出資馬一覧

最近のコメント

« レース後の回復が早く、中1週での出走へ。叩いた効果は見込めるも、展開・人気馬の凡走など恵まれないと上位進出は難しそう。★ロードプレミアム | トップページ | ロードなお馬さん(3歳上牡馬・牧場組) »

2018年10月14日 (日)

考え出すと不安は尽きませんが、自分のリズムで競馬が出来れば結果は付いてくる筈。史上5頭目の牝馬3冠を達成して欲しい。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

日曜京都11R 秋華賞(G1・芝2000m)6枠11番 C.ルメールJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:10日に坂路コースで時計
・次走予定:10月14日の京都・秋華賞(G1)・C.ルメールJ

国枝師「火曜日の調教で追突が見られましたので、今日は坂路で追い切りを行いました。今週もクリストフ(C.ルメール騎手)に跨ってもらいましたが、全体時計は49秒7とかなり速い時計が出ましたね。先週に比べると時計の出やすい馬場とは言え、やはり能力の高さを感じさせます。また、ほぼ馬なりに近い感じでしたし、無理に出した時計ではないのでそこまで反動も無いと思いますよ。ひと夏越して、見た目もボリューム感が出てきており、充実したなという印象を受けます。桜花賞、オークスとここまで思っていた以上のパフォーマンスを見せてくれましたから、今回の秋華賞もきっと大きな仕事をしてくれると思いますし、無事に出走させられるよう追い切り後のケアをしっかり行いたいと思います」

C.ルメール騎手「10日の追い切りに乗せていただきました。坂路での調教で、時計はかなり出たようですが彼女(アーモンドアイ)にとっては軽い運動のようでした。フットワークやバランスも良く、息遣いも良かったですね。先週と比べても、反応も良いですしコンディションは徐々に上がってきているように感じました。そして、夏場にリフレッシュしたことで筋肉が付いて、またパワフルになっていますよ。京都の2000mはトリッキーなコースなので最初のポジションが大事になるでしょう。彼女のスタートや道中のペース次第にはなりますが、なるべく良い位置でレースを進めたいですね。トリプルクラウン目指して頑張ります」 (10/10近況)

助 手 7美坂良 56.2- 41.1- 27.0- 13.5 馬なり余力
ルメー 10美坂良 49.7- 37.0- 24.7- 12.5 馬なり余力 ミッキークロス(古500万)馬なりを1.4秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回京都5日目(10月14日)
11R 秋華賞(G1)
サラ 芝2000メートル 3歳OP 指定 国際 牝馬 馬齢 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手 調教師
1 1 ラテュロス 牝3 55 秋山真一郎
1 2 カンタービレ 牝3 55 武豊
2 3 スカーレットカラー 牝3 55 岩田康誠
2 4 ランドネ 牝3 55 戸崎圭太
3 5 サラキア 牝3 55 池添謙一
3 6 パイオニアバイオ 牝3 55 柴田善臣
4 7 ラッキーライラック 牝3 55 北村友一
4 8 トーセンブレス 牝3 55 藤岡佑介
5 9 サトノガーネット 牝3 55 浜中俊
5 10 オールフォーラヴ 牝3 55 幸英明
6 11 アーモンドアイ 牝3 55 C.ルメール
6 12 オスカールビー 牝3 55 川須栄彦
7 13 ミッキーチャーム 牝3 55 川田将雅
7 14 ゴージャスランチ 牝3 55 横山典弘
7 15 ハーレムライン 牝3 55 大野拓弥
8 16 プリモシーン 牝3 55 北村宏司
8 17 サヤカチャン 牝3 55 高倉稜
8 18 ダンサール 牝3 55 M.デムーロ

○国枝師 「オークスは力を出し切ったので疲れもあったが、夏場は放牧に出してしっかり休養してリフレッシュ。馬体は増えているくらいで成長を感じる。ステップを挟まなかったのは予定通りで京都の内回りでも自分の走りが出来れば」(土曜・競馬ブックより)

○国枝師 「木曜の計量で480キロ以上あったし、輸送してもプラス10キロぐらいで出走できそう。前走の競馬が出来れば枠順も気にしていない。期待に応える走りをして欲しいね」(日曜・競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【秋華賞】どよめいた!牝馬3冠へアーモンドアイ破格の坂路49秒7(スポーツ報知より)

第23回秋華賞・G1(14日、京都)の追い切りが10日、東西トレセンで行われた。史上5頭目の牝馬3冠制覇に挑むアーモンドアイは、美浦・坂路で馬なりのまま49秒7と破格の好時計。国枝調教師、ルメールがそろって、最強の頂へ自信をみなぎらせた。

坂路モニターに表示された破格の走破時計。史上5頭目の牝馬3冠を狙うアーモンドアイの走りに、調教スタンドにいた調教師の間から誰からともなくどよめきが起こった。4ハロン49秒7―12秒5。2週続けて騎乗したルメールの手綱はほとんど動かず、馬なりのまま圧巻のデモを披露した。

「走りやすい馬場でもあったし、この馬の能力でもある。ほとんど追っていないからね」。涼しい顔でモニターを見つめていた国枝調教師は一転、坂路下でクールダウンする愛馬の脚元に鋭い視線を送った。

当初は先週に続きWコースで追い切る予定だったが、急きょ坂路に変更した。「追い切り前日の火曜もWコースで乗ったんだけど、馬が充実して、トモ(後肢)の踏み込みが強くなっていたんだ。そのぶん、前脚に(後脚を)ぶつけるところも見られた。坂路の方が軽減できると思ったので」と国枝師は説明。想像以上にパワーが増したことで、自らの脚を傷つける可能性もあった。だからこそ追い切り後は、周囲を寄せ付けないほどのまなざしで入念なチェックを繰り返した。

春よりさらに成長する女王に、「夏休みから、いい状態で戻ってきた。ひょっとしたら、前走からプラス10キロくらいの馬体重でいけるんじゃないか」。その言葉通り、見た目にも筋肉量が増して、馬体も大きく見せている。

貫禄すら感じさせる動きと状態面。初の京都内回り、約5か月ぶりの一戦になるが「競馬なので何があるか分からない。でも、アーモンドアイが普通に走ってくれたら何とかなるんじゃないかと思う」。10年アパパネに続く牝馬3冠達成なら、同一厩舎では史上初。トレーナーの言葉と表情から、揺るぎない自信と信頼がにじみ出た。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイ牝馬3冠へ速い展開を希望/秋華賞(日刊スポーツより)

牝馬3冠の最終戦・秋華賞(G1、芝2000メートル)は明日14日に京都競馬場で行われる。12日は枠順が確定した。

牝馬3冠がかかるアーモンドアイは真ん中に近い枠(6枠11番)になった。国枝師は「枠順はよしとして、流れてくれれば競馬は楽になる」と速い展開を望んだ。この日は馬がイライラしていたため、馬場入りせず厩舎周りの運動のみで終えた。土曜に京都競馬場へ移動する。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【秋華賞】アーモンドアイ 堂々の京都入り「力は出せると思う」(スポニチより)

あす14日に行われるG1秋華賞で、史上5頭目の牝馬3冠を目指す関東馬アーモンドアイ(牝3=国枝)が13日午後1時1分、決戦の地である京都競馬場に無事到着した。

馬運車から降りると、堂々とした脚取りで馬房へ。「渋滞で少し遅れたが、車の中での終始落ち着いていた。いつも通りの雰囲気」と根岸助手。「調教はしっかりやって、力は出せると思う。春より筋肉量が増え、お尻や腹回りがどっしりした」と、たくましさを増した愛馬に目を細めた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

史上5頭目の牝馬3冠がかかるアーモンドアイの秋華賞。さすがに緊張は高まりますが、タフな競馬となったオークス後、大きなトラブルなく、この舞台に戻ってこれたのは何より。暑い気候にも負けず、コツコツ乗り込んできたことでパワーアップすることも出来ました。元々攻めは抜群に動いていましたが、春よりも更に動きに凄みを増しています。他馬もひと夏越してそれぞれに成長を遂げているでしょうが、春時点の差が詰まっている感じはしていません。本音は同世代の牝馬にはもう負けて欲しくありません。

あとは陣営とアーモンドアイを信じて、レースを見守るのみ。激走後の1戦+久々で気持ちが乗った走りが出来るかどうか、トリッキーなコース+他馬にマークされる立場で不利なく競馬が出来るかどうかなど不安は尽きませんが、色々あるのが競馬です。そう簡単には勝たせてくれないと思っています。

まあ、それでもアーモンドアイの力を出し切ることが出来れば、結果は付いてくる筈。今回もスタート地点がスタンド前なので過度のイレ込みは避けて欲しいところ。ここ最近、涼しくなってきたのはプラスでしょう。レース運びはC.ルメールJにお任せしますが、自分のリズムで勝負どころから動いていって欲しいです。直線の短い京都内回りですが、仕掛けてからの反応が抜群に速い馬ので、ディープインパクトの有馬記念のようにスーッと捲っていって、早目先頭から堂々押し切ってくれることを願っています。

« レース後の回復が早く、中1週での出走へ。叩いた効果は見込めるも、展開・人気馬の凡走など恵まれないと上位進出は難しそう。★ロードプレミアム | トップページ | ロードなお馬さん(3歳上牡馬・牧場組) »

アーモンドアイ」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

コメント

こちらにもお邪魔します。
レース結果の記事じゃないですが、旬なうちにおめでとうと言いたかったのでコメントさせてください。
アーモンドアイ破格に強かったです!
一頭全く違う脚でコースも久々も関係なかったですね。
どんどん強くなる感じで過去見た強い牝馬とタイプは違うものの、過去最高レベルに強く思いました。

あれだけの脚を使ったので、出資者さんはきっとレース後も不安だとは思いますが、無事に牡馬相手、或いはいずれは世界も目指して欲しい逸材だと思いました。

いやーー、ただただ感動!!! 羨ましい〜(^○^)

ぼんちゃんさん、こちらにもありがとうございます。
アーモンドアイへのお祝いのお言葉ありがとうございます。
結果を知ってからレースを見たのですが、4角のあの位置で前を捉えきるんですから、ビックリ過ぎます。

鞍上の指示に対する反応が速いですし、伸び出すとグングン差が縮まっていきます。見ていて気持ちがいいですね。また、暑さに弱いところも父譲りです(笑)。

あとは牡馬相手でもこれまでのような末脚が使えるかですね。距離は2000mぐらいが1番合ってるかもしれません。

今後も1戦必勝ですが、まずは大事に使っていってくれることを願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レース後の回復が早く、中1週での出走へ。叩いた効果は見込めるも、展開・人気馬の凡走など恵まれないと上位進出は難しそう。★ロードプレミアム | トップページ | ロードなお馬さん(3歳上牡馬・牧場組) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ