最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« トレッドミルでの運動と1日置きながら、坂路での乗り込みを開始しています。☆アマネセール | トップページ | ロードなお馬さん(4歳・厩舎調整組) »

2019年3月 4日 (月)

坂路コースで普通キャンターを乗り出したところ、左飛節の腫れが再発してしまう。ペースダウン中。★クァンタムリープ

Photo_3 クァンタムリープ(牡・鹿戸)父ロードカナロア 母プルーフオブラヴ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシンとトレッドミルでの調整

担当者「トレッドミルを使って立ち上げていき、2月上旬からは坂路コースでハロン16秒~17秒ペースで調教を重ねていましたが、しばらくすると左飛節の腫れが再発してしまいました。患部に消炎剤を施し、ウォーキングマシン調整で様子をみていたのですが、だいぶ症状が落ち着いてきたことから現在はトレッドミルを併用して、体力増強を図っています。騎乗運動を行っていた時は、伸びのあるしなやかな身のこなしで、バネの利いた良い走りをして成長が著しかっただけに、この頓挫は残念ではございますが一旦、仕切り直し、今後も獣医と打ち合わせながら、調教メニューを組んでいきたいと思います。馬体重は464キロです」(3/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

坂路を駆け上がる動画が更新されていた為、一頓挫を上手にカバーできたものと安心していたクァンタムリープ。どうやらその直後に左飛節の腫れが再発してしまった様子。

患部に消炎剤を施し、日が経ってだいぶ症状は落ち着いてきたことから、ウォーキングマシンのみの調整から現在はトレッドミルの運動も取り入れています。症状とすれば深刻なものではありませんが、これが癖にならないように今回はより慎重に進めていってもらわないといけません。

速いところを乗るようになって動きの質が良くなっていただけに勿体ない怪我ですが、まだまだ焦る時期ではなかったのが幸い。獣医師に判断を仰ぎつつ、調教メニューを組み立てていってもらえればと思います。

« トレッドミルでの運動と1日置きながら、坂路での乗り込みを開始しています。☆アマネセール | トップページ | ロードなお馬さん(4歳・厩舎調整組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

クァンタムリープ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トレッドミルでの運動と1日置きながら、坂路での乗り込みを開始しています。☆アマネセール | トップページ | ロードなお馬さん(4歳・厩舎調整組) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ