最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 12日に栗東・高野厩舎へ入厩しています。☆ロードユリシス | トップページ | 【近況】【動画更新】左飛節の状態は良い意味で変わりがない為、坂路での乗り込みを再開しています。☆クァンタムリープ »

2019年4月17日 (水)

ポテンシャルは高いものを秘めていると思うも、お腹周りが寂しすぎる立ち姿。調教の負荷が高まるに連れてピリピリした面が強調されてきた様子。★シベール

201904_15

Photo_6 シベール(牝・久保田)父ルーラーシップ 母ヴィーヴル

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~17秒ペース)。3月下旬測定の馬体重は442キロ。

○当地スタッフ 「自慢のストライドの大きな走りで現行メニューを楽々とこなしています。課題は外見がなかなか変わって来ないところで、骨格を見ると460~470キロぐらいまで増えてくれても・・・と言うイメージ。移動時期については身体の成長次第でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

小顔で品を感じる立ち姿のシベール。父・母ともにポテンシャルの高かった馬で、トビの大きい走りなどからシベールも身体能力は高いと思います。ただ、前回の更新でカイバ食いの細さを懸念されていましたが、更新された馬体の画像を見ると、その不安点はちょっと深刻かも。

馬体の張り自体は悪くないと思いますが、お腹周りが既に巻き上がり気味でギリギリの造り。また、先日更新された調教動画を見ると、やや周囲を気に掛けた走りにも見えました。まあ、牝馬らしく食は細めだったんでしょうが、調教の負荷が高まったことでピリピリした面が強調されてきたのでしょう。

調教のメニューは牝馬の早い組に属していますし、ここらで馬体をフックラさせることに専念した方がベターかと。現状の姿からこれ以上の負荷を与えると、シベールの走る意欲を殺いでしまうことにもなりそう。半月から1ヶ月をメドにウォーキングマシンのみの運動に止めたり、調教のピッチを落としたり、調教メニューを軽くしたりと臨機応変に対応してもらいたいです。

« 12日に栗東・高野厩舎へ入厩しています。☆ロードユリシス | トップページ | 【近況】【動画更新】左飛節の状態は良い意味で変わりがない為、坂路での乗り込みを再開しています。☆クァンタムリープ »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

シベール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12日に栗東・高野厩舎へ入厩しています。☆ロードユリシス | トップページ | 【近況】【動画更新】左飛節の状態は良い意味で変わりがない為、坂路での乗り込みを再開しています。☆クァンタムリープ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ