最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳関東馬・NF天栄組) »

2018年12月11日 (火)

【出資理由】ショウナンアオバの17

Photo_6 ショウナンアオバの17(牡・森田)父ヴァンセンヌ

【本馬の特徴】

父ヴァンセンヌはメンバートップの末脚を駆使し、モーリスを追い詰めた安田記念が一世一代のパフォーマンス。8月のセリ市場において競合の末に落札した本馬は、G1無冠の父の初年度産駒としては高値が付いたのかも知れません。しかしながら、この1歳だけは価格が上がり続けようとも、絶対に譲れなかった逸材。本世代ラス トナンバーを飾るに相応しい隠し玉的存在は抜群の乗り味です。

【血統背景】

ヴァンセンヌは6歳時に重賞初制覇を果たした遅咲きのイメージですが、3歳4月の初出走で勝ち上がったように、順調なら早い時期から活躍できる高い能力を持っていました。母フラワーパークも古馬完成型ですが、その父ニホンピロウイナーは2歳戦向きの産駒を多く出しており、産駒には早い時期からの活躍も十分に期待できます。本馬の姉トンボイも2歳9月の新馬戦で軽快な逃げ切り。母の父キングカメハメハは父の父ディープインパクトとの組み合わせでワグネリアンを出しており、ディープインパクト以外にもブラストワンピースやモズカッチャンなど、3歳戦を中心に活躍馬を送っています。早い時期からの活躍が見込めるでしょう。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サマーセールでの落札価格を見て、その後、セリの活発な動画を確認した時から出資したいと思っていたのが母ショウナンアオバの17。

ピリッとした気性で幼い面は多少気になりますが、垢抜けした雰囲気でバランスの取れた好馬体。やや長めの繋ぎも動画ではクッション性があるので、実戦での切れ味を期待できそう。素軽い歩様とは違いますが、1歩1歩力強く踏みしめるように歩き、前後の可動域も広いのは好印象です。

預託先はロードとこれまで縁のなかった栗東・森田厩舎。どう繋がったかは分からず想像でずが、森田師がこの馬に目をつけていて、落札したケイアイファームに声を掛けたのかなと思います。短い距離での活躍馬が目立つ厩舎なので合うと思いますし、期待の1頭としてしっかり面倒を見てくれることでしょう。

最終的に新規・会員共に満口に到達して抽選まで票が伸びたのはビックリですが、それだけ馬の出来が良いということですし、牧場でも期待しているようです。

ただ、血統面での奥行き・ポテンシャルは良血馬に見劣ると思うので、馬のデキと身体能力の高さでどこまで通用することが出来るのか。冷静に見守りたいと思います。

« シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳関東馬・NF天栄組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードベイリーフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳関東馬・NF天栄組) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ