2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

出資馬一覧

最近のコメント

« 今週の出走馬(4/20・21) | トップページ | 2度目の競走馬登録が完了。石川Jとのコンビで来週28日の東京・ダ2100mを予定しています。☆ロイヤルアフェア »

2019年4月19日 (金)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・NF空港組)

Photo_3 ベルラガッツォ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、週2回トレッドミル、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間、調教メニューに変化をつけて乗り込んでいます。リフレッシュ明けは坂路をハロン15秒まで乗り込んでおり、その後また1週間リフレッシュを取り入れました。現在はすでに乗り運動を再開し、周回コースを中心に運動を継続しています。どこのコースでも走りに対して気持ちが前向きで、しっかりとした走りで乗り手の指示に素早く反応できるところは本馬のセールスポイントですね。馬体重は大きく減らなくなりましたし、トモにしっかりとした筋肉がついて走りも良くなってきているので、無理せずこのままゆるやかに調教ペースを工夫しながら負荷を高めていくつもりです。移動は6月から7月くらいを視野に入れて調整していくつもりです。馬体重は492キロです」(4/15近況)

Photo_3 ハーツクリスタル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2000m、残りの日は軽めの調整

担当者「引き続き坂路調教ではハロン15~17秒のキャンターを行い、周回コースでは軽めのキャンター2000mを行っています。まだ、理想には程遠いですが、トモの周りに少しずつ筋肉が付いてきたことで、以前より出だしから反応してくれるようになりました。暖かくなるにつれて、幼かった体型も徐々に大人になってきましたから、負荷を掛け過ぎず更に成長を促せば、より見映えのする体になってきそうですね。兄のトリコロールブルーは早めにデビューしましたが、ピボットポイントが3歳夏に初勝利を挙げたように、基本的にはあまり早めから活躍するタイプの母系ではありませんから、今後もじっくりと馬の成長曲線に合わせて進めていきたいと思います。馬体重は491キロです」(4/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ベルラガッツォは前向きで反応の良い走りをしてくれますが、リフレッシュを多く挟んでいるように馬体重を減らしやすいのが課題。まあ、2歳のこの時期なので内面がパンとしていないのも影響しているのかなと思います。スケールの大きい血統馬なので早期デビューに拘らず、当面は気持ちを追い込まないようなメニューでコツコツ乗り進めていくことが大事だと思います。

ハーツクリスタルは与えられたメニューを着実にこなしていますが、トモの緩さは相変わらず。地道なトレーニングで強化してくしか道はありません。また、馬体面だけでなく精神面でも幼い仕草が目立つので、適度な負荷に止めて、心身の成長を促すことを最優先して欲しいです。イメージとすれば、2歳夏頃から1段負荷を高めるぐらいで良いのかなと考えています。

2頭共、ゆくゆくはOPで活躍できる馬へと育ってもらいたいです。

« 今週の出走馬(4/20・21) | トップページ | 2度目の競走馬登録が完了。石川Jとのコンビで来週28日の東京・ダ2100mを予定しています。☆ロイヤルアフェア »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ハーツクリスタル」カテゴリの記事

ベルラガッツォ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の出走馬(4/20・21) | トップページ | 2度目の競走馬登録が完了。石川Jとのコンビで来週28日の東京・ダ2100mを予定しています。☆ロイヤルアフェア »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ