最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【シルク】2018年度 第2回追加募集馬のご案内 | トップページ | 後方からの競馬になってしまうも臆病な性格を考慮すると仕方ない面も。デビュー戦から着順を落とす結果も、勝ち馬との差自体は詰める。可もなく不可のなくの2戦目を終える。★ジェラーニオ »

2019年4月24日 (水)

22日に北海道を出発して千葉・ケイアイファームへ移動中。☆ハリケーンフラッグ

Photo_6 トルネードフラッグ(牝・藤原英)父キングカメハメハ 母ハリケーンフラッグ

4月22日(月)に三石・ケイアイファームを出発。千葉・ケイアイファームへ移動中です。

○当地スタッフ「単純に坂路コースで併せるだけであれば他の評判の牝馬に負けない脚力を持っており、非凡なスピードが感じられる1頭です。距離の融通は利かないかも知れませんが、特定の条件で輝いてくれそう。4月22日(月)に関東へ向けて出発しています(三石・ケイアイファーム)」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牡馬の進んでいる組は北海道から千葉へとポツポツ移動してきていた中、牝馬勢は北海道で鍛錬中でしたが、その先陣を切ってトルネードフラッグ、ヴィースバーデン、アンサンブルの3頭が22日に北海道を離れ、問題がなければ既に到着しているものと思います。

坂路調教を重ねていく中、伸び縮みの大きな動きが出来るようになってきたトルネードフラッグはピッチを上げても難なく対応。それと共に非凡なスピードを感じさせるようになってくれました。そして先日アップされた調教動画では途中でヴィースバーデンを置き去りにしそうな動きを披露。併せた相手も出資しているのでちょっと複雑な気持ちになりましたが、この馬への期待は高まるばかりです。恐れ多いですが、レッツゴードンキのような短いところで芝・ダート不問の活躍を見せて欲しいです。

« 【シルク】2018年度 第2回追加募集馬のご案内 | トップページ | 後方からの競馬になってしまうも臆病な性格を考慮すると仕方ない面も。デビュー戦から着順を落とす結果も、勝ち馬との差自体は詰める。可もなく不可のなくの2戦目を終える。★ジェラーニオ »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(地方競馬)トルネードフラッグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【シルク】2018年度 第2回追加募集馬のご案内 | トップページ | 後方からの競馬になってしまうも臆病な性格を考慮すると仕方ない面も。デビュー戦から着順を落とす結果も、勝ち馬との差自体は詰める。可もなく不可のなくの2戦目を終える。★ジェラーニオ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ