最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 16日に千葉・ケイアイファームへ到着しています。☆ショウナンアオバの17 | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牡馬・北海道組) »

2019年2月22日 (金)

抜け出してフワッとしたところを外から強襲されてドキッとするも、馬体を接する形になって勝負根性を発揮。内から差し返して前に出ると2着馬の追撃を封じきって2連勝。待望のOP入りを決める。☆ダイアトニック

Photo ダイアトニック(牡・安田隆)父ロードカナロア 母トゥハーモニー

日曜京都10R 斑鳩S(芝1400m)優勝(2番人気) 北村友J

ポンと飛び出るようにゲートを出ると、折り合いをつけながら中団4番手を追走します。手応え良く勝負どころに差し掛かり、直線で追い出されるとゴール手前まで激しい追い比べになりましたが、最後はクビ差制し、2連勝を飾るとともにオープン馬の仲間入りを果たしています。

北村友一騎手「前走は追走に余裕がなく、反応も鈍かったですが、ひと叩きして馬体が絞れたことで、道中は楽に追走出来ましたし、最後の追い出しもスッと反応してくれました。抜け出して一瞬ソラを使いましたが、馬が横に来るともうひと伸びしてくれました。着差以上に強い内容でしたが、課題を上げるとすれば、返し馬に入る前とゲート裏でテンションが高くなったところですね。今回は何とか五分にスタートを決めることが出来ましたが、頭数が多くなった時に出遅れてしまうと、厳しいレースになってしまうので、その点がどれだけ改善できるかどうかがカギになってきそうです」

安田隆行調教師「ありがとうございました。前走は少しヒヤッとするレース内容でしたが、今回は力を存分に発揮してくれましたね。馬体が絞れたことで追走に余裕がありましたし、追い出してからの反応も抜群に良くなっていました。最後の直線では一旦は交わされたものの、こちらがソラを使ったものですし、もう一度グッとハミを取って差し返す根性を見せてくれました。まだ伸びしろ十分ですし、これからの活躍がますます楽しみになりましたね。この後はトレセンに戻って状態をしっかり確認したうえで今後の予定を考えたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

マイナス8キロ。馬体は研ぎ澄まされていた。発馬でアオッたが大きなロスはなく中団の外。その後はスムーズに流れに乗り、ラスト100メートルは外のレインボーフラッグとの追い比べ。ゴール前でグイッと出た。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:20日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧

安田隆師「先日はおめでとうございました。前走以上に良く仕上がっていたので、自信を持って競馬に臨みましたが、着差以上に強い競馬を見せてくれましたね。レース内容からオープンでも良い競馬をしてくれると思いますし、今後が本当に楽しみになりました。ここに来て実が入り、逞しく育ってきてくれているので、連勝を勢いに今年は飛躍の年にしたいですね。20日に一旦放牧に出させていただき、牧場で状態を確認してもらったうえで次走の予定を検討させていただきます」(2/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

潜在能力は準OPに入っても何ら見劣らないと思っていたので、前走の勝ちを1つ弾みに連勝できればベストだと見ていたダイアトニック。ただ、これまで1戦走るごとに放牧に出していた馬なので、初めての在厩調整が精神面のストレス等に繋がらないか多少気にはなっていました。

前走の辛勝について馬体に余裕があってピリッとしなかった点を挙げていたので、今回はきっちり絞って、見た目は万全の態勢。絶好の攻めを見せた反動も伺えませんでした。

レースぶりですが、ゲート内でガチャガチャしていたところで開いたので、飛び上がるように出てしまいましたが、少頭数と二の脚でそれほど大きなロスとはならず中団の外目を追走。道中はしっかり折り合いが付いて手応えは上々でした。そして勝負どころでもじっと我慢していたダイアトニックと北村友Jは直線を向いてから追い出しを開始。

前回よりモタモタすることなく、反応して末脚を伸ばすも、回りに馬がいなくなるとフワッと。外へ若干ヨレたところに外からレインボーフラッグの反撃を食らいましたが、追い比べになったことで集中力を取り戻したダイアトニックには1度前に出られたところを内から差し返す根性を発揮。もう1度前へ出てからは相手が伸びてくる分だけこちらも伸びるという感じで着差は僅かでも、再度前へ出られるような雰囲気はなかったです。これで1000万→準OPの連勝を決め、待望のOP入り。嬉しい気持ちよりもホッとしたという気持ちの方が強いです。

レース後のダイアトニックにですが、競り合いを制したことで相応の疲れはあるでしょうが、見た目にクタッとした感じや馬体面で気になる点はなし。ただ、ここで欲張る必要はないので、この時点ですぐ放牧に出したのは賛成。精神面のリフレッシュと馬体のメンテナンスを行って、次走へ向けて鍛え上げていって欲しいです。

ここまで大事に育ててきて、4歳を迎えて丈夫さを増したことで素質が開花しようとしているダイアトニック。精神面でもう少し大人になって欲しいところはありますが、キャリアが浅くて伸びシロは十分。堅実に末脚を繰り出せることから、OPに入っても恥ずかしい競馬にはならないと思います。あとは強い相手に揉まれながら、地力を付けていってどこまで駆け上がることが出来るか。今年中にはOPでの1勝を挙げて欲しいです。

« 16日に千葉・ケイアイファームへ到着しています。☆ショウナンアオバの17 | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牡馬・北海道組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ダイアトニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 16日に千葉・ケイアイファームへ到着しています。☆ショウナンアオバの17 | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牡馬・北海道組) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ