最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 後方からじっくり脚を溜める作戦で勝負どころでも手応え上々。それだけに外へ大きく振られた4角での不利が痛かった。そんな中、直線で5着まで盛り返してきたのは立派。☆ロードプレミアム | トップページ | 1度使って雰囲気は良くなっていると感じていたも、レースでは今回も走る方へ気持ちが向かず、後方追走からダラダラと脚を使っただけの13着に終わる。★シグナライズ »

2019年3月15日 (金)

13日に実質的な国内最終追いを消化。ここまでは頗る順調に来ています。現在は検疫厩舎へ移動済。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:13日に南Wコースで時計
・次走予定:3月30日のメイダン・ドバイターフ(G1)・C.ルメールJ

国枝師「13日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方から進め、直線で最内に入れて脚を伸ばすと、最後は1~2馬身ほど先着しています。今週もクリストフ(C.ルメール騎手)に乗ってもらいましたが、良い感触を掴んでくれたようですし、スタンドから見ていても直線で自らグッとハミを取って加速していき、とても良い動きだなと思いましたよ。追い切りではしっかりと動いていますが、普段の様子は落ち着いていて良い雰囲気でここまで調整できていると思います。本日の午後にトレセン内の検疫厩舎へ移動しており、20日に出国する予定となっています」

C.ルメール騎手「今週も追い切りに乗せていただきましたが、先週よりも馬場入りの時などテンションは落ち着いていますし、道中のコンタクトに問題はありませんでした。先週は少しモタっとしたところがありましたが、今週はこちらがそれほど促さなくても直線でスッと反応して良い脚で伸びてくれました。ここまでとても順調に来ていると思いますよ」(3/13近況)

ルメール 13南W良 80.4- 65.3- 51.2- 37.4- 11.7 馬なり余力 ロジチャリス(古オープン)馬なりの内1.8秒追走0.4秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【ドバイターフ】アーモンド文句なし、海外メディアも熱視線(スポニチより)

ドバイ国際競走(30日、UAEメイダン競馬場)の国内最終追い切りが13日行われ、美浦トレセンに現地メディアが駆けつけるなど、世界が注目するアーモンドアイ(牝4=国枝)が文句なしの動きを見せた。

カメラを止めるな!現地メディアも芝2400メートルのワールドレコード(2分20秒6)ホルダーに熱視線だ。政府の公式メディア組織が運営するドバイTVのカメラが、アーモンドアイとルメールの一挙手一投足を追った。

Wコースではち切れんばかりに膨らんだトモを伸縮させ、ルメールを背にリズム良くロジチャリス(7歳オープン)、ケイブルグラム(6歳障害未勝利)を追走。直線内から馬なりで2馬身突き抜けた。6F80秒4~1F11秒7。鞍上が微動だにしなくとも、抜け出す瞬間はスパンと音が聞こえそうだった。

「先週に比べ今日は最初からリラックスしていた。ちょうど良かった。早い反応で凄くいい脚。コンディションはジャパンCくらいにはある」。主戦は確固たる自信を漂わせた。

ドバイTVにライバルについて聞かれると「昨年のドバイはゴドルフィンがタイトルを独占。スーパーサタデー(9日)もそう。あちらは地元のアドバンテージがある。でも自分もアーモンドアイについては、たくさんの自信がある。ポテンシャルを信じている」と胸を張った。ターフの前哨戦でもあるG1ジェベルハッタ(芝1800メートル)で1~3着を独占した“青の軍団”を警戒しつつも「大丈夫」と肩の力を抜いた。

国枝師も人馬を頼もしそうに見つめ、泰然自若。「見ての通り順調。ルメールも満足。あとはこのまま行けば。20日(成田から関空経由)出国で17か18日に少しやるかどうか。具合を見て微調整するだけ」。あるがままのアーモンドアイで世界に通用する。陣営の自信がカメラ越しに世界にも伝わったはずだ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

20日に日本を離れることになるアーモンドアイ。直前にサラッと追われるかもしれませんが、実質的な国内最終追いを13日に済ましています。

今週もC.ルメールJが駆けつけての3頭併せ。馬場の内目を回ったとはいえ素晴らしい時計。映像で動きを見ましたが、一瞬で内から抜け出すパワフルな走り。それでいて回転の速いフットワークですから惚れ惚れします。レースへ向けて着実に仕上がっていると思います。

あとは何度も言いますが、国内での良い状態を空輸を経て、海外の地で維持できるかどうか。何頭か一緒にドバイへ行くことになるのはプラスでしょう。まずはスムーズに現地に到着できることを願うばかりです。そして到着後は1日でも早く新しい環境に慣れていって欲しいです。力を出し切れば、結果は付いてきてくれるでしょうから。

« 後方からじっくり脚を溜める作戦で勝負どころでも手応え上々。それだけに外へ大きく振られた4角での不利が痛かった。そんな中、直線で5着まで盛り返してきたのは立派。☆ロードプレミアム | トップページ | 1度使って雰囲気は良くなっていると感じていたも、レースでは今回も走る方へ気持ちが向かず、後方追走からダラダラと脚を使っただけの13着に終わる。★シグナライズ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

アーモンドアイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後方からじっくり脚を溜める作戦で勝負どころでも手応え上々。それだけに外へ大きく振られた4角での不利が痛かった。そんな中、直線で5着まで盛り返してきたのは立派。☆ロードプレミアム | トップページ | 1度使って雰囲気は良くなっていると感じていたも、レースでは今回も走る方へ気持ちが向かず、後方追走からダラダラと脚を使っただけの13着に終わる。★シグナライズ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ