最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.584 | トップページ | 能力はここでも十分通用するものを秘めているも、精神面での課題が大きく残る現状。クラス2戦目+牝馬限定戦の今回は悪くてもクラス突破にメドの立つ走りを見せて欲しい。★シグナライズ »

2018年10月 8日 (月)

5日に栗東・高野厩舎へ帰厩しています。☆クレッセントムーン

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

・在厩場所:5日に栗東トレセンへ帰厩

高野師「ソエの状態もスッキリし、順調に調教が進められていたことから、5日の検疫でトレセンに戻しました。暫くは予定を決めずに、じっくり時間を掛けながら仕上げに入っていきたいと思います」(10/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

7月の中京でのデビュー戦(8着)後、NFしがらきで立て直しを図ってきたクレッセントムーン。左前の出が悪いことから、詳しい検査を行った結果、ソエをかなり痛がっていることが判明。1ヶ月程度はウォーキングマシンのみの運動に止め、ソエの治療・回復に全力を注いできました。

それによって帰厩は遅れてしまいましたが、GOサインが出てからはトレッドミルを上手に活用しながら騎乗運動を進めてきました。幸い、乗り出した後にソエがぶり返すことはありませんでした。着々と負荷を高めていったクレッセントムーンは5日に栗東へと戻っています。

ただ、NFしがらきでは速い調教が不足気味。動きも良くなってきている段階だったので、2戦目へ向かうにはそれなりの時間は必要です。手前の替え方など操縦性を高める努力をしつつ、レースでの体力を整えていってもらえればと思います。

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.584 | トップページ | 能力はここでも十分通用するものを秘めているも、精神面での課題が大きく残る現状。クラス2戦目+牝馬限定戦の今回は悪くてもクラス突破にメドの立つ走りを見せて欲しい。★シグナライズ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

クレッセントムーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.584 | トップページ | 能力はここでも十分通用するものを秘めているも、精神面での課題が大きく残る現状。クラス2戦目+牝馬限定戦の今回は悪くてもクラス突破にメドの立つ走りを見せて欲しい。★シグナライズ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ