2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(3歳・牧場組) | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.588 »

2018年12月28日 (金)

冬の中山マイルは実績のある舞台も、勢いのある3歳馬相手にトップハンデとは分が悪すぎる。五分のスタートからスムーズな競馬でどこまで対抗できるか。★ナイトバナレット

Photo_3 ナイトバナレット(牡・矢作)父ディープブリランテ 母ナイキフェイバー

金曜中山12R ベストウィッシュC(芝1600m)5枠9番 三浦J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:25日に坂路コースで追い切り

担当助手「25日に坂路で追い切りました。23日にCWコースで長めから時計を出しているので、相手のペースに合わせる程度でしたが、最後まで持ったままの手応えで、余力は十分でした。先週の追い切りでもなかなかいい動きをしていましたが、その時よりも素軽さが増して反応も良くなっていましたよ。この中間は集中力を高める意味でブリンカーを着けてみました。どれだけ効果があるか分かりませんが、この馬なりに最後までしっかり走っていたので、良い調整が出来たと思います。レースでは引っ掛かる恐れがあるので、着けずに臨む予定です。スタートはこの馬なりに安定してきましたし、後はリズムよく追走し、終いの脚を活かす競馬が出来ると良いですね」(12/26近況)

坂井瑠 23CW稍 72.3- 54.1- 38.4- 12.2 馬なり余力
助 手 25栗坂良 54.8- 39.2- 25.0- 12.6 馬なり余力 オールドクラシック(古1000万)一杯に2.6秒先行0.5秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回中山9日目(12月28日)
12R ベストウィッシュC
サラ 芝1600メートル 3歳上1000万下 指定 混合 ハンデ 発走16:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 トータルソッカー 牡4 55 柴田善臣
1 2 オメガラヴィサン 牡3 55 C.ルメール
2 3 レジーナドーロ 牝3 53 M.デムーロ
2 4 アドマイヤシナイ 牡4 55 田辺裕信
3 5 イサチルルンルン 牝3 51 藤田菜七子
3 6 アイスフィヨルド 牡3 55 C.デムーロ
4 7 ホウオウパフューム 牝4 55 戸崎圭太
4 8 エクラミレネール 牝5 53 北村宏司
5 9 ナイトバナレット 牡4 56 三浦皇成
5 10 プレトリア せ3 55 大野拓弥
6 11 スカルバン 牡4 55 福永祐一
6 12 サンクロワ 牡5 55 内田博幸
7 13 ビオラフォーエバー せ7 52 野中悠太郎
7 14 ユメノマイホーム 牝6 51 杉原誠人
8 15 アルトリウス せ4 55 O.マーフィー
8 16 トーセンリラ 牝3 52 田中勝春

○矢作師 「実戦では着けないが、集中力を欠く面があるので、追い切りだけブリンカーを。力はあるので、この調整法がいい方向に向けば」(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は最内枠が仇となり、スムーズな競馬が出来なかったナイトバナレット。レースの流れも落ち着いてしまった為、大した見せ場も作れぬまま終わってしまいました。また、プラス8キロでの出走と余裕のある造り。精神的にもピリッとしたところが薄れていたのかなと思います。

その前走後はNFしがらきでリフレッシュ。脚元等に疲れを見せることなく淡々と調教を積むことが出来ましたが、一時期、坂路の補修工事で攻めを軽くしないといけない時期も。そこで少し緩めた分、馬体を絞り込めなかったのは誤算。暑い時期は食欲旺盛なのは頼もしいですが、馬体を絞り辛いこの時期は逆に大きな手間になってしまいます。

年内の出走を目指して帰厩したのが14日。その翌日から坂路で時計になるところを積極的に乗り出し、20日と23日の追い切り日はナイトバナレットには珍しくCWコースでの併せ馬を敢行。気分転換のような簡単な理由かもしれませんが、馬体を絞り込む+息を作ることが主たる目的だと思います。どこまで効果が出ているかは当日にならないと分かりませんが、しっかり負荷を掛けることが出来ているのは確か。ひと追い毎に出走態勢は整ってきたとは思います。動きそのものは良好ですから。

あとは他馬との力関係。サッと相手に目をやると、これから伸びていく3歳馬が上位争い。ロスのない競馬が出来れば少し抜けた存在なのかなと思います。それに対して前走見せ場なく8着に終わったナイトバナレットは56キロのトップハンデ。背負い慣れている斤量ですが、より分が悪いでしょう。極端な枠が多いこの馬にとって真ん中の枠が当たったのは良かったんですが…。

我が厩舎のJRAでの走り納めを担うこととなったナイトバナレット。冬場の中山マイルで実績を残しているので淡い期待は持ってはいるも、まずは五分のスタートを切って、スッと競馬の流れに乗ることを目指して欲しいです。そして最後まで集中して走ってくれれば、悪くても見せ場なく終わってしまうことはない筈。良い内容の走りで今年を締めくくってもらいたいです。

« ロードなお馬さん(3歳・牧場組) | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.588 »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ナイトバナレット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(3歳・牧場組) | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.588 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ