2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 前走の大敗からどこまで変わってくれるかは未知数も、今回は実績のある舞台と条件は好転。馬場の悪化が早まって欲しい。★ロードプレミアム | トップページ | 27日に美浦・菊沢厩舎へ戻っています。☆アンブロジオ »

2018年9月29日 (土)

テンションの高さからゲート内で落ち着きを欠き、ボコッと出遅れ。道中は深追いせずに折り合いに専念。最後は目立つ脚で外から差を詰めてくるも前有利の展開では3着まで。改めて能力の高さは示す。☆ダイアトニック

Photo ダイアトニック(牡・安田隆)父ロードカナロア 母トゥハーモニー

日曜中山10R 外房特別(芝1600m)3着(1番人気) 北村友J

スタートで後手を踏み、道中は後方3番手を追走、4コーナーで徐々に前との差を詰めていき、直線は上がり最速の脚を繰り出して3着まで追い上げたところでゴールしています。

北村友騎手「返し馬から結構気が入っていましたし、ゲートの中でも落ち着きがなく、伸び上がるようにゲートを出てしまいました。ペースもあまり流れなかったですし、最後は差を詰めてくれているものの、前半のポジションの差が出てしまいました。今日はスタートが勿体なかったですね」

安田隆調教師「出来れば4番手以内くらいで運びたいなと思っていたのですが、伸び上がるようにゲートを出たことで、スタートで後手を踏んでしまいました。前に行った組で決まってしまったように、ペースが落ち着いてしまいましたし、いつもほどの伸び脚は見られなかったですね。この後はトレセンに戻って状態を確認させていただいてから、どうするか考えたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

張りのある好馬体も少し歩様は硬め。出遅れて後方で脚をタメる。4角では外から蓋をされてて容易に動けない状況。それでも直線は外から伸びてきたが、前を行って内をロスなく通っていた2頭が上位だけに、2着馬に迫るのが精一杯だった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:26日に滋賀県・NFしがらきへ放牧

安田隆師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、歩様の硬さ以外は特に状態は変わりありませんでした。久々と輸送の影響からテンションが高くなってしまった為に、タイミングよくゲートを出ることが出来ませんでしたが、五分に出ていれば勝ち上がっていたでしょう。ここに来て硬さが目立つようになってきているのは心配なところではありますが、レースにいけばしっかり力を示してくれるので、次走もいい状態で臨めるように、今回も放牧に出して馬体のケアを行ってもらいます。26日にNFしがらきへ放牧に出させていただきました」(9/26近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今回が5戦目となるダイアトニック。毎回違う競馬で使われてきたので輸送はへっちゃらだと思っていたのですが、今回はパドックから幾らかテンションが高め。返し馬でも力んで走っていたとのこと。まだまだキャリアが浅い面が出てしまったのかなと思います。

そしてそのテンションの高さがゲートでも悪い方に。ゲート内で落ち着きを欠き、伸びあがるようにゲートを出てしまうことに。二の脚で幾らかリカバーできたので大きく置かれることはなかったですが、歩様に硬さが残る現状から序盤は深追いせずに折り合いに専念。後方から3番手の位置取りで脚を溜めることとなりました。

本当は勝負どころから外目を動いて前との差を詰めたかったのですが、武豊Jのベストリゾートに蓋をされる形で動くに動けず。北村友Jは下手に動かずに直線でスペースが開くことを待ちました。その結果、上手に進路を確保することは出来たのですが、いざ追い出してからの反応が一息。他馬の動きに釣られ、外へ2度ほど膨らみかけたのが痛かったです。最後の最後に素晴らしい切れ味を発揮しただけにちょっとしたロスが勿体なかったです。

まあ、それでもやや後方の位置から脚を溜め、最後に切れ味を発揮した走りは悪くなかったと思います。負けはしましたが、レースの幅を広げることは出来ましたし、改めて性能の高さを実感しました。このクラスを勝つのは時間の問題ですし、準OPに昇級してもすぐ勝ち負けできるレベルにはあると思います。

レース後のダイアトニックですが、クタッとした感じは窺えないも、歩様の硬さは相変わらず。馬体が充実してきたことで余計に目立つようになってきたのかなと思うのですが…。骨折などの故障に繋がる可能性が高まるので、他馬以上に日々のケアを入念にお願いします。高い能力を秘めるのは明らかなので、今回の放牧は意識的に時間を設けて、馬体のメンテナンス+心身の成長に力を注いでもらいたいです。

« 前走の大敗からどこまで変わってくれるかは未知数も、今回は実績のある舞台と条件は好転。馬場の悪化が早まって欲しい。★ロードプレミアム | トップページ | 27日に美浦・菊沢厩舎へ戻っています。☆アンブロジオ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ダイアトニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前走の大敗からどこまで変わってくれるかは未知数も、今回は実績のある舞台と条件は好転。馬場の悪化が早まって欲しい。★ロードプレミアム | トップページ | 27日に美浦・菊沢厩舎へ戻っています。☆アンブロジオ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ