2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 12日に帰厩。松山Jとのコンビで29日の京都・芝1600mへの出走を予定しています。☆ロードイヒラニ | トップページ | 19日に栗東・高野厩舎へ帰厩する予定になっています。☆プレミアムギフト »

2019年4月20日 (土)

かなりの臆病さを見せたデビュー戦を踏まえ、NF天栄でキックバック対策など実戦を想定した調教を経験。ある程度の慣れは見込めるも、デビュー戦からの一変となるとさすがに難しそう。★ジェラーニオ

201904_19

Photo ジェラーニオ(牡・大竹)父ブラックタイド 母アンプレヴー

土曜東京6R 3歳未勝利(芝1800m)5枠10番 武藤J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:17日に南Wコースで時計

調教助手「17日に南Wコースで草野騎手に手伝ってもらい、追い切りを行いました。調教でメンコを着用したことで、チップのキックバックを受けてもそこまで怯まないようになりましたね。普段の調教ではハミを受けられるようになりましたし、新馬戦の時よりも精神的に成長が見られます。また、スタミナも付いてきたことで、今のところ脚元含め調教後に疲れは出ていません。この後は武藤騎手にも癖を知ってもらいたいので、レース前日までに騎乗してもらい、軽めの運動で調整していく予定です。デビュー戦は若さを見せた走りにはなってしまいましたが、今の状態であれば、この馬の力を存分に発揮してくれるでしょう」(4/18近況)

助 手 14美坂良 55.9- 41.0- 26.4- 12.7 馬なり余力
草 野 17南W良 54.3- 39.2- 13.2 馬なり余力 アルチェーレ(三未勝)馬なりの外を0.2秒先行3F付0.1秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回東京1日目(04月20日)
6R 3歳未勝利
サラ 芝1800メートル 指定 馬齢 発走13:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ブルーザリオン 牡3 56 吉田豊
1 2 プロース 牡3 56 武士沢友治
2 3 サトノエルドール 牡3 56 川田将雅
2 4 カミノシルヴィ 牝3 54 内田博幸
3 5 アースドラゴン 牡3 54 野中悠太郎
3 6 ロンリーソルジャー 牡3 56 M.デムーロ
4 7 オーレア 牝3 51 藤田菜七子
4 8 カナロアガール 牝3 54 大野拓弥
5 9 キングアゲン 牡3 56 岩部純二
5 10 ジェラーニオ 牡3 55 武藤雅
6 11 ミラキュラスパワー 牝3 54 柴田大知
6 12 サツキミラクル 牝3 51 大塚海渡
7 13 スズロザーナ 牝3 54 三浦皇成
7 14 デルマガルニエ 牡3 56 伴啓太
8 15 デュオビギン 牝3 54 酒井学
8 16 レッドクレオス 牡3 56 C.ルメール
8 17 サクラデュエル 牡3 56 横山典弘

○大竹師 「休ませたがあまり変わっていない。もっと体重が増えていいし、テンションも心配。(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1月の京都でのデビュー戦はロードの出資馬・ロードアドミラルが追走に手一杯という派手な負け方をしたので、ジェラーニオの走りはちょっと霞んでしまったのですが、改めて振り返ると、馬場入りの際にまさかの放馬。そして道中はハミ受けが悪く、ウナギのように頭を振りながらの追走ぶり。こんな走りをする馬がいたんだなあと逆に感心するほどの有り様。育成時から人に関心がなく、なつかないと言われてきて、気難しさを感じていましたが、それと同時に他の馬を気にして過敏な動きを見せるなどかなりの臆病さを痛感することとなりました。ただ、こういう状態でも最後までジリジリ脚を繰り出し、ロスの大きい中で9着に来たのは良化の余地がある証拠でもあります。

前走後はNF天栄でリフレッシュ。デビュー戦でキックバックを嫌がる素振りが目立ったことから、ジェラーニオは馬の後ろに付けてキックバックに慣らす練習を入念に消化。まだ完璧ではありませんが、だいぶ慣れてはくれた筈。実際、帰厩後の追い切りでは単走だと良いリズムを刻んで走ってくれます。ホントは馬具で対策を練れば良いのですが、臆病な性格なので視界が狭くなることでまたパニックを起こしそう。

レース運びに関しですが、馬群での競馬はやはりマイナスでしょう。逃げるぐらいの勢いで先行するか、腹を括って後方待機からの追い込み一手に賭ける戦法のどちらか。個人的には後者の形が良いのかなと考えています。デビュー戦は4つコーナーを回る芝2000mでしたが、性格を考えるとワンターンの今回の方が力を出せそう。

1度実戦を経験し、NF天栄では実戦を想定した調教を取り入れてきたジェラーニオ。デビュー戦からガラッと変わってくるのはさすがに無理だと思いますが、デビュー戦のような醜態はなさそう。武藤Jには追い切りで1度感触を掴んでおいて欲しかったですが、厩舎スタッフと相談してジェラーニオの良さ・力を引き出して欲しいものです。まずは前走以上の着順に来ること、そして未勝利突破へメドの立つ走りを期待しています。

« 12日に帰厩。松山Jとのコンビで29日の京都・芝1600mへの出走を予定しています。☆ロードイヒラニ | トップページ | 19日に栗東・高野厩舎へ帰厩する予定になっています。☆プレミアムギフト »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ジェラーニオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12日に帰厩。松山Jとのコンビで29日の京都・芝1600mへの出走を予定しています。☆ロードイヒラニ | トップページ | 19日に栗東・高野厩舎へ帰厩する予定になっています。☆プレミアムギフト »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ