最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 春の福島開催での出走を目標に調整を進めています。☆エレンボーゲン | トップページ | 煽り気味のスタートで行き脚が付かなかったのは最初の誤算。馬群の中で追走し、脚を温存することは出来たも、直線を向いて追い出しを待たされる場面があってアクセルを踏み遅れる。最後はよく伸びてくれたも今回も4着まで。☆ロードクエスト »

2019年3月 2日 (土)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.536

(阪神1R)◎シルバースミス

1番人気に支持された前走は太目が残り、レースの流れに乗れなかった同馬。ひと叩きしても変わらず良好な動きですし、距離延長も悪くないと思います。慣れが見込める今回は本領発揮を。相手本線は確実に力をつけているワインレッドローズ。前走の相手も強かったと思います。あとは札幌での新馬戦以来の実戦で岩田望Jのデビュー戦となるも、力を秘めるルプレジール、デビュー戦でセンスの良さを示したメイショウカスガ、ひと叩きして和田Jに乗り替わってきたオーパスメーカーあたりも差は僅か。手堅く行くなら馬連BOXで強弱をつけて。

(阪神3R)◎メイショウソウライ

デビュー戦は競走中止、2戦目の前走はブービーと良いところなく負けている同馬。ただ、攻めは動きますし、硬さのある馬らしいのでダート替わりで変身も。馬体重は幾らかでも絞れて来て欲しいです。相手にはひと叩きしたサンライズアカシア、安定感が光るヒッチコックとダノングリスターが有望。あとはひと叩きしてダート2戦目のインナーハート、初ダートで変身の余地があるトモジャチャーリー、ゲートに課題があるも、力は秘めるタケルライジングまで。◎の単複と馬連+ワイドで流してみたい。

(阪神4R)◎イグナーツ

人気を集めたデビュー戦の内容が物足りないですが、2週連続で除外になった影響も多少あったと思う同馬。前走後はしっかり攻めを課して、ここへ向けて順調そのもの。1度実戦を経験した上積みは大きいと思うので、今度は人気に応えてくると思います。相手には距離延長が1つ鍵も、ひと叩きして動きが良くなっているニューアビリティ、デビュー戦後、じっくり立て直してきたマテンロウカフェ。ただ、ここは初出走となるエイカイボルト・ファンディーナの半妹クードメイトルに未知の魅力あり。穴は距離延長で追走が楽になりそうなロードルーツ。1度実戦と使った慣れも見込めます。一応、◎から手広く流してみたいです。

(阪神6R)◎クリソベリル

デビュー戦圧勝後、一頓挫あったようですが、プール調教を併用しながら着実に仕上げてきた同馬。攻めの動きは素晴らしいですし、素質はここまで最上位でしょう。最内枠が1つ鍵も、この頭数ならそう心配は要らない筈。相手本線はダートで大崩れのないブラックウォーリア、戦績からダートが良いかは何とも言えないも、父ベルシャザールのソルトイブキ、詰めの甘さは残るも、時計の掛かる阪神が合いそうなワシントンテソーロの3頭。前走圧勝のウォータースペースとヘイセイラストはまだまだ上を目指せる素材も、未勝利勝ちは牝馬限定戦でのもの。牡馬相手の昇級戦ではちょっと軽視してみたいです。

(阪神7R)◎ダノンジャスティス

暮れの阪神戦以来となる同馬。リフレッシュして動きが良くなってきているようですし、元々の素質が高い馬。ここで勝利を上積みして、マイルの重賞&G1を目指していって欲しいです。相手本線は最内枠からスンナリ逃げることができそうなクラヴィスオレア、堅実なタイプで前走朝日杯フューチュリティSで5着に健闘したディープダイバーの2頭。あとはグラナタス・アイラブテーラーを少々押さえたいです。

« 春の福島開催での出走を目標に調整を進めています。☆エレンボーゲン | トップページ | 煽り気味のスタートで行き脚が付かなかったのは最初の誤算。馬群の中で追走し、脚を温存することは出来たも、直線を向いて追い出しを待たされる場面があってアクセルを踏み遅れる。最後はよく伸びてくれたも今回も4着まで。☆ロードクエスト »

焼魚定食のコロコロ予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の福島開催での出走を目標に調整を進めています。☆エレンボーゲン | トップページ | 煽り気味のスタートで行き脚が付かなかったのは最初の誤算。馬群の中で追走し、脚を温存することは出来たも、直線を向いて追い出しを待たされる場面があってアクセルを踏み遅れる。最後はよく伸びてくれたも今回も4着まで。☆ロードクエスト »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ