2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【動画更新】ハーツクリスタル&ベルラガッツォ | トップページ | 【シルク】2018年度 第2回追加募集馬のご案内 »

2019年4月24日 (水)

牝馬同士の1戦+鞍上強化で変わり身を期待するも、結果は8着。ただ、今回は使い詰めでデキ落ちが大きな敗因。良い状態でレースへ臨むことが出来れば、巻き返せそうな雰囲気は感じました。★シグナライズ

2019031600_1

Photo_6 シグナライズ(牝・藤原英)父Frankel 母ワイルドココ

4月20日(土)東京12R・4歳上1000万下・牝馬限定・芝1400mにM.デムーロJで出走。12頭立て6番人気で5枠6番から平均ペースの道中を12、9番手と進み、直線では外を通って0秒6差の8着でした。馬場は良。タイム1分21秒1、上がり33秒9。馬体重は増減無しの492キロでした。

○デムーロ騎手「硬過ぎる馬場がそこまで合っておらず、スタート後にゴトゴトした走りで後ろからになってしまいました。直線を向いて一瞬伸びたとは言え、この展開では厳しかった感じ。前が止まらずに届かなかったです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ゲートを出るとすっと下げて最後方。3~4角でジワッと上がって直線勝負に賭けたものの、ジリジリと差を詰める程度。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。4月20日(土)に千葉・ケイアイファームへ移動。夏以降の戦列復帰へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○当地スタッフ 「東京競馬場から直にこちらへ。レース当日より管理を任されています。何度も滞在して慣れている環境だけに、到着後はすぐに落ち着いた雰囲気に。ひとまずは脚元等に問題も認められませんので、十分にダメージを取り除いた上で跨り始めましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牝馬同士の1戦+M.デムーロJを鞍上に迎え、今年に入って低迷が続く現状を打破したかったシグナライズ。淡い期待を持ってこのレースを見守りましたが、残念ながら結果は8着。変わり身を見せることが出来なかったのは悩ましい限りですが、敗因に関してはちょっと違ったのかなと思います。

今年の3戦は良い状態でレースへ挑むも、気ムラな面が出てしまって集中力を欠く走り。それに対して今回は使う詰めでデキが下降線。スタートが悪く、最後方からの競馬になったことで展開的に苦しくなってしまいましたが、開幕週で前がなかなか止まらない中、最後の最後はじわっと前との差を詰めていました。今回の敗戦は自滅ではなく、肝心のデキが案外で展開が向かず。良い状態を取り戻せば、巻き返せる雰囲気は出てきたかなと思います。

レース後のシグナライズは栗東へ戻ることなく、直接千葉のケイアイファームへ。何度も経験している環境なので必要以上にテンションが上がることなく、脚元等も問題なし。ただ、今年に入って既に4走したので、目に見えない疲れは大きい筈。まずはその疲れをしっかり取り除くことに専念して欲しいです。

今後の予定は回復が叶い、調教自体がかなり進んでからになると思いますが、昨年同様に滞在競馬+時計の掛かる馬場を求めて、夏の北海道シリーズへの転戦が有力かなと思います。低迷の底は抜けたと思うので、走ることへの意欲を掻き立てていって欲しいです。あと個人的にはそろそろ1度ダートを試して欲しいと思っています。

« 【動画更新】ハーツクリスタル&ベルラガッツォ | トップページ | 【シルク】2018年度 第2回追加募集馬のご案内 »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

シグナライズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【動画更新】ハーツクリスタル&ベルラガッツォ | トップページ | 【シルク】2018年度 第2回追加募集馬のご案内 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ