最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 精密検査を行った結果、右後脚脛骨骨折及び仙腸関節脱臼で競走能力喪失の診断が下ってしまいました。★フォーエバーローズ | トップページ | 【動画更新】シャトーブランシュの17 »

2018年12月22日 (土)

簡単にバテない強みを生かす為に逃げたのは賛成。7着ながら勝ち馬とコンマ3秒差。結果論ですが、失速を恐れずにもっと攻めて欲しかった。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜中京12R 尾張特別(芝2200m)7着(8番人気) 中谷J

積極的に促して行き、自ら先手を取る形でレースを進めます。直線はジリジリとポジションを落としてしまいましたが、勝ち馬とはコンマ3秒差と大きく離されることなく踏ん張っています。

中谷雄太騎手「積極的な競馬をして欲しいと言われていたので、スタートしてから押して行きました。好位で競馬が出来れば良いなと思っていましたが、他に行く馬がいなかったですし、自ら先手を取って行きました。勝負どころであまり速く仕掛け過ぎても直線でバテてしまいますし、かと言って後ろを待ち過ぎると瞬発力勝負になってしまい分が悪いですから、なかなか仕掛けどころが難しかったですね。上手くタイミングを合わせて仕掛けて行ったつもりですが、一気にペースアップできるタイプではないので、後ろに付いてこられてしまいました。もう少し小脚を使えるようなれば、勝負どころで楽に後ろとの差を広げられて競馬がやりやすくなるでしょう。それでも、最後まで止まらずによく頑張ってくれていますよ。大きくは敗れていないですし、条件さえ合えばこのクラスでももっとやれそうですね」

斉藤崇調教師「逃げることになるとは思いませんでしたが、他にいく馬がいなかったですし、積極的に運んでくれて良かったと思います。道中はリズム良く運べていましたし、残り800mくらいから徐々にペースを上げて後続との差を広げようとしてくれましたが、他の馬たちもペースが遅いことは分かっていたから付いてこられてしまいました。それでも、直線入り口で交わされてしまっても、もうひと踏ん張りしてくれましたし、結果は7着でしたが、着差としては勝ち馬から2馬身くらいとよく頑張ってくれていると思います。こういった形の競馬を続けていけば、もっと良い結果を残すことも出来るのではと思いましたね。この後は短い間隔で使ってきましたし、いったん一息入れる方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

出は速くなかったが、他が行かないのを見て1角でハナヘ。緩いペースで進んだが、4角でシャイニーゲールに早めに出られ、そこからの決め手比べで見劣る。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/20日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの運動

斉藤崇師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、レースの疲れは見られるものの、それ以外は大きなダメージはありませんでした。この後はこれまでの疲れを取る為に放牧へ出して、次走に備えることにしました。具体的な予定は放牧先で状態を確認しながら検討させていただきます」(12/19近況)

⇒⇒20日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(20日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

バテない強みを生かすには逃げるのもアリだと思っていたので、今回の競馬は当然の策だと見ていました。ただ、結果論ですが、後続に楽についてこられたのが誤算。大バテ覚悟で淀みなく引っ張って行って欲しかったですが、テン乗りで探り探りの騎乗だったので仕方ない面も。ヴィッセンにとっても逃げの競馬は初めてだったので、少なからず戸惑いがあったかもしれません。

まあ、それでも交わされてパタッと止まっていませんし、レースレベルは別として勝ち馬とコンマ3秒差なら悪くはありません。乗り方・展開次第で粘り込める可能性はあるでしょう。あと個人的にはチークピーシズを着用して、もう少し前向きさを出すようにしても良いのかなとも思いました。

レース後のヴィッセンですが、大きな疲れは窺えないも、2戦したことを踏まえて一旦NFしがらきへ。回復は早いでしょうから、次走へ向けて態勢を整えていってもらえればと思います。来年8歳になりますが、まだまだ息の長い活躍・頑張りを期待しています。

« 精密検査を行った結果、右後脚脛骨骨折及び仙腸関節脱臼で競走能力喪失の診断が下ってしまいました。★フォーエバーローズ | トップページ | 【動画更新】シャトーブランシュの17 »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 精密検査を行った結果、右後脚脛骨骨折及び仙腸関節脱臼で競走能力喪失の診断が下ってしまいました。★フォーエバーローズ | トップページ | 【動画更新】シャトーブランシュの17 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ