2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ソエだけでなく、左膝に痛みが出てきてしまう。現在はトレッドミルで軽めの運動のみで治療に力を注いでいます。★ジーナアイリス | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組) »

2019年4月 1日 (月)

ロードなお馬さん(2歳牡馬)

Photo_6 ロードベイリーフ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ「北海道から移った時点で相応の緩さを残していただけに、休養を挟んだことで外見が変わったようには映りません。快方へ向かっており、跛行も認められない状態。装蹄師の意見を考慮すると、遠からずに騎乗トレーニングの再開を果たせそうです」

Photo_6 ロードセッション

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~17秒ペース)。

○当地スタッフ 「3月後半にトレーニング内容を刷新。ダートでトラックの走りを身に付けている他、坂路では一層のペースアップを図っています。速いところを乗り重ねるに連れ、評価が更に高まっている感じ。千葉の分場へ移動するタイミングを検討しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

千葉・ケイアイファームへ移動してきたロードクラージュ以外のロード2歳牡馬の近況をまとめて。

ベイリーフは引き続き追突で痛めた右前脚のケアに努めていますが、もう少し辛抱すれば大丈夫な筈。ただ、楽をさせているのも事実なので、入厩へ向けて態勢が整うのはまだまだ先のことに。他馬の動向に惑わされず、自分のリズムを守ることを継続して欲しいです。

セッションは半兄ヴァンドール・ランパートと違って、センスが良いというか学習能力が高いというか、新しいことにも直ぐに順応できるのが魅力。そして動き自体の評価が更に高まっているというのですから楽しみ一杯。母系は意外とスタミナがありますし、芝2000m~2400mで活躍できる馬へと育ってもらいたいです。

« ソエだけでなく、左膝に痛みが出てきてしまう。現在はトレッドミルで軽めの運動のみで治療に力を注いでいます。★ジーナアイリス | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードベイリーフ」カテゴリの記事

ロードセッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソエだけでなく、左膝に痛みが出てきてしまう。現在はトレッドミルで軽めの運動のみで治療に力を注いでいます。★ジーナアイリス | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ