出資馬一覧

最近のコメント

« 勝ち馬の強さが際立った1戦も、差し有利な流れを正攻法の競馬で最後まで渋太く辛抱したのは優秀。3着に敗れはしましたが、競馬センスと確かな能力を見せる。☆ジーナアイリス | トップページ | 勝負どころでスムーズに動けなかったのは痛かったも、最後の直線で馬群を割ってくる脚は往年のキレを彷彿。堅実に頑張ってくれています。★ロードクエスト »

2018年9月13日 (木)

手脚の長い馬なのでタフな馬場はマイナスだったも、課題に挙がっていたワンペースの走りで3着。良馬場で見直したいも、即巻き返せるかとなると…。★プレミアムギフト

Photo プレミアムギフト(牝・高野)父オルフェーヴル 母インディアナギャル

9月9日(日)阪神5R・2歳新馬・混合・芝2000mにM.デムーロJで出走。6頭立て1番人気で4枠4番からスローペースの道中を3、3、5、5番手と進み、直線では外を通って1秒3差の3着でした。馬場は稍重。タイム2分03秒5、上がり36秒3。馬体重は516キロでした。

○デムーロ騎手 「とても大柄なタイプ。今日のような緩い馬場は合わない感じです。乾いたコースならば結果も違ったのでは・・・。まだ若さは残るものの、非常に真面目な性格。きっと走って来ると思いますよ」

○高野調教師 「これだけの血統馬。人気も集めていただけに申し訳ない気持ちながら、まだ追い切りでも全体では速いタイムが出ておらず・・・。それでもレースは相応の形に。初戦は残念な結果に終わったものの、後々は必ずや活躍が見込めるはずですよ。ひとまず厩舎へ戻って様子を確認。その上で新たなプランを検討したいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ほぼ仕上がる。ソロッと行かせて好位。前半は折り合い重視。フワフワしたのか、3角で少し置かれたが、4角手前から追い上げ開始。1ハロン標手前で3番手に上がったが、そこから上位2頭にジワジワ離されてしまった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○高野調教師 「脚元等は大丈夫そうです。思ったよりはダメージが少ないのかも。見た目には元気に過ごしていますね。とは言え、まだ歩行運動。このまま厩舎で調整を続けるか、一旦リセットするのがベターか・・・。再び跨った感触を踏まえて決めましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パドックに登場したプレミアムギフトはチャカチャカして煩い面を覗かせるのかなと見ていましたが、血統馬らしい品の良さを見せ、落ち着いた雰囲気。丹念に乗り込んできた割に馬体の張りは一息でしたが、仕上がり自体は良かったと思います。ただ、牡馬相手の新馬戦で2倍を切っていたのは過剰な人気だなと見ていました。

スタートはそれほど速くなかったですが、6頭立てなのでロスには繋がらず。エクザルフが押し出されるような形でハナへと行きました。ただ、2歳新馬にありがちな15-15のような遅い流れにはならず、淡々とした平均ペース。渋った馬場だったことを考慮すれば、タフなレースになったのかなと思います。

プレミアムギフトは折り合いもしっかり付いて3番手追走。悪くない感じで追走していたと思いますが、3角手前でメリーメーキングに外から交わされるとフワッとしてズブさを覗かせましたが、4角を回ってくる時点で前は射程圏内。あとは直線でギアチェンジが出来ればという状況だったと思います。

そして勝負の直線。M.デムーロJの左鞭が入ったプレミアムギフトは反応して一瞬伸びてくる感じはあったのですが、馬場にノメるような感じで脚取りが重くなってしまい推進力を欠く走りに。パタッと止まることはなかったですが、馬場を苦にすることなく伸びていった2頭とは大きく離されていきました。

手脚の長い馬なので渋った馬場は間違いなくマイナスだったと思いますが、追い切り時に課題として挙げられていたワンペースの走りだったのも事実。期待していた1頭なのでこの結果には正直ガクッと来ました。

レース後のプレミアムギフトは今のところ疲れは窺えず、むしろ元気一杯。父譲りの体力があるのは○。今後について一旦放牧を挟むかどうかはもう少し様子を見てからになりますが、おそらく続戦しそうな雰囲気。中2週のローテで来月7日の京都・芝2000mが有力かなと見ています。軽い芝+直線平坦の京都で改めてどういう走りが出来るのか、早く見てみたいです。

« 勝ち馬の強さが際立った1戦も、差し有利な流れを正攻法の競馬で最後まで渋太く辛抱したのは優秀。3着に敗れはしましたが、競馬センスと確かな能力を見せる。☆ジーナアイリス | トップページ | 勝負どころでスムーズに動けなかったのは痛かったも、最後の直線で馬群を割ってくる脚は往年のキレを彷彿。堅実に頑張ってくれています。★ロードクエスト »

プレミアムギフト」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝ち馬の強さが際立った1戦も、差し有利な流れを正攻法の競馬で最後まで渋太く辛抱したのは優秀。3着に敗れはしましたが、競馬センスと確かな能力を見せる。☆ジーナアイリス | トップページ | 勝負どころでスムーズに動けなかったのは痛かったも、最後の直線で馬群を割ってくる脚は往年のキレを彷彿。堅実に頑張ってくれています。★ロードクエスト »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ