2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

出資馬一覧

最近のコメント

« ブリンカーの効果で勝負どころでの反応が上々。早仕掛けの分もあって最後は甘くなってしまうも、4着と健闘。もっと馬場が悪くなって欲しかった。☆ヴィッセン | トップページ | 【動画更新】サリオス »

2019年3月15日 (金)

勝ち馬には完敗も、揉まれない位置で追走でき、直線でひと伸び。改めてこのクラスでやれる力を証明。また、現状は芝の方が良さそう。☆ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

3月9日(土)阪神6R・4歳上500万下・混合・芝1600mに松山Jで出走。14頭立て7番人気で7枠11番から平均ペースの道中を4、5、5番手と進み、直線では中央を通って0秒1差の2着でした。馬場は良。タイム1分35秒2、上がり34秒8。馬体重は12キロ増加の472キロでした。

○松山騎手「ゲートも問題なく、乗り易いタイプ。良い形で運べたでしょう。勝てそうな勢いだったものの、最後の坂で甘さが出てしまい・・・。逆に相手はグイっと一伸び。そこで離されてしまいました。でも、十分に通用する力は示せたはず。申し訳ありません」

○福丸調教助手 「数字は増えていたものの、見た目に太目感は無し。中間の気配からもコンディションは良かったと思います。今回は勝ち馬が一枚上だった印象ながら、本来の走りは見せられたのでは・・・と。先生は他場へ赴いているだけに、厩舎へ戻ってから今後のプランを相談ですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

プラス12キロでも太目感はなかった。軽く促してドラグーンシチーの後ろ。3ハロン標過ぎに仕掛けて4角ではドラグーンシチーの外へ。それには競り負けたが、2着は安泰。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月23日(土)中京・刈谷特別・混合・芝1600mもしくは4月7日(日)阪神・4歳上500万下・混合・芝1600mに予定しています。

○千田調教師 「残念。あと一歩でした。5着以内に入って次走を優位に選べる立場。大きな問題も認められぬだけに、在厩で調整を続けようと思います。特典の有効期間内で探すと、中京と阪神の2鞍が候補に。再び跨ってからの感触も踏まえて絞りましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

芝のマイル戦は実績を残しているも、蹄の不安等で長らく休んでいた為、古馬との対戦が少なかったロードイヒラニ。それ故、現状の力量が計り知れませんでした。

馬体重は前走から12キロ増えていましたが、パドックを見る限り、太目感なし。1度使ったことで張りが出てきた様子で雰囲気は良かったです。

レースぶりですが、五分のスタートを切ったイヒラニと松山Jはレースの流れにスッと乗って、自然と人気のドラグーンシチーをマークする形。外目の揉まれない位置で淡々と走ることが出来、手応え十分に4角を回ってきました。

そして最後の直線。馬場の真ん中から突き抜けそうな脚色をみせたイヒラニでしたが、前で構えていたドラグーンシチーが反撃。残り200mまではマッチレースの様相でしたが、最後の坂で地力に勝るドラグーンシチーがひと伸び。そこでつけられた差が最後まで詰まることはありませんでした。

レース後のイヒラニですが、心配した脚元へのダメージは大丈夫そう。優先権を確保できたこともあり、在厩調整で中京or阪神のマイル戦へ向かう予定です。出来れば間隔を詰めず、後者のレースを選んで欲しいです。

終わってみれば、勝ち馬には完敗のレースでしたが、イヒラニ自身は完璧な立ち振る舞い。改めてこのクラスで十分通用する力は見せてくれました。個人的には最後甘くなったところから、1ハロン縮めた芝1400mがベストなのかなという印象です。

« ブリンカーの効果で勝負どころでの反応が上々。早仕掛けの分もあって最後は甘くなってしまうも、4着と健闘。もっと馬場が悪くなって欲しかった。☆ヴィッセン | トップページ | 【動画更新】サリオス »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードイヒラニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブリンカーの効果で勝負どころでの反応が上々。早仕掛けの分もあって最後は甘くなってしまうも、4着と健闘。もっと馬場が悪くなって欲しかった。☆ヴィッセン | トップページ | 【動画更新】サリオス »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ