2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« C.ルメールJを背に格の違う動きを披露。来週の出走へ向けて着々と仕上がっています。☆アーモンドアイ | トップページ | シルクなお馬さん(関西馬・入厩組) »

2018年10月 6日 (土)

一息入った後で重目残り。ピリッとした感じが窺えず、勝負どころからのペースアップで追走に手一杯。見せ場を作ることができないまま12着に終わる。★ロードプレミアム

Photo_3 ロードプレミアム(牡・斎藤誠)父ディープインパクト 母インディアナギャル

9月29日(土)中山10R・習志野特別・混合・芝2000mに三浦Jで出走。16頭立て11番人気で7枠13番からスローペースの道中を9、11、5、6番手と進み、直線では中央を通って1秒5差の12着でした。馬場は稍重。タイム2分03秒3、上がり36秒2。馬体重は6キロ増加の498キロでした。

○三浦騎手 「4コーナーをスッと回った割に、直線で手前を替えてから最後はアップアップ。良い意味で我の強かった2着時に比べると、今日は大人し過ぎる感じでした。と言っても、どこかが悪かった訳ではなく、休養明けでピリッとしていない状態で渋った馬場が余計に厳しかったのかも。叩いた次は変わると思います」

○斎藤調教師 「今日は途中から展開が速くなり、そこで付いて行って余力を失ったようにも思います。また、ジョッキーが話す通り、使った後に良化を遂げそう。夏負けからの立ち直りと考えると尚更でしょう。状態、番組を確かめた上で次を考えたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、10月14日(日)東京・3歳上1000万下・混合・芝1800mもしくは10月28日(日)東京・精進湖特別・混合・芝2000mに予定しています。

○斎藤調教師 「レース後も脚元等に目立った問題は生じておらず、飼い葉食いについても安定。また、疲れた様子をそこまで見せていないだけに、トレセンに置いたまま調整を続ける方針です。東京2、4週目が新たな候補。跨ってからの様子に応じて絞り込みます」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

実績のある舞台&騎手で前走の大敗から変わってきてくれることを期待した今回のロードプレミアムでしたが、レース内容はピリッとせず。

まずゲートを出てからの行きっぷりが重苦しく、逆手前での追走。この時点で気持ちが乗っていないように見えて嫌な予感が頭を過りました。そしてレースは淡々と流れ、プレミアムの位置取りは悪くなかったと思います。ただ、3角過ぎから一気にペースアップすると、追走するのに一苦労。離されまいと追っ付けて食い下がりましたが、最後の直線を向いてすぐに余力をなくしてしまいました。

一息入れて、活気は戻ってきていたと思うのですが、プラス8キロが示す通り、やや急仕上げで重目残り。直前の追い切りは動いていましたが、中身は伴っていませんでした。この厩舎らしい敗戦だったと率直に思います。

レース後のプレミアムですが、大きなダメージはなさそう。このまま厩舎にとどめ、次走へ向かうこととなりました。ひと叩きして幾らかピリッとしてくると思いますが、中1週での出走となった場合でも、最終追いは手加減せずにビシッとやって、今度はシェイプアップした姿で出てきてもらいたいです。

1000万下で安定して結果を残せていない現状なので、次走以降でも展開・相手関係が味方してくれないと浮上の可能性は低いでしょうが、力を発揮できる状態で常にレースへ向えるように準備は怠らないようにお願いします。

« C.ルメールJを背に格の違う動きを披露。来週の出走へ向けて着々と仕上がっています。☆アーモンドアイ | トップページ | シルクなお馬さん(関西馬・入厩組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードプレミアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« C.ルメールJを背に格の違う動きを披露。来週の出走へ向けて着々と仕上がっています。☆アーモンドアイ | トップページ | シルクなお馬さん(関西馬・入厩組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ