2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(2歳・本州牧場組) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・北海道組) »

2018年10月11日 (木)

ゲートを出していって2番手を取り切ったのが全て。終始、自分のリズムで競馬を進めることが出来、最後の直線は追い出しを待つ余裕も。着差以上の完勝劇でまさかまさかの4勝目を挙げる。☆ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

日曜東京12R 3歳上1000万下(ダ1400m)優勝(7番人気) 池添J

ブリンカー着用。好スタートを切って2番手を追走いたします。楽な手応えで直線に向き、早め先頭に立つと、後続の追い上げを封じて見事に準オープン入りを果たしています。

池添騎手「前回勝った時の競馬を意識してスタートから出して行きました。逃げ馬を見られるいいポジションを確保できましたし、外から早めに来られる展開でしたが、最後までしっかり伸びてくれました。いい競馬だったと思いますし、上のクラスでも十分にやれる力があると思います」

国枝調教師「この馬なりに歩様が安定して状態が良かったのもありますし、ジョッキーがうまく乗ってくれました。以前は煩いところがあってコース調教をしっかりやれない時期がありましたが、最近は落ち着いてゆったりと出来るようになりましたからね。しっかり調教を積めるようになってこの馬本来の能力を徐々に発揮できるようになってきたのだと思います。勝ってくれましたし少し間を開けてあげたいので、東京競馬場から直接NF天栄へ放牧に出させていただきました」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がり良好。気合をつけて2番手を確保。正攻法のレースで直線入り口の手応えは抜群。坂上で先頭に立つと後続を寄せ付けず、危なげなく押し切った。クラス2戦目で完勝。東京ダ1400mは3・1・1着と安定。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Wコースで追うことが出来、状態が良いのは感じていましたが、正直まさかまさかの勝利。クラス2戦目の今回は平場での1戦でしたが、粒の揃ったメンバー相手。好枠を生かした前々の競馬でどこまで辛抱できるのかな?と見ていましたが、2番手追走から押し切ってしまうとはビックリです。着差以上に強い内容だったと思います。

1200mだと他馬の出脚が速いので、必然と揉まれる形になるのですが、1ハロン延長によってテンの速さが緩和されたことでスッと2番手につけることが出来たのが1番の勝因。池添Jはゲートを出していって、ポジションを取り切ってくれました。そして道中は自分のリズムで走ることが出来、追い出しを待つ余裕すらありました。有力どころに差し馬が揃っていたのもラッキーで、過度のプレッシャーを受けなかったのもプラスに。最後、後続に詰め寄られた感じですが、セーフティリードから少し緩めた為でしょう。ホント、諸々の条件が見事なまでにウォリアーズクロスに全て味方してくれました。

レース後、ウォリアーズクロスは厩舎へ戻ることなく、直線NF天栄へ。早速次走へ向けて英気を養っています。まずは脚元等に大きなトラブルがなければ良いのですが。

今回の勝利で次走から準OPへ。相手が揃っていた割に恵まれた部分が多々あったので、通用していくには時間が必要でしょうが、じわじわ力を付けているので伸びシロは見込めます。骨折があったりして5歳馬ながらそれほど数を使っていませんし。怪我には十分気を配りながら、息の長い競走馬へと育っていってもらいたいです。

« シルクなお馬さん(2歳・本州牧場組) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・北海道組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ウォリアーズクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(2歳・本州牧場組) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・北海道組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ