最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 良いところなく終わってしまったデビュー戦。その後、ソエの回復に手間取り、ここまで復帰が遅れてしまうも、仕上がり+動きは良好。素質を秘めているのは確かなので、立て直した今回は本領発揮といきたいです。☆クレッセントムーン | トップページ | 前々で渋太さを生かす競馬で安定感。1頭強いのがいますが、早目のスパートで抜け出して欲しい。外回りの坂の下りをスムーズに走ることが出来るかどうかが1つポイント。☆ロードクエスト »

2018年10月27日 (土)

右前球節の悪化+右前・左トモの対角線上の歩様の違和感を繰り返して、ここまで復帰がズレ込むことに。久々の1戦で中身が伴っているか心配はあるも、新潟コースは大得意。前走のような走りが出来れば、ここでも差はない筈。☆リミットブレイク

Photo_3 リミットブレイク(セ・尾関)父サクラバクシンオー 母マザーウェル

土曜新潟4R 3歳上障害OP(障2890m)7枠10番 五十嵐J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:24日に南Wコースで時計

尾関師「24日に南Wコースで追い切りを行いました。2週続けて併せてしっかりと負荷を掛けていますし、新潟競馬場までの輸送もあるので、今週は単走で行いました。時計は5ハロンから70-40と予定していたくらいのものを消化できましたし、大きく外目を回りながらも最後までしっかりと走れていて、動きも良かったと思います。息遣いも良好ですし、トモの感じも前回より良さそうな印象です。いい状態でレースに向かえそうですし、ここ2戦は掲示板を確保してくれているように、自分の力を発揮できれば良い走りを見せてくれると思います」(10/25近況)

助 手 21美坂良 56.0- 41.4- 27.4- 13.3 馬なり余力
助 手 24南W稍 70.4- 55.0- 40.0- 12.6 直強目追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回新潟5日目(10月27日)
4R 3歳上障害オープン
サラ 障2850メートル 3歳上障害OP 混合 別定 発走11:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 キャニオンロード せ5 60 石神深一
2 2 マイネルフレスコ 牡7 60 大江原圭
3 3 マイネルヴォーダン 牡6 60 山本康志
4 4 カレンバッドボーイ 牡8 60 西谷誠
5 5 クリノヴェルサイユ 牝5 58 小野寺祐太
5 6 ハルキストン 牡3 58 中村将之
6 7 メイショウヒカル 牡4 60 森一馬
6 8 トラキアンコード せ6 60 金子光希
7 9 アットザトップ せ4 60 平沢健治
7 10 リミットブレイク せ6 60 五十嵐雄祐
8 11 サンマルホーム 牡8 60 佐久間寛志
8 12 ウインレーベン 牡7 60 熊沢重文

○尾関師 「中間、反動が出て時間が掛かりましたが、足元が気になった前走時よりも不安はありません。大型馬の久々がどうかですが、新潟なら崩れずに走れるのでは」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

OP入り後、ジワジワ力を付けてきていたリミットブレイク。3戦目(初勝利後)となった前走では最後勝ち馬の決め手に屈するも、理想的なレース運びで2着に。道中も折り合いもスムーズで飛越は安定していました。新潟のコースが合うというのもあるでしょうが、OPでの勝利が現実的なものとして考えられるようになりました。

ただ、レース後は出走前から気掛かりだった右前球節がモヤモヤと。続戦することを諦め、NF天栄へ放牧に出て、立て直すことになりました。

移動当初は皮膚炎ということで思いのほか軽症でホッとしていたのですが、騎乗運動を再開した途端に右前球節の状態が悪化。ウォーキングマシン・トレッドミルでの運動に止めて回復を促す羽目になってしまいましたが、再度騎乗運動を再開した途端、今度は右前・左トモの対角線上の歩様に違和感が出てしまいました。その後、もう1度同じような反動・疲れが出てしまい、計3回も頓挫してしまうことに。慎重を期して乗り出してくれたんでしょうが、結果がこれでは正直頂けません。夏の新潟での復帰が叶わず、秋のここまで出走態勢が整うのに時間を要してしまいました。

何とかここまで戻ってきた今は右前球節の不安は消え、歩様は幾らか硬さがあるも、それは許容範囲。ひと追い毎に動きは良くなり、仕上がりは進んでいます。先週指摘された咳については大きな問題にはならないのかなと思います。見た目は出走態勢が整ったと思いますが、あとは中身が伴っているか…。まあ、そこは実戦へ行ってみないと分からない部分ではあります。

相手関係に目を遣ると、OPでの実績があるのはウインレーベン。前走で障害初勝利を挙げた馬が5頭出てきますが、その中で初障害でしっかり勝ち切ったキャニオンロードは侮れない存在でしょう。

まあ、それでも新潟の舞台は大得意ですし、前走のようなレース運びが出来るようなら、大崩れはしない筈。あとはリミットブレイクを知り尽くしている五十嵐Jの手腕に託すのみです。故障明けの久々の1戦なので過度の期待は控えますが、力のあるところは見せて欲しです。

« 良いところなく終わってしまったデビュー戦。その後、ソエの回復に手間取り、ここまで復帰が遅れてしまうも、仕上がり+動きは良好。素質を秘めているのは確かなので、立て直した今回は本領発揮といきたいです。☆クレッセントムーン | トップページ | 前々で渋太さを生かす競馬で安定感。1頭強いのがいますが、早目のスパートで抜け出して欲しい。外回りの坂の下りをスムーズに走ることが出来るかどうかが1つポイント。☆ロードクエスト »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)リミットブレイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 良いところなく終わってしまったデビュー戦。その後、ソエの回復に手間取り、ここまで復帰が遅れてしまうも、仕上がり+動きは良好。素質を秘めているのは確かなので、立て直した今回は本領発揮といきたいです。☆クレッセントムーン | トップページ | 前々で渋太さを生かす競馬で安定感。1頭強いのがいますが、早目のスパートで抜け出して欲しい。外回りの坂の下りをスムーズに走ることが出来るかどうかが1つポイント。☆ロードクエスト »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ