2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.534 | トップページ | 17日に栗東・渡辺厩舎へ帰厩しています。☆インペリオアスール »

2019年1月19日 (土)

歩様の違和感等で約8ヶ月ぶりの実戦も、思っていたよりも復帰が早まったのは何より。砂を被った時にパニックになる恐れはあるも、ダートの適性は十分見込めそう。淡い期待を持ちつつ、復帰戦を見守りたい。☆ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

1月19日(土)中京9R・4歳上500万下・ダ1400mに中井Jで出走します。1月17日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン56.0-40.6-12.0 9分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「仕上がり良好」でした。発走は14時15分です。

○千田調教師 「1月17日(木)も余力十分に回って来ました。長期のブランク明けながら、中身に関しては心配なし。これで競馬へ送れそうです。砂を被っても大丈夫か・・・は未知数ながら、走り自体は合っている感じ。結果が伴えば選択肢が広がるでしょう」

≪調教時計≫
19.01.17 助手 栗CW良 56.0 40.6 12.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中京1日目(01月19日)
9R 4歳上500万下
サラ ダ1400メートル 指定 定量 発走14:15
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 レッドヴェルサス 牡6 57 松若風馬
1 2 ニシノジャガーズ 牡4 56 岩部純二
2 3 サンタナブルー 牡7 55 横山武史
2 4 ハーグリーブス 牡4 56 丸山元気
3 5 ムルシェラゴ 牡4 56 藤岡康太
3 6 コスモビスティー 牡4 56 黛弘人
4 7 ブレヴェスト 牡6 55 森裕太朗
4 8 ディナミーデン 牡4 56 丸田恭介
5 9 ブライトエンパイア 牡4 56 鮫島克駿
5 10 ユアザスター 牡6 54 木幡育也
6 11 カレンエクスカリバ 牡4 56 吉田隼人
6 12 ロードイヒラニ 牡4 56 中井裕二
7 13 サンマルエンパイア 牡5 57 柴山雄一
7 14 タイセイマルス 牡5 56 荻野極
8 15 センスオブワンダー 牡4 56 津村明秀
8 16 ボナヴィーゴ 牡4 53 西村淳也

○千田師 「爪の不安があったから間隔は開いたが、今は大丈夫。動きもいいし、力は出せる」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年5月の東京戦・8着以来、実戦を離れていたロードイヒラニ。前走の敗因は前々走の好走の反動と両前のソエの悪化によるもので、千葉・ケイアイファームで立て直しを図られてきましたが、ソエが徐々に落ち着いてきたところで今度は右前脚に違和感を発症。骨折等の診断は下りませんでしたが、スムーズさを欠く歩様が続いた為、北海道まで連れ戻して治療に専念することとなりました。

最初、蹄底が痛い様子だったので、蹄の治療に着手。治療の効果で気にする面はなくなったのですが、歩様のバラつきは相変わらず。獣医師のチェック・検査でなかなか原因が掴めませんでしたが、歩様の違和感発症から約2ヶ月後、右トモの筋肉を痛めていると共に、右肘の関節にボーンシストが判明しました。まさか3歳になってこのような症状を発症するとはビックリ。それと同時に長期の休養が必要で、復帰自体も難しいのかなと見ていました。

ただ、骨代謝のバランスを整えるティルドレンを投与しつつ、ショックウェーブ等で治療を進めた結果、良化度合こそスローも、違和感を再発することなく回復の道へ。ボーンシストと診断されてから1ヶ月ちょっとで騎乗運動を始められるとはこれまたビックリでした。『本当にボーンシストだったの?』と今になって思いますが、症状が確定して半年後に実戦復帰が叶い、本当に良かったです。また、帰厩後の動きはひと追い毎に良化を遂げ、ブランクはありますが、仕上がり良好でレースへ臨むことが出来ます。

そして今回、キャリア9戦目にしてダートに挑戦。脚元の負担を考慮すると共に、前走で手綱を取った川田Jが『帰り際に通ったダートの歩様が良好』という進言が今回に至ります。攻めは動く方も、実戦でスパッと切れる脚は使えないイヒラニ。ダート替わりで詰めの甘さを補えればと思います。ただ、気性面の幼さがまだ残っているので、砂を被ったり他馬のキックバックを嫌がる可能性は大。反応が過敏な場合は惨敗まであり得ますが、外枠に入ったのは良かったです。偶数枠を味方にして、スタートを五分に近い形に出てくれれば。

まあ、ブランク明けの初ダートでいきなり結果を求めるのは酷ですが、展開・条件を味方にいきなり勝ち負けまで持ち込める可能性もまた十分あります。淡い期待を持って、この復帰戦を見守りたいと思います。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.534 | トップページ | 17日に栗東・渡辺厩舎へ帰厩しています。☆インペリオアスール »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードイヒラニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.534 | トップページ | 17日に栗東・渡辺厩舎へ帰厩しています。☆インペリオアスール »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ