最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 放牧を挟む毎に馬が良くなっているのは頼もしいも、2400mの距離+今のタフな馬場に対応できるかとなると自信がなくて…。直線でガス欠を起こすことなく、最後まで長くいい脚を使って欲しい。★アマネセール | トップページ | 準OPへの昇級戦で強い相手に揉まれる必要があるも、前走から更なる成長・進化を感じる調教過程。今の勢いは大いに魅力。☆ロードエース »

2019年1月26日 (土)

来月17日の東京・芝1800mでのデビューを予定しています。☆パラダイスリーフ

Photo パラダイスリーフ(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:23日に南Wコースで時計
・次走予定:2月17日の東京・芝1800m

木村師「23日に南Wコースで追い切りを行いました。帰厩後初時計になりますので、単走で半マイルから57秒程度と無理はしていません。馬の印象としてはまだ良くなってくるのはこれからの感じですし、一気に求め過ぎず少し時間を掛けながら良化を促していきたいと思っています。今のところ、東京最終週の芝1800mを目標にしたいと考えています」(1/24近況)

助 手 23南W良 56.7- 41.9- 14.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

18日に美浦へ戻り、デビューへ向けての調整を開始しているパラダイスリーフは23日に南Wコースで帰厩後の初時計をマーク。サラッと流した程度ですが、マズマズの動きかなと思います。あとはこれから併せ馬を行ったり、負荷を高めていった際にどういう動きを見せてくれるかでしょう。

また、デビュー戦はひとまず東京の最終週・芝1800mを予定。恥ずかしい競馬は見せて欲しくありませんが、現状は心身に幼さを多く残す状態。全兄も使いつつ良い方へ変わってきたので、パラダイスリーフもよく似た成長過程に辿るのかなと思います。

現3歳の出資馬では唯一のディープインパクト産駒。脚元の故障で競走馬として大成できなかった兄の無念を晴らすような活躍をゆくゆくは見せて欲しいです。

« 放牧を挟む毎に馬が良くなっているのは頼もしいも、2400mの距離+今のタフな馬場に対応できるかとなると自信がなくて…。直線でガス欠を起こすことなく、最後まで長くいい脚を使って欲しい。★アマネセール | トップページ | 準OPへの昇級戦で強い相手に揉まれる必要があるも、前走から更なる成長・進化を感じる調教過程。今の勢いは大いに魅力。☆ロードエース »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

パラダイスリーフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 放牧を挟む毎に馬が良くなっているのは頼もしいも、2400mの距離+今のタフな馬場に対応できるかとなると自信がなくて…。直線でガス欠を起こすことなく、最後まで長くいい脚を使って欲しい。★アマネセール | トップページ | 準OPへの昇級戦で強い相手に揉まれる必要があるも、前走から更なる成長・進化を感じる調教過程。今の勢いは大いに魅力。☆ロードエース »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ