最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(2歳・牧場組) | トップページ | マイペースの逃げに持ち込みたかったも、横へ飛ぶような形でゲートを出てしまい隣の馬と接触。また、他馬に周りを囲まれたことで力んだ走りになってしまい、最後もピリッとした脚を繰り出せず。力を出し切れぬまま7着に終わる。★シングルアップ »

2018年11月 9日 (金)

8日に美浦・国枝厩舎へ帰厩しています。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:福島県・NF天栄/8日に美浦トレセンへ帰厩予定
・調教内容:週2回坂路コースで14‐14、残りの日は軽めの調整
・次走予定:11月25日の東京・ジャパンカップ(G1)・C.ルメールJ

国枝栄師「速めのところを交えつつNF天栄で調整を行ってもらっていましたが、帰厩に向けての態勢が整ったと連絡があったことから、8日にこちらへ戻させていただく予定となりました。念のために、こちらでも脚元を含めてよく状態を確認させていただき、問題なければジャパンカップに向けての調整をスタートしていきたいと考えています。なお引き続きクリストフ(C.ルメール騎手)に手綱を取ってもらう予定です」(11/7近況)

⇒⇒8日(木)に美浦トレセンへ帰厩しています。(8日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイ、年内最終戦はジャパンC 国枝調教師「いい状況」(スポーツ報知より)

秋華賞を勝って史上5頭目の牝馬3冠を達成したアーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝厩舎)が8日、ジャパンC(25日、東京)へ向けて、放牧先の福島県・NF天栄から美浦トレセンに帰厩した。

落ち着いた様子で、軽く運動をしてから馬房へ。国枝調教師は「いい状況じゃないかな。細くもないし太くもない。ちょうどいいくらいで戻ってきた」と穏やかな表情で愛馬を眺めた。

年内はこの一戦へ全力投球。「今年はジャパンCだけ? 十分でしょう。(仕上げは)100%以上のところまで行けると思うけど、シャカリキにギシッとやらなくても大丈夫」と自信をのぞかせた。15日には引き続き手綱を執るルメールが騎乗して、1週前追い切りを行う。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の疲れがしっかり抜け切っているかどうかは分からないも、アーモンドアイなりに状態の維持に努め、トラブルなく厩舎へ戻ってこれたのは何より。GOサインが出たということは力を出せる状態にはあると見たいですし、スポーツ紙の記事を読むと、良い雰囲気で戻ってきてようです。

ただ、今年の最終戦でG1級の牡馬相手に芝2400mを戦うのは想像以上に厳しいことだと思います。期待より不安な気持ちが大きいですが、この壁を乗り越えていくようなら来年はホント凄いことが待っていることでしょう。

まあ、今は順調に追い切りを消化していって、良い状態でゲートインできることを願うばかりです。

« ロードなお馬さん(2歳・牧場組) | トップページ | マイペースの逃げに持ち込みたかったも、横へ飛ぶような形でゲートを出てしまい隣の馬と接触。また、他馬に周りを囲まれたことで力んだ走りになってしまい、最後もピリッとした脚を繰り出せず。力を出し切れぬまま7着に終わる。★シングルアップ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

アーモンドアイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(2歳・牧場組) | トップページ | マイペースの逃げに持ち込みたかったも、横へ飛ぶような形でゲートを出てしまい隣の馬と接触。また、他馬に周りを囲まれたことで力んだ走りになってしまい、最後もピリッとした脚を繰り出せず。力を出し切れぬまま7着に終わる。★シングルアップ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ