最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 19日に帰厩。春の新潟開催での出走を予定しています。☆リミットブレイク | トップページ | 開幕週で時計が速くなり過ぎると辛いも、ブリンカー着用で勝負どころでの反応が良化したことを味方に前走以上に積極的な仕掛けを。着順は二の次で見せ場を作って欲しい。★ヴィッセン »

2019年4月21日 (日)

実戦を重ねつつ体力を備えて行こうという現状。ワンターンのこれぐらいの距離は合っていそう。今回も後方からの競馬が濃厚なので、道中は無駄に動かずに末脚勝負に徹して欲しい。そしてどこまで順位を押し上げることが出来るかを見守りたい。★ロードラウレア

Photo ロードラウレア(牡・角居)父ロードカナロア 母キャトルフィーユ

4月21日(日)京都5R・3歳未勝利・芝1800mにA.シュタルケJで出走します。4月16日(火)良の栗東・坂路コースで1本目に60.9-44.7-29.4-14.7 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、4月17日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.6-39.3-25.4-12.5 末強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒2先行して首遅れ。追い切りの短評は「元気はいいが」でした。発走は12時20分です。

○小滝調教助手 「4月17日(水)はハロー明けに。どうしても序盤は多少モタ付くものの、ラストの1ハロンは12秒5ですからね。今朝も力の要る馬場。及第点を与えられるでしょう。追い切り後も特に問題なく、予定通りに今週の京都へ。前進が叶えば・・・」

≪調教時計≫
19.04.16 助手 栗東坂良1回 60.9 44.7 29.4 14.7 馬なり余力
19.04.17 団 野 栗東坂良1回 54.6 39.3 25.4 12.5 末強目追う レッドウィズダム(古馬1600万)馬なりに0秒2先行首遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回京都2日目(04月21日)
5R 3歳未勝利
サラ 芝1800メートル 指定 馬齢 発走12:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 シャドウアロング 牡3 56 C.ルメール
2 2 キタサンブラウン 牡3 56 松若風馬
3 3 クリノマンジェリカ 牝3 54 国分優作
4 4 ホッコーメヴィウス せ3 56 北村友一
4 5 ロードルーツ 牡3 56 幸英明
5 6 ヴィント 牡3 56 竹之下智昭
5 7 ハーバーコメット 牝3 54 藤井勘一郎
6 8 エイシンフォーラン 牡3 56 松山弘平
6 9 ロードラウレア 牡3 56 A.シュタルケ
7 10 ミヤビパーフェクト せ3 56 岡田祥嗣
7 11 ジューンワルツ 牝3 54 高倉稜
8 12 ワンダーハルム 牝3 54 藤懸貴志
8 13 メリーバローズ 牝3 53 坂井瑠星

○辻野助手 「もっと前向きさが欲しいところですが、芝で内容は良くなりました。1歩前進を」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

血統から芝でこそのタイプと思えるロードラウレア。ダートのデビュー戦は砂を被ってパニックに陥り、レースどころではなかったですが、芝へ舞台を移してガラッと変わってくることをちょこっと想像したのですが、思いのほか行き脚が付かずに後方からの競馬に。行きっぷりに余裕がなく、2戦目も追走に手一杯で終わることを覚悟したのですが、3角から4角手前に掛けて何故かグンと反応してポジションを押し上げていくことに。その勢いにちょっと驚きましたが、トモに力が付ききっておらず、体力不足の現状ではここまでが精一杯。直線で更に脚を伸ばすことは出来ず。レース振りは幾らか前進したと思いますが、2戦目も10着に敗れてしまいました。

本当は放牧に出して1から鍛えるべきなのでしょうが、未勝利馬ゆえに無駄な時間は使いたくないところ。実戦を重ねつつ体力も備えて行くのがベターということで前走後も在厩調整を続け、中2週のローテでここへ使うこととなりました。

状態面の上積みはさすがに期待できないも、調整ぶりを見ると、ラウレアは元気いっぱい。この馬なりに追い切りでは動けています。ただ、走ることへの前向きさはまだまだ物足りない感じ。今回は装着しないようですが、前向きさが出てこなければ、チークピーシズやブリンカー着用を検討すべきだと思います。

距離適性についてはハッキリしないも、芝2000m→芝1800mへの距離短縮はプラスかと。器用さがまだないので、ワンターンの競馬の方が力を出せそうです。

血統馬らしくこれから変わってくる余地は十分あると思いますが、それを叶えるには心身の成長がかなり必要。特に馬体に1本芯が入ってくるぐらいじゃないと。今回もおそらく行き脚が付かないと思うので、A.シュタルケJには道中ジタバタせずに直線勝負に徹して欲しいです。前走で一瞬だけグッと反応したところを今度は末脚に転化させ、もう少し長く脚を使って欲しいところ。開幕週の綺麗な馬場は味方してくれるでしょう。

まあ、前走でも10着に敗れているので、距離短縮だけでガラッと変わってくるとは思えないも、まずは1つでも順位を上げて前進したいです。勝ち馬との差も1秒以内に詰めて欲しいです。そして願わくば5着までに来て、次走への優先権を確保できれば。ハードルの低い目標ではありますが、ラウレアの置かれている現状・立場を鑑みれば、これぐらいから進めて行かないと。実戦を使うことでピリッとさせ、前向きな気持ちをとにかく引き出せるように考えて行きましょう。

« 19日に帰厩。春の新潟開催での出走を予定しています。☆リミットブレイク | トップページ | 開幕週で時計が速くなり過ぎると辛いも、ブリンカー着用で勝負どころでの反応が良化したことを味方に前走以上に積極的な仕掛けを。着順は二の次で見せ場を作って欲しい。★ヴィッセン »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードラウレア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 19日に帰厩。春の新潟開催での出走を予定しています。☆リミットブレイク | トップページ | 開幕週で時計が速くなり過ぎると辛いも、ブリンカー着用で勝負どころでの反応が良化したことを味方に前走以上に積極的な仕掛けを。着順は二の次で見せ場を作って欲しい。★ヴィッセン »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ