3回に増やし、その内の2回はハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。まだトモをしっかり使い切れていないことで、前に頼ったような走りですが、それは登坂回数を重ねていくにつれて解消されて行くでしょう。母のシャトーブランシュも3歳の夏を過ぎたあたりからグングン逞しくなった経緯がありますし、本馬も同じようなイメージで育てていきたいですね。ここに来て調教の負荷が大きくなってきましたが、テンションが高くなることもなく、脚元などにも問題なく進められているので、引き続き馬の状態に合わせながら調教を進めていきたいと考えています。馬体重は461キロです」(5/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

オーサムゲイルは馬体重が少し減ってきたこともあり、この中間はリフレッシュを意識して軽めの調整。走りに関しては、もう少し体がおきてくれば良いのですが、ストライドは少しずつ大きくなってきているとのこと。難しい面は残りますが、根気強く対応し、悪い方へ向いていかないように常に注意してもらいたいです。

ミスビアンカは坂路の登坂回数を増やして鍛錬中。身のこなしに良化の余地を残すも、特に痛いところはないですし、落ち着きを保てているのは好感。競走馬としてのセンスも良い馬ですから、心身が充実してくれば、血統馬らしく化けてきてくれると思います。

« 展開が厳しかったも、3度目のG1挑戦となる今回も力を出し切れずに大敗。現実の厳しさを改めて知ることに…。★ロードヴァンドール | トップページ | シルクなお馬さん(障害馬) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ミスビアンカ」カテゴリの記事

オーサムゲイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 展開が厳しかったも、3度目のG1挑戦となる今回も力を出し切れずに大敗。現実の厳しさを改めて知ることに…。★ロードヴァンドール | トップページ | シルクなお馬さん(障害馬) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ