2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組) | トップページ | 31日に栗東・昆厩舎へ帰厩しています。☆ロードヴァンドール »

2018年10月31日 (水)

ソエの治療もあって1から立て直して臨んだ今回。精神面の幼さを感じさせる道中の走りでしたが、最後の直線で追われるとしっかりした伸びを披露。着差以上に強い内容で初勝利を挙げる。☆クレッセントムーン

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

土曜京都2R 2歳未勝利(ダ1800m)優勝(1番人気) M.デムーロJ

大外15番枠から五分にスタートを決めると、促しながら中団を追走します。3コーナー過ぎから押し上げていき、最後の直線で外に出して追い出されると、残り100mを過ぎたあたりで先行馬を交わすとそのまま1馬身以上の差をつけ、デビューから2戦目で嬉しい初勝利を挙げています。

M.デムーロ騎手「初戦はまだレースを分かっていませんでしたし、馬場も良くなかったので、追走でいっぱいでしたが、今回はゲートも上手く出てスムーズな競馬が出来ました。勝負どころではエンジンのかかりは良くなかったですが、スピードが乗るといい脚を使ってくれました。初戦よりトモの緩さを感じましたが、それでこれだけいい競馬が出来るのですから、この先もっと良くなる馬だと思いますよ。距離はまったく問題なかったです」

高野調教師「ありがとうございました。前走後は放牧に出してじっくり立て直してもらいましたが、その期間に成長を促すことが出来ましたし、いい状態でレースに復帰させることが出来ました。初戦はまだ競馬を分かっていなかったこともあって、ゲートの出が一息でしたし、流れにも乗り切れませんでしたが、中間ゲート練習を行っていたこともあって、今回は上手く出てくれました。距離が延びてどうか半信半疑ではありましたが、最後までバテることなくしっかり伸びてくれたので、今後の選択肢が広がりましたね。レース直後は変わりありませんでしたが、トレセンに戻って状態をしっかり確認したうえで、今後の方針を検討させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

余裕残しの馬体。中団外目。3角から仕掛けて動き始め、4角では前から離れた4番手。直線は内へモタれるのを途中まで修正されたいたが、逃げていた2着馬がヨレて内が大きく開いたので、そこに進路を取って抜け出した。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動

高野師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、レースの疲れは見られますが、それ以外は大きなダメージもなく体調は変わりありません。前走時と同じぐらい飼い葉を食べており、元気の良さが窺えますし、ひと叩きして更に状態が上がっているように思えます。今の感じならこのまま続戦させられそうですが、もう少し状態を確認させていただいたうえで、今後の方針を検討したいと考えています」(10/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

良いところなく人気を裏切ってしまったデビュー戦のクレッセントムーン。ソエの治療もあって1からじっくり立て直してきましたが、帰厩後、劇的に変わった印象はなかったので、2戦目でどんなレースが出来るか楽しみでもあり不安でもありました。正直、今回も凡走するようだとこの先が辛いなあという気持ちでレースを迎えました。

パドックを見ていないのでハッキリ言えませんが、プラス14キロで『初戦よりトモに緩さを感じた』(M.デムーロJ談)ということから余裕のある造りだったんでしょう。画像を見る限りは数字ほど太くは見えませんので14キロの半分以上は成長分だとは思います。

スタートで大きなロスなく出たクレッセントムーンとM.デムーロJは内の各馬の出方を窺いながら、中団の外目をキープ。いつでも動ける位置だったと思いますが、平均よりも速いペースで流れたこともあって道中は促しつつの追走。手応え・行きっぷりが良く見えなかったのでちょっと嫌な雰囲気でした。勝負どころの3角から4角に掛けては鞭も入り、2番手のサンライズアカシアの手応えが良かったので押し切られるなあと見ていました。

これで負けても、直線でしっかり脚を使ってくれれば上出来と気持ちを切り替えた最後の直線。追われて内へモタれる仕草を見せたクレッセントムーンでしたが、鞍上の鞭に応えてひと追い毎に前との差を詰めていきます。そして2着馬が外へヨレたところへ進路を切り替えて、内からサンライズアカシアをパス。交わしてから1馬身ほど抜け出した脚はなかなか速かったと思います。終わってみれば1番人気の支持に応える初勝利。嬉しい気持ちよりもホッと安心する気持ちが強かったです。

レース後のクレッセントムーンですが、力を出し切ったことで相応の疲れは残っているようですが、脚元等に異常はなし。最終決定はもう少し様子を見てからになるようですが、9割方は在厩調整を続け、3戦目へ向かうことになるでしょう。

初勝利となった今回は着差以上に強い内容だったと思います。それでいて最後の直線だけ真面目に走った感じなのでまだまだ伸びシロは見込めるでしょう。気持ちが悪い方へ向かないように注意しつつ、着実な成長の歩みを刻んでいってもらえればと思います。

« ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組) | トップページ | 31日に栗東・昆厩舎へ帰厩しています。☆ロードヴァンドール »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

クレッセントムーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組) | トップページ | 31日に栗東・昆厩舎へ帰厩しています。☆ロードヴァンドール »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ