2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 24日にゲート試験に合格。ただ、右前に骨溜が出掛かっているとのことで、26日にNF天栄へ放牧に出ています。☆フロントライン | トップページ | 右前球節の悪化+右前・左トモの対角線上の歩様の違和感を繰り返して、ここまで復帰がズレ込むことに。久々の1戦で中身が伴っているか心配はあるも、新潟コースは大得意。前走のような走りが出来れば、ここでも差はない筈。☆リミットブレイク »

2018年10月27日 (土)

良いところなく終わってしまったデビュー戦。その後、ソエの回復に手間取り、ここまで復帰が遅れてしまうも、仕上がり+動きは良好。素質を秘めているのは確かなので、立て直した今回は本領発揮といきたいです。☆クレッセントムーン

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

土曜京都2R 2歳未勝利(ダ1800m)8枠15番 M.デムーロJ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:24日に坂路コースで追い切り

高野師「24日に坂路で追い切りました。デビュー前の追い切りでもいい動きをしていましたが、その時よりも体の使い方が上手になっており、動きも力強さが見られるようになりました。馬体に関してはそこまでガラッと変わった感じはしませんが、成長しているのは確かですし、この馬なりに良くなっていますよ。初戦はまだ競馬を分かっていないような感じでしたし、ゲートの出もモッサリでしたが、この中間にゲート練習を行ったところ、普通に出てくれているので、前回よりはしっかり出てくれると思います。距離は1400mぐらいが良いとジョッキーが言っていましたが、追走に苦労したところもありましたし、もう少し競馬に慣れるまでリズムよく走らせるほうが良いと思うので、10月27日の京都・ダ1800mに投票させていただきました」(10/25近況)

助 手 21栗坂良 58.3- 42.1- 26.5- 12.3 馬なり余力 アウィルアウェイ(二オープン)馬なりを0.1秒追走同入
助 手 24栗坂良 54.6- 39.7- 25.7- 12.7 強目に追う ブラックダンサー(二500万)強目に0.1秒先行アタマ先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回京都8日目(10月27日)
2R 2歳未勝利
サラ ダ1800メートル 指定 混合 馬齢 発走10:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手 調教師
1 1 メイショウヒノクニ 牡2 55 太宰啓介
2 2 ニホンピロマイルス 牡2 55 酒井学
2 3 ミルトスミス 牡2 55 松若風馬
3 4 スーペルゴラッソ 牡2 52 服部寿希
3 5 ゴットパシオン 牝2 54 四位洋文
4 6 マッシブアプローズ 牡2 55 和田竜二
4 7 ヒリュウコウスイ 牡2 55 鮫島良太
5 8 ブルベアアルジェン 牡2 55 小崎綾也
5 9 トランプズパワー 牡2 55 川田将雅
6 10 デルマシャンティ 牡2 55 国分恭介
6 11 ゴッドイーサン 牡2 55 幸英明
7 12 ダンツアタッカー 牡2 55 松山弘平
7 13 サンライズアカシア 牡2 55 藤懸貴志
8 14 ウインパーチェ 牡2 55 高倉稜 加用正
8 15 クレッセントムーン 牡2 55 M.デムーロ

○高野師 「初戦はレースを分かっていなかった様子。上手に走れば、変わってよさそう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

完成度の高い馬体+追い切りの動きの良さから、デビュー戦から勝ち負けを期待したクレッセントムーン。気難しい面も見せていなかったのでレースセンスの良い馬と解釈していたのですが、実際はそう簡単なものではなくて…。

スタートで後手を踏むと行き脚が付かず。フワフワした走りで、追走するのに手一杯。自分から走ろうという気持ちが足りず、向正面では鞭が入る失態ぶり。直線で追われてからも目立つ脚は繰り出せずに終わってしまいました。期待の高い1頭だったので、こんな負け方をするとはショックが大きかったです。

レース後はすぐNFしがらきへ放牧に。左前の出が良くないことから詳しく検査してみると、ソエが原因と判明。段々と痛みが表に出てきて、患部を触っただけでもかなり嫌がる素振りを見せる程でした。その後は無理せずソエの治療を優先するも、回復ぶりがスロー。ウォーキングマシン・トレッドミルでの調整が続き、騎乗運動を再開後も慎重なペースアップを余儀なくされ、ここまで復帰がズレ込むことになってしまいました。

今月5日に栗東へ戻ってきたクレッセントムーンですが、ひとまずマイペースで登坂。ソエを含め状態を確認しつつ、ネックストレッチバンドを着用して頭の高い走りの矯正に努めてきました。そして着実な良化が窺えるということで今週の出走へ。距離は1400mが合っているのでしょうが、追走に余裕がなかったデビュー戦の走りを考慮し、1800mの番組に使ってきました。

仕上がりに関しては本数を消化し、力を出せる状態。デビュー戦同様に追い切りで水準以上の動きを披露。素質を秘めるのは確かなので、1度実戦を経験したことによるレース慣れ+立て直した効果で2戦目の今回は本領発揮といきたいです。もし負けたとしても、成長の跡を示すような走りは見せてもらいたいです。

« 24日にゲート試験に合格。ただ、右前に骨溜が出掛かっているとのことで、26日にNF天栄へ放牧に出ています。☆フロントライン | トップページ | 右前球節の悪化+右前・左トモの対角線上の歩様の違和感を繰り返して、ここまで復帰がズレ込むことに。久々の1戦で中身が伴っているか心配はあるも、新潟コースは大得意。前走のような走りが出来れば、ここでも差はない筈。☆リミットブレイク »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

クレッセントムーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 24日にゲート試験に合格。ただ、右前に骨溜が出掛かっているとのことで、26日にNF天栄へ放牧に出ています。☆フロントライン | トップページ | 右前球節の悪化+右前・左トモの対角線上の歩様の違和感を繰り返して、ここまで復帰がズレ込むことに。久々の1戦で中身が伴っているか心配はあるも、新潟コースは大得意。前走のような走りが出来れば、ここでも差はない筈。☆リミットブレイク »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ