最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【動画更新】プチノワールの17 | トップページ | 休み明けの前走でこのクラスにメド。好走した反動を心配するも、追い切りの感じは悪くなく。最後のひと押し・ひと踏ん張りで他馬を捉え、凌ぎ切ることが出来るかどうか。☆ロードエース »

2018年11月25日 (日)

ジャパンC当日の新馬戦ということでハイレベルの1戦になりそう。良いモノを秘めていますが、弱いところを残す現状。過度の期待は控え、冷静にデビュー戦の走りを見守りたい。★スイートウィスパー

Photo スイートウィスパー(牝・萩原)父ルーラーシップ 母ケアレスウィスパー

日曜東京4R メイクデビュー東京 2歳新馬(芝1800m)8枠10番 丸山J

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:21日に南芝コースで時計

萩原師「21日に丸山騎手に手伝っていただき、南芝コースで併せて追い切りを行いました。スイートウィスパーが追走して、最後は半馬身ほど先着しています。芝コースでの動きは上々で、相手の馬を射程圏に入れるとスッと反応してくれました。しかし、コーナーリングがあまり上手い方ではなさそうで、少しモタモタしているところが見られました。ですから、器用さが無い分、府中のワンターンは条件的に合いそうです。鞍上は調教でも跨っていただきました丸山元気騎手にお願いしています」

丸山騎手「21日の調教に乗せていただきました。少し右にモタれる部分はありますが、走りに関しては特に気になるところはありませんでした。ただ、ゲートでの駐立の際に、後ろに動こうとするような仕草が見られましたので、そこは気を付けていかないといけませんね。しっかりとゲートを出てくれれば、初戦から力は発揮出来ると思いますので、良い競馬を見せられるように頑張ります」(11/22近況)

丸 山 21南芝良 66.8- 51.8- 37.8- 12.0 馬なり余力 ロジフェーヴル(新馬)馬なりの外0.6秒追走0.1秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回東京8日目(11月25日)
4R メイクデビュー東京 2歳新馬
サラ 芝1800メートル 指定 馬齢 発走11:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ファイティングマン 牡2 55 M.デムーロ
2 2 ラストドラフト 牡2 55 C.ルメール
3 3 ココリガストン 牡2 55 北村宏司
4 4 エフェクトオン 牡2 55 田辺裕信
5 5 バシクンレッツゴー 牡2 55 勝浦正樹
6 6 クーファピーカブー 牝2 54 武豊
6 7 ヒシイグアス 牡2 55 R.ムーア
7 8 プレシャスメール 牝2 54 戸崎圭太
7 9 エデリー 牡2 55 W.ビュイック
8 10 スイートウィスパー 牝2 54 丸山元気
8 11 ホウオウヒミコ 牝2 54 川田将雅

○萩原師 「まだ弱さが残っているから徐々にだろうが、素材はいいからその点に期待」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

通常募集開始の翌日、満口前に駆け込んだのがケアレスウィスパーの16ことスイートウィスパー。出資する際、馬体を気に入って出資することが多いのですが、こちらは血統面に惹かれての出資。スタミナ豊富な長距離砲。ダートでも潰しが利きそうなのも魅力。手薄な路線で台頭する余地があるのではないかなと見ていました。

育成を始めた当初から我の強い面を覗かせ、性格的にキツいところを持っていますが、調教を愚図るような面はなし。このあたりの教育はさすがNF。また、背腰に疲れが出やすいといった弱いところを持ち合わせていますが、調教をストップするようなことは初入厩するまではなかったと思います。

そして6月9日に函館競馬場入り。環境に慣らしながらゲート試験突破を目指すことになったのですが、ここで初めての頓挫を経験することに。ゲート出の反応が遅く、2回連続でゲート試験に不合格。そこで集中して練習できるようにと美浦へと場所を移し、態勢を整えての3回目の試験でようやくゲート試験に合格することが出来ました。

その後はゲート練習による疲れを抜け切る為にNF天栄へ。回復を促し、坂路での調教を進めて行こうとした矢先に今度は左前脚を跛行。幸い、骨折等は認められませんでしたが、炎症を起こしていることが発覚し、1から立て直す羽目になってしまいました。歩様が安定するまで少し時間を要することになりましたが、騎乗運動を再開して以降は順調に負荷を高めることが出来、先月26日に美浦へと戻ることが出来ました。

再入厩後はまだ弱さを残しているのでビシビシとはやられていないも、丹念な乗り込み。最終週の芝1800mに照準を合わせ、ひと追い毎に良くなっていると思います。特に今週の追い切りは丸山Jが跨ってくれたこともあり、映像を見ると良さげに見えました。実戦へ行って良いタイプでしょう。

ただ、ジャパンC当日の芝1800m戦ということで、有力厩舎の牡馬の素質馬が出てきて、かなりレベルの高い1戦。自信があってここへぶつけたという感じではないですし、いきなりハードルが高いなあというのが率直なところ。まあ、今回は過度の期待は控え、現状でどこまで通用するかを静かに見守りたいです。ここで良い勝負が出来たら、先々が楽しみですが、果たして。

« 【動画更新】プチノワールの17 | トップページ | 休み明けの前走でこのクラスにメド。好走した反動を心配するも、追い切りの感じは悪くなく。最後のひと押し・ひと踏ん張りで他馬を捉え、凌ぎ切ることが出来るかどうか。☆ロードエース »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)スイートウィスパー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【動画更新】プチノワールの17 | トップページ | 休み明けの前走でこのクラスにメド。好走した反動を心配するも、追い切りの感じは悪くなく。最後のひと押し・ひと踏ん張りで他馬を捉え、凌ぎ切ることが出来るかどうか。☆ロードエース »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ