2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 中2週のローテ+栗東滞在で臨む今回。デキは良い意味で安定しているので、位置を取りに行く川田Jと手が合えば前走以上も。距離短縮も悪くなく。☆ロードクエスト | トップページ | シルクなお馬さん(3歳関東馬・NF天栄組) »

2019年2月24日 (日)

1週前に小倉へ移動して減ってしまった馬体は徐々に回復へ。この距離のハンデ戦は魅力的な条件。前目のポジションを確保して消耗戦に持ち込み、存分に渋太さを発揮して欲しい。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜小倉12R 皿倉山特別(芝2600m)5枠9番 荻野極J

・在厩場所:小倉競馬場
・調教内容:20日に小倉ダートコースで追い切り

斉藤崇師「小倉へ移動後はこちらが思っていた程馬体重が減ることもなく、到着後も疲れを見せることはありませんでした。ただ、環境の変化に戸惑ってか、普段からソワソワとしていつもより落ち着きがなく、飼い葉も少し残しています。ただ、徐々に食べてくれるようになってきましたし、追い切りの動きも良かったので、後はこのまま今の状態を維持してレース当日を迎えられるようにしたいと思います。前走は7着に敗れはしましたが、積極的なレースをしてこの馬の持ち味を活かすことが出来たので、今回も同じような競馬を心掛けてもらおうと思います」

中谷騎手「20日の追い切りを手伝わせていただきましたが、追い出してからの反応、そして動きともに良かったですよ。小倉に到着後は飼い葉食いが細くなったと聞きましたが、跨った雰囲気は悪くなかったですし、馬体の雰囲気も良かったので、今の状態なら問題ないと思いますよ」(2/20近況)

助 手 17小ダ良 61.1- 44.5- 13.2 馬なり余力
中 谷 20小ダ重 68.2- 53.3- 38.5- 12.0 G前仕掛け ヤマニンルサリー(古500万)馬なりの内1.3秒追走0.4秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回小倉6日目(02月24日)
12R 皿倉山特別
サラ 芝2600メートル 4歳上1000万下 混合 ハンデ 発走16:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アグネスリバティ 牡6 55 川又賢治
2 2 プリンスオブペスカ 牡5 55 柴山雄一
2 3 シュンノカミ 牡5 53 西村淳也
3 4 ハウエバー 牡5 54 井上敏樹
3 5 フワトロ 牝4 51 丸田恭介
4 6 カブキモノ 牡6 53 森裕太朗
4 7 ミルトプレスト 牡5 56 吉田隼人
5 8 テーオーフォルテ 牡5 57 藤岡康太
5 9 ヴィッセン 牡8 54 荻野極
6 10 トーホウアルテミス 牝4 52 松若風
6 11 タイセイトレイル 牡4 54 中谷雄太
7 12 ケージーキンカメ 牡8 54 中井裕二
7 13 アドマイヤメテオ せ8 55 秋山真一郎
8 14 シースプラッシュ 牡4 53 横山武史
8 15 マスターコード 牡5 55 勝浦正樹

○中谷騎手「馬は先週の金曜日に小倉入り。稽古はラストまでしっかり動けましたし、短期放牧明けですが、仕上がりは悪くなさそうです」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の尾張特別ではスタートでダッシュが付かなかったも、行く馬がいないのを見て、先手を奪う競馬に出たヴィッセン。道中、戸惑うことなくペースを握れたかと思いますが、後続を引きつけた逃げになったので、最後は切れ味勝負で見劣って7着。それでも勝ち馬とはコンマ3秒差と頑張っていますし、乗り方次第では着順を上げることは出来ると思いました。

その前走後はNFしがらきでリフレッシュ。芝2600m+ハンデ戦と魅力的な条件のここを目標にしっかり乗り込むことが出来ました。帰厩後の追い切り・調整に関しても、時計は目立たなくても、ビシッとやれているのは好感。ひと追い毎に状態が上がってきましたし、今回は長距離輸送で弱いのを見越して、1週前に小倉競馬場へ移動と作戦を講じてきました。

実際、輸送で馬体を減らしてしまい、環境の変化からカイ食いも細くなったようですが、徐々に慣れていってくれたようで追い切りの動きはマズマズ。前走時よりプラス体重での出走は難しいかもしれませんが、何とか一桁台のマイナスに収まってくれれば。

今回、逃げることは難しいと思いますが、スタミナは豊富な馬なので、道中で動いても良いので前々の位置でレースの流れに乗って欲しいところ。おそらく勝負どころからのペースアップでズブさを覗かせると思うので、そこで外から被せられると一気に苦しくなります。ですので、荻野極Jには失速を恐れずに早目にアクセルを踏んでいき、ヴィッセンらしい渋太さを存分に引き出して欲しいです。

« 中2週のローテ+栗東滞在で臨む今回。デキは良い意味で安定しているので、位置を取りに行く川田Jと手が合えば前走以上も。距離短縮も悪くなく。☆ロードクエスト | トップページ | シルクなお馬さん(3歳関東馬・NF天栄組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中2週のローテ+栗東滞在で臨む今回。デキは良い意味で安定しているので、位置を取りに行く川田Jと手が合えば前走以上も。距離短縮も悪くなく。☆ロードクエスト | トップページ | シルクなお馬さん(3歳関東馬・NF天栄組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ