最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 気性面の改善が図られたかはレースへ行ってみないと分からないも、去勢効果で体質は強化。ビシビシ追うことが出来て動きは上々。降級2戦目で前進して欲しい。☆リゾネーター | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牝馬・牧場組) »

2018年10月13日 (土)

12日の朝になって左前肢の繋ぎに腫れと熱感が判明。エコー検査の結果、浅屈腱炎の診断が下ってしまう。★ドレーク

Photo_3 ドレーク(牡・藤岡)父ルーラーシップ 母ディアアドマイヤ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:11日に坂路コースで追い切り
・次走予定:東京10月20日・芝2400m(藤岡康J)

藤岡師「11日に坂路で追い切りました。前で追い切りを行っていたヒーズインラブを追いかけていく形で単走で行いました。目標を見失うことなく、最後まで離されずについて行くことが出来ましたし、力強い走りを見せていました。ひと叩きしたことで動き・気持ちともにピリッとしてきて、気配は良くなっていますよ。来週も変則日程の為、週末にある程度負荷を掛けて、来週は輸送を考慮した調整で仕上げる予定です」(10/11近況)

助 手 7栗坂重 58.6- 43.4- 28.7- 13.6 馬なり余力
助 手 11栗坂良 54.6- 40.0- 26.1- 12.9 一杯に追う

・在厩場所:栗東トレセン/13日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定

藤岡師「11日に追い切りを無事に済ませ、その日は特に異状なかったものの、12日の朝に馬体チェックを行ったところ、左前肢の繋ぎに腫れと熱感が見られました。午後に診療所で詳しくエコー検査してもらったところ、残念ながら浅屈腱炎の診断がおりてしまいました。程度としては軽くはないとのことです。牧場の獣医師と相談した結果、ノーザンファームしがらきへ戻し、もう一度詳しく検査を行ったうえで、今後の方針を決めることになりました。次走は良い競馬が出来ると思っていただけに、このような結果になってしまい申し訳ありません。13日にノーザンファームしがらきへ移動する予定です」(10/12近況)

⇒⇒13日(土)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(13日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

中山戦を1度使い、次走へ向けて順調にきていたドレーク。1週前追い切りに当たる11日の坂路調教は活気十分。良い意味でピリッとしてきており、次は負けられない気持ちでした。

ただ、翌日になってまさかの報告が。12日の朝に馬体をチェックしたところ、左前肢の繋ぎに腫れと熱感が判明。詳しく検査を行った結果、浅屈腱炎の診断が下ってしまいました。まさに青天の霹靂。これまで蹄を気にしたことがあるぐらいで脚元の丈夫な馬というイメージだったのに…。夏場、ハードに鍛えてきたことで目に見えない疲れが溜まってきていたんでしょうねえ。

損傷の程度は軽くないとのことで、13日にNFしがらきへ移動後に再度詳しい検査を行うことに。それによって今後の方針が決まるとのことです。今の段階では長期休養を余儀なくされることは確定しています。

レースセンスの良さが光り、相手なりに走れるドレーク。決め手勝負だと辛い馬ですが、立ち回りの巧さでその弱点を補える馬。堅実に走りつつ、上のクラスを目指していける馬だっただけにこの戦線離脱は痛いですしショックです。まずは再検査によってどういう方針が示されるのかを静かに待ちたいと思います。

« 気性面の改善が図られたかはレースへ行ってみないと分からないも、去勢効果で体質は強化。ビシビシ追うことが出来て動きは上々。降級2戦目で前進して欲しい。☆リゾネーター | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牝馬・牧場組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ドレーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気性面の改善が図られたかはレースへ行ってみないと分からないも、去勢効果で体質は強化。ビシビシ追うことが出来て動きは上々。降級2戦目で前進して欲しい。☆リゾネーター | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牝馬・牧場組) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ