最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(関西牝馬・NFしがらき組) | トップページ | 入厩後、一頓挫こそあったも、ここまで坂路で入念な乗り込み。手脚の長い馬なので渋った馬場はプラスではないも、素質を秘めるのは間違いなく、牡馬相手にどこまでやれるか。☆プレミアムギフト »

2018年9月 9日 (日)

体質強化に少し時間を要したも、大きな怪我なくデビュー戦を迎えることが出来たのは何より。ただ、ここは牡馬の強者揃い。未完成の現状でこれらと対等以上の競馬は難しいかも…。まずは無事走り終えて欲しい。☆ジーナアイリス

Photo ジーナアイリス(牝・田村)父ゴールドアリュール 母ディアジーナ

日曜中山4R メイクデビュー中山 2歳新馬(ダ1800m)6枠10番 内田J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:5日に南Wコースで時計

田村師「5日に南Wコースで追い切りを行いました。先週も併せてやっていますが、少し足りない印象があったので、今週も併せて追い切りました。2歳未勝利馬相手に直線で思ったよりも早めに抜け出すことになったので、終いは少しフワッとしてしまいましたが、最後まで馬体を併せる形になっていればもっといいタイムが出ていたと思いますよ。スクミの症状が出ることなく順調に本数を積んでこられましたし、動きも水準以上にあると思いますから、初戦からどんな走りを見せてくれるのか楽しみにしています」(9/5近況)

江田勇 5南W重 68.0- 52.9- 38.9- 13.9 強目に追う ハートハーツ(二未勝)一杯の外1.0秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回中山2日目(09月09日)
4R メイクデビュー中山 2歳新馬
サラ ダ1800メートル 指定 混合 馬齢 発走11:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ヴェンセールシチー 牡2 54 丸田恭介
2 2 ブラックアルテミス 牝2 52 横山武史
3 3 コーズオブラヴ 牡2 54 大野拓弥
3 4 オニカゲ 牡2 54 蛯名正義
4 5 ヨンク 牡2 54 石川裕紀人
4 6 マリヒメ 牝2 54 丸山元気
5 7 ナモラード 牡2 54 黛弘人
5 8 アドアステラ 牝2 54 柴田大知
6 9 スカイファルコン 牡2 54 吉田隼人
6 10 ジーナアイリス 牝2 54 内田博幸
7 11 シャドウハンター 牡2 54 戸崎圭太
7 12 ブリッツェンシチー 牡2 54 北村宏司
8 13 ガルヴィハーラ 牡2 54 C.ルメール
8 14 アーチザンバレット 牡2 54 田辺裕信

○田村師 「ゲート試験合格後、放牧を挟んで再入厩。目立つ時計は出てませんが、動きは悪くないし、体質もしっかりしてます」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【うわさの2歳馬】ダートは合う~ジーナアイリス(夕刊フジより)

【中山4R】ジーナアイリスは、同じ田村厩舎に在籍していた母ディアジーナがサンスポ賞フローラS勝ち。5日のWコースで5F67秒5をマークし、併せた同期に1秒先着した。「これまでの併せ馬では常に優勢。馬格があるのでダートは合う」と、トレーナーの期待は大きい。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1次募集から申し込んだお馬さんではありませんが、物覚えが良く、無駄なことを一切しない優等生ぶりに惹かれて出資したのがディアジーナの16ことジーナアイリス。活躍した母のラストクロップ+その母と縁のある厩舎へ戻ったというのも出資への後押しとなりました。また、牡馬顔負けの雄大な馬体に父ゴールドアリュール。目指す路線も見えていました。

馴致をスムーズに進め、一足先に馬場での騎乗運動を開始したジーナアイリスは1歳の暮れまでに普通キャンターで登坂するまでに。同期の中でも1番進んだ組に入っていたと思います。ただ、筋肉の質が幼く、疲れが溜まりやすい体質を露呈。若駒にありがちなスクミの症状を見せることもありました。その為、年が明けて2歳になった当初はペースアップを一旦ストップし、コツコツ乗り進めることで体力・体質強化に努めてきました。

その為、同期の早い組からは遅れを取りましたが、マイペース調整で大きな怪我をすることなく育成は進み、6月8日に美浦・田村厩舎へ入厩する運びとなりました。

競走馬としての第一関門のゲートは練習では枠入りを渋るところを覗かせていましたが、練習がてらに受けた試験を1発合格。入厩して1週間ほどでクリアしてくれました。少し我の強さを隠し持っているも、精神的に冷静でコントロールが利くのは大きな武器です。

ゲート試験合格後はNF天栄へ戻して再調整。ゲート練習で疲れた馬体を一旦リセットし、ダートの中距離戦が多くなる時期まで地道な体力強化に努めてきました。とにかくデビュー当日まで大きな怪我なく辿り着いたことは褒めてあげたいです。

再帰厩後はココを目標に坂路とWコースを併用して追い切りを消化。ビックリするような時計は出ていませんが、ビシッと攻めることが出来ていますし、併せ馬では先着するケースがほとんど。ひと追い毎に態勢は整ってきたと思います。

ただ、ダートの中距離戦の新馬戦はまだまだ少ない現状。関西馬の参戦こそなかったですが、厩舎が期待を寄せる砂巧者が集まりやすいと思います。中央場所での初めての1戦ということでかなり相手は揃っていますし、その中でC.ルメールJが跨るガルヴィハーラはかなりの大物かもしれません。外目の偶数枠を引き当ててレースはしやすいかなと思いますが、現状の完成度も考慮すると、これらと対等以上の競馬に持ち込むのは容易ではありません。それ故、デビュー戦の今回は着順は二の次でまずは無事にレースを終えてもらえればと思います。そしてその中で今後に期待を抱かせる走りを見せてくれることを願っています。

« シルクなお馬さん(関西牝馬・NFしがらき組) | トップページ | 入厩後、一頓挫こそあったも、ここまで坂路で入念な乗り込み。手脚の長い馬なので渋った馬場はプラスではないも、素質を秘めるのは間違いなく、牡馬相手にどこまでやれるか。☆プレミアムギフト »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ジーナアイリス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(関西牝馬・NFしがらき組) | トップページ | 入厩後、一頓挫こそあったも、ここまで坂路で入念な乗り込み。手脚の長い馬なので渋った馬場はプラスではないも、素質を秘めるのは間違いなく、牡馬相手にどこまでやれるか。☆プレミアムギフト »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ