最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(3歳・藤原英厩舎) | トップページ | シルクなお馬さん(入厩組・関西馬) »

2018年12月 8日 (土)

日々の調教から障害馬としての資質の高さを感じるも、今回は障害初出走。2頭ほど強い馬もいるので、まずは次走以降に繋がる走りを見せて欲しい。☆ブライトクォーツ

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜中京4R 3歳上障害未勝利(障3000m)7枠11番 熊沢J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日にCWコースで追い切り
・次走予定:中京12月15日・障芝3000mもしくは中京12月16日・障芝3000m(共に熊沢J)

荒川師「5日に障害練習を行った後にCWコースで追い切りました。今週から熊沢騎手に障害練習を再開してもらっています。障害試験以来でしたが、安定した飛越を見せていましたよ。障害練習の後にも関わらず、馬場が重いCWコースで全体の時計が80秒台で上がってくるのですから、良い体力の持ち主ですね。熊沢騎手も初戦から良い競馬が出来そうと好感触ですし、このまま来週の競馬に向けていい状態で向かえるように態勢を整えておきたいと思います」(12/5近況)

助 手 2栗坂良 55.2- 40.4- 26.3- 13.2 馬なり余力
熊 沢 5CW良 97.0- 80.9- 66.0- 52.5- 39.1- 12.9 一杯に追う

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日にCWコースで追い切り

荒川師「来週の競馬を予定していましたが、熊沢騎手から『障害飛越はセンスが良く、追い切りの動きは申し分なかったですし、息づかい共に態勢は整っていると思います。心身の状態も良さそうですし、今週から投票していっても問題ないと思います』と話がありました。5日の追い切りの後もいい雰囲気を保っていますし、この調子なら1週早めても良い競馬が出来ると判断し、8日の障害戦に熊沢騎手で投票させていただきました。障害飛越・仕上がりの良さから障害初戦から期待できそうです」(12/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回中京3日目(12月08日)
4R 3歳上障害未勝利
サラ 障3000メートル 混合 定量 発走11:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 デカルコマニー 牡3 58 草野太郎
2 2 ピエナシニスター 牝3 56 黒岩悠
3 3 フォルテメンテ 牡4 60 江田勇亮
3 4 レインボーナンバー 牡3 58 難波剛健
4 5 メルドオール 牡6 60 高野和馬
4 6 リングオブハピネス 牝5 58 佐久間寛志
5 7 インフルエンサー 牡4 60 山本康志
5 8 ダイチョウセブン 牡3 58 植野貴也
6 9 パリカラノテガミ 牡7 60 五十嵐雄祐
6 10 キークラッカー 牡5 60 石神深一
7 11 ブライトクォーツ 牡4 60 熊沢重文
7 12 シーライオン 牡4 60 北沢伸也
8 13 デルマバラライカ 牡3 58 大庭和弥
8 14 ソウラセブン 牝3 56 蓑島靖典

○佐藤助手 「スタミナはあるので、障害のペースは合いそう。飛越に関しても無難だから」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

これまで23戦。あと1歩というレースはあったも、0勝のまま現役を続けているブライトクォーツ。そのタフさはホント頭が下がりますが、追ってギアが全く上がらないのが全て。“速い脚が使えない”と言われる馬は多々いますが、その中で上位を争えるほどの決め手のなさですから。

また、近走では掲示板入りすることが難しく、勝ち馬から1秒以上離されての負けが続いていました。個人的にはそろそろ見切りをつけるべきではないかなと見ていました。

夏の函館で4戦した後、じっくり回復に努めてきたブライトクォーツ。小回りで渋太さを生かせる秋の福島で勝負を賭けて欲しいと思っていたのですが、帰厩してすぐに障害練習を始めることに。以前、熊沢Jから障害馬としての適性を秘めることを伝えられていたようで、実際、障害練習を始めると物覚えが良く、日に日に上達。これまで不器用なイメージが強かったブライトクォーツですが、障害だと小脚が使えたりと新たな1面を覗かせています。

障害試験合格後はデビューへ向けての調整を加速。負傷で少し休んでいた熊沢Jに今週から再度稽古を付けてもらい、一旦は来週の障害デビューが示されたのですが、追い切りの良さと仕上がりを見て、来週の出走予定を繰り上げてここへの出走となりました。

日々の調教から障害馬としてのセンスを感じさせるブライトクォーツですが、実戦となると、10数頭と一緒に走ることになるので戸惑う面が出てくるかもしれません。また、相手関係に目をやると、あと1歩とで勝てるところにいるシーライオンとフォルテメンテの2頭は強力。いきなりこれらと対等に渡り合えというのはちょっと酷に思います。

勿論、淡い期待を持ってブライトクォーツの走りを見守りますが、まずは不利を受けることなく、無事に回ってきてくれればと思います。そしてその中で次走以降が楽しみなる内容をチラッとでも見せてくれれば良しとしたいです。

« ロードなお馬さん(3歳・藤原英厩舎) | トップページ | シルクなお馬さん(入厩組・関西馬) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ブライトクォーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(3歳・藤原英厩舎) | トップページ | シルクなお馬さん(入厩組・関西馬) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ