最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【シルク】【第1回追加募集】出資お申し込み結果 | トップページ | 【動画更新】サロミナの17&プルーフオブラヴの17 »

2018年12月13日 (木)

調教の感触は良かったも、慎重な飛越で障害ごとにやや置かれる感じに。最後までバテずに食らい付くも6着まで。また、レース後に右トモ・球節の剥離骨折が判明してしまう。★ブライトクォーツ

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜中京4R 3歳上障害未勝利(障3000m)6着(4番人気) 熊沢J

まずまずのスタートから1つ目の障害を飛越しますが、ブレーキを掛けた為に後方まで下がります。飛越を重ねていく毎にスムーズに立ち回り、2周目の向こう正面を過ぎたあたりで先団に取り付けますが、勝負どころで置かれ気味になり、最後はもう一度ジリジリ伸びるも6着に上がったところでゴールを迎えています。

熊沢騎手「初めての障害レースとあって、最初のうちはブレーキを掛けながら慎重に飛んでいましたが、途中からは普段の練習通りスムーズに飛越していましたよ。2周目の向こう正面から押し上げていくことが出来ましたし、これなら差のない競馬をしてくれると思いましたが、最後の障害で脚をぶつけたことでトモが嵌ってこなくて、そこで置かれ気味になってしまったのが痛かったですね。それでも最後の直線ではもう一度伸びてくれましたし、障害レース初戦だったことを考えると上々の内容だったと思います。ゴールを過ぎても加速していくぐらい体力が有り余っていたぐらいなので、一度使った上積みは十分あると思います」

荒川調教師「障害レース初戦らしい内容でしたね。熊沢騎手も『最初はこんなもんだろうな』と焦らず馬のリズムで競馬をし、2周目の向こう正面に入るまでは無理をしなかったようです。最後の障害飛越の際に脚をぶつけて置かれ気味になってしまいましたし、前が詰まるところもあったので、それを考えれば良く6着までもう一度差を詰め寄ってくれました。体力だけは他の馬に負けないぐらい持っている馬ですし、経験を積んでいけばすぐチャンスが巡ってくるでしょう。出来ればもう一つ上の着に来て優先出走権を獲ってほしかったですが、まずは初めての障害レースを無事に終えて戻ってきてくれたのは良かったと思います。この後はトレセンに戻って馬の状態を確認したうえで今後の予定を考えていきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

後方で気合をつけつつ。1~2角で外をジワーッと好位まで上がっていくと、勝負どころも離されずついて回ったが、直線は伸びずバテずで流れ込み。緒戦とすれば悪くない内容。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動

荒川師「トレセンに戻って状態を確認したところ、右トモの球節に腫れが見られました。レントゲン検査の結果、軽度ではありますが剥離骨折していることが判明し、全治3ヵ月の診断がおりました。おそらく最後の障害飛越の際、ぶつけた影響で着地で捻ったのかもしれません。初めての障害戦としては、最初は慎重に飛んでいたものの、徐々に安定した飛越が出来ていましたし、経験を積んでいけば目途が付きそうなレース内容だったと思います。この後は休養に入りますが、獣医師の話では、腫れさえ引けば乗り出しても問題ないとのことですので、牧場サイドと連携を取りながら早期復帰を目指したいと思います。近日中にノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」(12/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日々の調教からも障害馬としてセンスの高さを感じさせてくれていたブライトクォーツ。スタミナは豊富ですし、ソコソコ相手が揃っている中でもいきなり良いところを見せてくれるかなと淡い期待を持って障害デビュー戦を見守っていました。馬体重は久々で20キロ増えていましたが、充実した感じで太くは見えませんでした。

ゲートを出て、やや出脚が鈍かったブライトクォーツですが、少し気合を付けて第1障害へ。どんな飛越をしてくれるのかなと見ていたら、上に高く飛ぶ感じでスピードダウン。正直これを見て『あちゃあ…』とガックシ。その後も障害ごとにやや置かれ、飛越も不安定。落馬するんじゃないかと心配になるほどでした。

それでも向正面の2週目になると徐々に安定。稽古で見せていた飛越に近づいてきたように見えました。ただ、先行していた馬たちは楽に追走出来ていた為、ブライトクォーツ&熊沢Jのコンビは最後まで並び掛けるところまでは行かず…。最後は少し脚を余すところもあっての6着となりました。

ちょっと期待外れの結果に終わりましたが、元々不器用な馬なので初戦とすればこれぐらいのモノでしょうか。1度実戦を経験した次走での変わり身に期待しましょう。

ただ、レース後に右後肢・球節の剥離骨折が判明。最後の障害で脚をぶつけた際、着地で脚を捻った影響みたいです。骨片摘出となると全治が延びますが、診断では全治3ヶ月の軽度の骨折とのこと。腫れが引けば騎乗運動を進めていけるようです。

まずは治療に専念して患部をきっちり治すことが大事。場所的に再度骨折する可能性も秘めていると思いますから。多少復帰が延びるのは問題ないので、慌てることなく着実に態勢を整えていくようにお願いします。

« 【シルク】【第1回追加募集】出資お申し込み結果 | トップページ | 【動画更新】サロミナの17&プルーフオブラヴの17 »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ブライトクォーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【シルク】【第1回追加募集】出資お申し込み結果 | トップページ | 【動画更新】サロミナの17&プルーフオブラヴの17 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ