2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 検討を重ねた結果、松山Jとのコンビで来月8日の京都大賞典へ向かうことがほぼほぼ決定。☆モンドインテロ | トップページ | 炎の十番勝負2018・秋 »

2018年9月30日 (日)

ロードなお馬さん(藤原英厩舎・牧場組)

Photo ロードアブソルート

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「9月20日(木)に時計を記録。この間よりも長い5ハロンからペースを速めると、後半にハミの取り方が弱くなる感じでした。現状は前向きさが足りないだけに、同様の稽古を繰り返す必要がありそう。移動を意識するのはまだ早いかも知れません」

Photo ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。

○当地スタッフ 「先週半ばに両トモが強く浮腫みました。体温の上昇こそ認められなかったとは言え、明らかにコンディションが落ちている状況。時間の経過と共に内面的な疲れが表へ出たのだと思います。乗りながら徐々に症状は緩和。じっくり立て直しましょう」

Photo フォーエバーローズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1000m→ハッキング500m。

○当地スタッフ 「徐々に踏ん張りが利くように変わっている印象を受け、ここに来てダクの歩様が随分と良くなったのは好材料。そのような状況を踏まえ、500mのハッキングを交えています。ただ、一気に進めると反動が生じる可能性も。慎重な姿勢で接したいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アブソルートは順調に調教を重ねることが出来ている一方、動きの質はまだまだ。体力面での見劣りを感じます。来月一杯は牧場でしっかり乗り込みを継続する必要がありそうです。移動はその後の状態・動きを見てからで良いでしょう。

元々、トモがパンとしていないダヴィンチですが、この中間にトモが浮腫む症状が発生。見た目にクタッとした感じは窺えないも、疲れが出ていた様子。少し時間が経過して不調の底は脱しましたが、トモを中心に馬体のメンテナンスを優先してもらいたいです。

フォーエバーローズは少しずつ良化を辿っているのは○。引き続きケアを優先してもらって、更なる良化を促してもらえればと思います。焦っても仕方ないので、1歩1歩確実に進めていくことを意識していってもらいたいです。

« 検討を重ねた結果、松山Jとのコンビで来月8日の京都大賞典へ向かうことがほぼほぼ決定。☆モンドインテロ | トップページ | 炎の十番勝負2018・秋 »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードダヴィンチ」カテゴリの記事

(引退)フォーエバーローズ」カテゴリの記事

(地方競馬)ロードアブソルート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 検討を重ねた結果、松山Jとのコンビで来月8日の京都大賞典へ向かうことがほぼほぼ決定。☆モンドインテロ | トップページ | 炎の十番勝負2018・秋 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ