2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 20日に美浦・武市厩舎へ戻っています。☆グランドサッシュ | トップページ | 約4ヶ月の充電期間を経ての実戦。器用さが生きるこの条件は合っていますし、しっかり勝ち切って大舞台へ道を切り拓いて欲しい。☆ドレーク »

2018年9月22日 (土)

除外で1週延びましたが、その影響は少なそう。1頭強い馬はいますが、まずは自分のリズムで走り切って、今後に繋がるモノを見せてほしい。★マカリカ

Photo マカリカ(牝・久保田)父ロードカナロア 母フィラデルフィア

9月22日(土)中山5R・2歳新馬・混合・芝1600mに三浦Jで出走します。9月19日(水)良の美浦・坂路コースで1本目に55.4-40.7-26.8-13.2 馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手を0秒6追走して同時入線。追い切りの短評は「動き軽快」でした。発走は12時25分です。

○久保田調教師 「当初の予定よりも延びたとは言え、除外の影響が感じられない仕上がり。9月19日(水)は微調整程度で駆け登りました。14日(金)の段階で思ったよりもゲートの反応が鈍かっただけに、21日(金)に改めてタイミングを確認しておきましょう」

≪調教時計≫
18.09.19 調教師 美南坂良1回 55.4 40.7 26.8 13.2 馬なり余力 カラフルワールド(3歳未勝利)馬なりを0秒6追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回中山6日目(09月22日)
5R メイクデビュー中山 2歳新馬
サラ 芝1600メートル 指定 混合 馬齢 発走12:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 カフェアリアドネ 牝2 52 藤田菜七子
1 2 ヤマニンスマイリー 牝2 54 柴山雄一
2 3 バレットタイム 牡2 54 石橋脩
2 4 サンディレクション 牡2 54 大野拓弥
3 5 マカリカ 牝2 54 三浦皇成
3 6 ユキノディライト 牡2 54 田中勝春
4 7 ワールドイズマイン 牝2 54 丸山元気
4 8 グレルグリーン 牡2 54 石川裕紀人
5 9 マイネルペルマナン 牡2 54 柴田大知
5 10 フィアーバ 牝2 54 石神深一
6 11 ロンドンテソーロ 牡2 54 吉田隼人
6 12 ストロングコンビ 牡2 53 武藤雅
7 13 シナリオライン 牡2 54 内田博幸
7 14 マリノオークション 牝2 53 木幡巧也
8 15 ルガールカルム 牝2 54 C.ルメール
8 16 サドラーチョウサン 牝2 54 北村宏司

○池内助手 「先週のゲートが遅かったので、除外で練習を積めたのは却って良かったです。小柄で非力ですが、いい背中をしています」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初仔で5月生まれということで小ささを懸念していたフィラデルフィアの16ことマカリカ。ほぼ同時期にロードアクア・スティルネスも募集締切となりましたが、アーモンドアイの活躍によるロードカナロア産駒の牝馬という魅力、可動域の広い歩様でトビの大きい走り、他馬に動じない気持ちの強さなどに惹かれて、募集締切の案内と同時に出資しました。

育成時のマカリカは大きな問題なく淡々と乗り込みを消化。5月頭に千葉の分場へ移動し、そこで最終仕上げを行った後、6月7日に美浦・久保田厩舎へやってきました。

環境に左右されやすい牝馬が多い中、マカリカは食欲が落ちることなく、新しい環境に戸惑う面を見えずにスムーズに適応。第一関門のゲート試験に関しても、学習能力の良さから1発で無事合格することが出来ました。

その後は美浦で2・3本追い切りを消化、このままデビューするのか一息入れるのかを様子を見てきましたが、小柄で遅生まれという現実を踏まえ、千葉のケイアイファームへ戻して再調整することとなりました。

今年の夏は非常に暑く、同期の馬は熱発を発症したりと悩まされてきましたが、マカリカは体調を崩すことなく与えられたメニューをコツコツ消化。成長曲線が緩やかなのでガラッと良くなった感じは窺えないも、放牧を挟んでこの馬なりにしっかりしてきています。

そして8月23日に再度美浦へと戻ってきた後は中山2週目の牝馬限定戦のマイルを目標に調教・追い切りを開始。坂路ではなかなか素軽そうな動きを見せていますが、チップを入れ替えて若駒にはタフな馬場となっているWコースでは地味な動き。追ってからグッと来る感じは窺えませんが、非力さが残る現状+軽い芝で力を発揮するタイプなので案外な追い切り内容は深刻に考えることはありません。また、先週のデビュー予定が除外で1週延びてしまいましたが、その悪い影響はなさそうです。むしろ追い切りを重ねることが出来て、自身の仕上がりは更に進んだように思います。

相手関係に目をやると、ここは同じロードカナロア牝馬のルガールカルムが追い切りの動き等を見ると1枚上の存在。人気もかなり集中すると思います。マカリカ自身は2着候補の1頭という感じ。ただ、雨の影響が残る馬場は先週のエレンボーゲンのように大幅なマイナスに思います。

それ故、デビュー戦に関しては、過度の期待は控えますが、気持ちのしっかりした馬なので現状の力は出し切ってくれるかと思います。その中で今後に繋がるモノを見せてくれれば。好枠を生かした競馬を心掛けてもらえればと思います。

« 20日に美浦・武市厩舎へ戻っています。☆グランドサッシュ | トップページ | 約4ヶ月の充電期間を経ての実戦。器用さが生きるこの条件は合っていますし、しっかり勝ち切って大舞台へ道を切り拓いて欲しい。☆ドレーク »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)マカリカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 20日に美浦・武市厩舎へ戻っています。☆グランドサッシュ | トップページ | 約4ヶ月の充電期間を経ての実戦。器用さが生きるこの条件は合っていますし、しっかり勝ち切って大舞台へ道を切り拓いて欲しい。☆ドレーク »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ