2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 23日に帰厩。春の福島開催での出走を目指して調整を進めています。☆マカリカ | トップページ | 重賞では4着続きとワンパンチ足りないも、リフレッシュ+暖かくなってきたことで追い切りの動きがグンと良化。重賞勝ちしているこの舞台で4着の壁を打ち破って欲しい。☆ロードクエスト »

2019年3月30日 (土)

OP入りしてここからがこの馬にとって本当の戦い。いきなりの重賞挑戦は酷ですが、勢いとデキの良さを生かしてどこまで通用することが出来るか。スタートを決めてロスのない競馬を心掛けて欲しい。☆ダイアトニック

201903_2

Photo ダイアトニック(牡・安田隆)父ロードカナロア 母トゥハーモニー

土曜中山11R ダービー卿CT(G3・芝1600m)7枠14番 北村友J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:27日に坂路コースで追い切り

安田隆師「先週しっかり併せて負荷を掛けているので、27日の追い切りは中山までの輸送を考慮して、単走で終いの反応を確認する程度に抑えました。軽く促しただけ、でスッと反応してくれましたし、息づかい・動きともに言うことないですね。トレセンではとても落ち着いて調教が行えていますが、競馬に向かうと前走のようにテンションが高くなり、ゲート内で落ち着きがなくなってしまうので、その点は今後の課題でもあります。でも、そこを乗り越えてもらわないことには、大きなところと言ってられないので、何とか頑張ってもらいたいですね。馬体重は前走ぐらいが現状はベストの体重と考えているので、今回も同じぐらいの数字で出走させられるように調整していきたいと思います。ハンデは54キロと背負っている馬に対して有利に働くと思うので、状態の良さを活かして、ここでどれだけ良い競馬をしてくれるか楽しみにしています」
」(3/28近況)

助 手 24栗坂良 58.3- 43.0- 28.1- 13.9 馬なり余力
助 手 27栗坂良 54.5- 39.4- 25.0- 12.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回中山3日目(03月30日)
11R ダービー卿CT(G3)
サラ 芝1600メートル 4歳上OP 指定 国際 ハンデ 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ジョーストリクトリ 牡5 56 柴田善臣
1 2 フィアーノロマーノ 牡5 55 川田将雅
2 3 マルターズアポジー 牡7 57 武士沢友治
2 4 ドーヴァー 牡6 56 田辺裕信
3 5 ギベオン 牡4 57 蛯名正義
3 6 ヒーズインラブ 牡6 56 F.ミナリク
4 7 ハクサンルドルフ 牡6 55 内田博幸
4 8 ダイワキャグニー 牡5 57 石橋脩
5 9 ヤングマンパワー 牡7 56 戸崎圭太
5 10 ロードクエスト 牡6 57 三浦皇成
6 11 カツジ 牡4 57 松山弘平
6 12 プリモシーン 牝4 55 福永祐一
7 13 マイスタイル 牡5 56 横山典弘
7 14 ダイアトニック 牡4 54 北村友一
8 15 エイシンティンクル 牝6 53 和田竜二
8 16 キャプテンペリー せ6 55 大野拓弥

○安田隆師 「なかなか離して勝たないけど、来れば来るだけ伸びる感じでしたね。いきなり重賞で多くは望みませんが、ハンデを生かせれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦で後に重賞を勝つカンタービレを外から捻じ伏せたように早くから素質の片鱗を覗かせながら、体質面の弱さで使い込めず、十分なレース間隔を取って大事に育てられてきたダイアトニック。1000万を勝つのに4戦要しましたが、1つ弾みをつけると昇級戦の前走は2着馬の強襲を最後まで渋太く凌ぎ切っての連勝。在厩調整で初めて臨むことになりましたが、疲れ・反動を見せることなく、結果を出せたことはダイアトニックにはより価値のあることで、待望のOP入りとなりました。

ただ、この馬の潜在能力を考えると、ここまで来た事に満足するのではなく、ここから更に上を目指していける馬になってもらないといけないというのが本音です。本当の戦いがここから始まると言って良いと思います。

1400mを連勝したことで、OP入り後の最初のレースはどこを使うのか正直ピンと来ていませんでしたが、陣営は臆することなく重賞挑戦を選択。12日に栗東へ戻し、ここを目標に調整を進めてきました。最終追いは輸送を考慮してソフトな内容でしたが、1週前にビシッと追って好時計をマーク。仕上げに関しては心配することはないでしょう。あとは現段階でこの粒揃いの相手にどこまで通用することが出来るのかを期待半分・不安半分で見守るだけです。

離して勝たないが、常に相手なりに頑張ってきたダイアトニック。この舞台はスタートでのロスが応えて3着に敗れていますが経験済。スタート決め、落ち着いてレースを進めることが出来れば、好勝負になっても不思議ではありません。ただ、連勝を決めた2戦が11頭→7頭立てと少頭数でのレース。相手が一気に強化された中、この頭数に対応できるかとなると不安な気持ちが強いです。これまでと違って、今回は一気にハードルが上がっているのが悩ましいです。54キロのハンデは恵まれたように思います。

ダイアトニックにとって、今後を占う意味で大事な1戦になってくるかと思いますが、仮に結果を残すことが出来なくても、重賞のここでも爪痕を残すというか存在感を見せて欲しいところ。まずは自分の競馬をしっかり取り切って欲しいです。

« 23日に帰厩。春の福島開催での出走を目指して調整を進めています。☆マカリカ | トップページ | 重賞では4着続きとワンパンチ足りないも、リフレッシュ+暖かくなってきたことで追い切りの動きがグンと良化。重賞勝ちしているこの舞台で4着の壁を打ち破って欲しい。☆ロードクエスト »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ダイアトニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 23日に帰厩。春の福島開催での出走を目指して調整を進めています。☆マカリカ | トップページ | 重賞では4着続きとワンパンチ足りないも、リフレッシュ+暖かくなってきたことで追い切りの動きがグンと良化。重賞勝ちしているこの舞台で4着の壁を打ち破って欲しい。☆ロードクエスト »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ