最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 返し馬で放馬するアクシデントも出走へ。レースではハミ受けの拙さと共にかなり臆病な面も覗かせるが、最後まで自分から止めることなくジリジリ脚を使って9着。今後の変わり身に期待したいも…。★ジェラーニオ | トップページ | 今週の出走馬(1/19・20) »

2019年1月18日 (金)

スタートは五分に出るも、すぐにキョロキョロと物見をして後方に置かれていく形に。何とかゴールするも勝ち馬とは約5秒差の大惨敗に終わる。★ロードアドミラル

Photo ロードアドミラル(牡・高野)父ロードカナロア 母キャサリンオブアラゴン

1月13日(日)京都6R・3歳新馬・芝2000mに岩田Jで出走。16頭立て4番人気で3枠6番から平均ペースの道中を14、14、15、16番手と進み、直線では内を通って5秒3差の16着でした。馬場は良。タイム2分09秒7、上がり40秒5。馬体重は520キロでした。

○岩田騎手 「まだ気持ちと身体がバラバラ。序盤から追っ付け通しで進んで行きませんでした。背中の良さは十分に感じるものの、大柄で仕上がり切っていない印象。そんな状況だけに・・・。この1戦で適性等に関して語るのは難しいでしょう」

○池江調教助手 「周囲を気に掛けたり、他馬を恋しがったり・・・。そのような面を普段の調教でも覗かせています。レースVTRを確認しても、道中ずっとキョロキョロと。今日は全く走っていないでしょう。申し訳ない結果に。集中力を増すような対策も含めて、厩舎へ戻って協議する方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○高野調教師 「イメージとは全く異なる競馬に。本当に申し訳ありません。時折、普段の調教でもブレーキを掛けるような素振り。精神的な部分が多分に影響を及ぼしている印象です。幾らか慣れが必要かも。再び跨ってから新たなプランを検討させて下さい」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

精神面の幼さが出てしまうと、よもやの大敗まで想定はしていましたが、さすがにここまで酷いとは…。パドックに登場したロードアドミラルは馬っぷり自体は上々。一見、落ち着いているように見えましたが、物見が目立って早くも怪しげに。そんな中、シルクの出資馬・ジェラーニオが本馬場入場で放馬するアクシデント。それを上回ることがレースで起きるとは想像にもしていませんでした。

スタートは互角に出たアドミラル。二の脚もマズマズでレースの流れに乗っていけるかなと見ていましたが、ゴール板近くで物見をしてしまいフワッとする感じに。そこから一気に前に進まなくなり、追っ付け通し。向正面ではそのまま止まりそうなほどでしたから。入厩してすぐゲート試験に合格したので賢い馬だと思ったのですが、うーん、難しいです。物見の激しさにはロードカナロアの半弟・ロードストームを思い起こしました。

デビュー戦にして早くもどん底に突き落とされたアドミラル。精神面の幼さはさすがに改善・解消を望めるレベルにはなさそうですが、見守るだけではどうしようもないので、色々策を講じていくしかないと思います。4番人気に支持されたように素質は評価されていただけに、走る方へ気持ちが向いてくれれば、悪くても今回のような大失態は起こさない筈。1度実戦を経験して、良い意味でのピリッとした感じが出てきて欲しいものです。

« 返し馬で放馬するアクシデントも出走へ。レースではハミ受けの拙さと共にかなり臆病な面も覗かせるが、最後まで自分から止めることなくジリジリ脚を使って9着。今後の変わり身に期待したいも…。★ジェラーニオ | トップページ | 今週の出走馬(1/19・20) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードアドミラル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 返し馬で放馬するアクシデントも出走へ。レースではハミ受けの拙さと共にかなり臆病な面も覗かせるが、最後まで自分から止めることなくジリジリ脚を使って9着。今後の変わり身に期待したいも…。★ジェラーニオ | トップページ | 今週の出走馬(1/19・20) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ