2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 4着の前走より相手関係は強化されるも、今回はハンデ戦。最内枠と前走から3キロ減を生かして今回も最後まで食らい付いて欲しい。☆シルクドリーマー | トップページ | 2戦目が22日に中山・芝1800mに決まりました。☆ロジャーズクライ »

2018年9月 2日 (日)

中2週のローテで再度の小倉遠征は楽ではありませんが、前走の内容から1200mの適性は高く、最終週の時計の要る馬場もプラスの筈。自分のリズムを守って走って来て欲しい。☆シングルアップ

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

日曜小倉11R 小倉2歳S(芝1200m)4枠5番 松山J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:29日にCWコースで追い切り

寺島師「順調そのものですね。前走後に小倉からトレセンに戻ってきた後も疲れを見せることもなく、普段はとても落ち着いており、オンオフの切り替えがしっかり出来ていました。29日に松山騎手を背にCWコースで追い切りましたが、反応を確認する程度だったものの、最後まで余力十分でしたよ。角馬場から馬場に移動する際、2歳馬らしく幼いところを見せていましたが、いざ走りだすと集中して折り合っていましたし、理想の追い切りが行えました。前走は久々で動き・反応ともに少し鈍いところがありながらあれだけ強い内容で勝ってくれたのですから、上積みから更にいい走りを見せてくれるでしょう。パワーがある馬なので、馬場が悪くなったとしても気にならないでしょうし、他の馬が苦にする分有利になるでしょう。追い切り翌日の馬体重計測では526キロでしたので、輸送を考慮しても丁度いいぐらいで出走できると思います。唯一の2勝馬ですし、貫録を見せてほしいですね」

松山騎手「反応を確認する程度で抑えるように指示が出ていましたが、前走より動き・反応ともに良くなっていましたよ。上積みが感じられ、道中も折り合っていましたし、コーナーリングも問題ありませんでした。前走は少しモタモタするところがありましたが、状態が上がっているのが分かりますし、今回はいい走りが期待できそうです」(8/30近況)

助 手 26栗坂良 60.1- 44.6- 29.0- 14.1 馬なり余力
松 山 29CW良 86.9- 68.6- 53.0- 39.2- 12.2 強目に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回小倉12日目(09月02日)
11R 小倉2歳S(G3)
サラ 芝1200メートル 2歳OP 特指 国際 馬齢 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 チュウワフライヤー 牝2 54 川又賢治
2 2 エイシンノホシ 牝2 54 酒井学
3 3 ルチアーナミノル 牝2 54 浜中俊
3 4 セプタリアン 牡2 54 北村友一
4 5 シングルアップ 牡2 54 松山弘平
4 6 ファンタジスト 牡2 54 武豊
5 7 カシノティーダ 牝2 54 高倉稜
5 8 ミヤジシルフィード 牡2 54 和田竜二
6 9 アズマヘリテージ 牝2 54 荻野極
6 10 アーデントリー 牡2 54 太宰啓介
7 11 タムロドリーム 牝2 54 川須栄彦
7 12 ブルベアオーロ 牡2 54 幸英明
8 13 タガノジェロディ 牡2 54 鮫島克駿
8 14 ジャカランダシティ 牡2 54 B.アヴドゥラ

○寺島師 「今週は単走でやったけど、落ち着いていたし、終い1ハロンの動きは今までで1番でした。前走、小倉でもいい競馬ができましたし、頭数が多くなっても変にタメたりせず、自分で動いていく形で運べれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【小倉2歳S】シングル、“静”の仕上げでV3だ 寺島師も納得(スポニチより)

第38回小倉2歳Sの追い切りが29日、小倉競馬場、栗東トレセンで行われた。デビュー2連勝のシングルアップは“静”に徹した。朝一番のCWコースで松山を背に単走。ゆっくりキャンターに下ろし序盤は折り合いに専念。ラスト3Fからピッチを上げ、馬なりで流してラスト1F12秒2。中2週での輸送を考慮し上がり重点の内容だったが、促せばすぐにでもハジけそうな手応え。寺島師は納得の表情を浮かべる。

「前走は併せ馬で気持ちを乗せ過ぎてしまったので、今回は反応を確かめる程度。元々、完成度が高い馬だが、さらに力強さが増していますね」

阪神7Fの新馬戦は好位から押し切りV。前走のフェニックス賞は、前半3F33秒3のハイラップを自ら刻んで逃げ切った。師は「二の脚が速くセンスがいい。この舞台は合っているし、どんな競馬もできるので」と大人びた走りを高く評価する。天性のスピードを武器に無敗で小倉チャンプを狙う。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

7頭の内、3頭が未勝利馬だった前走のフェニックス賞。勝って当たり前の相手関係でしたが、押し出される形でそれなりの流れを形成。4角を回ってくる時の手応えはそれほど良くなかったですが、最後の直線でいざ追われると最後まで渋太く脚を使って2連勝。余裕を持たせた造りで臨んだことを考慮すれば、1分8秒4の時計は優秀な部類。1200mにスムーズに対応できたことも評価して良いでしょう。

快勝の前走から中2週のローテで臨む今回。再度の小倉への長距離輸送は楽ではありませんが、中間の調整は順調そのもの。ひと叩きしたことで馬体にメリハリが出て、雰囲気は更に良化いる様子。元々体力のある馬なので何とか辛抱してくれるでしょう。

あとは相手強化+多頭数の競馬にどう対応できるか。前走は確勝を期してハナへ行く選択をしたので、逃げないとダメな馬ではありません。ただ、瞬時に反応できる馬でもないので、レースの流れに乗っていって自分のリズムで前を捕らえに行く走りがベスト。新馬戦のような機動力を生かした走りを見せて欲しいです。

キャリアの浅い2歳馬同士の1戦。未知の部分を多く残しているので馬券的にも難しい1戦でしょうが、同じ舞台を連続して走れるのもシングルアップの利点。馬場は良まで回復しそうですが、最終週で力を要する舞台の筈。500キロを優に超えるパワー型の同馬にはプラスに働いてくれるでしょう。あとは主戦の松山Jの冷静な手綱捌きを期待しています。

« 4着の前走より相手関係は強化されるも、今回はハンデ戦。最内枠と前走から3キロ減を生かして今回も最後まで食らい付いて欲しい。☆シルクドリーマー | トップページ | 2戦目が22日に中山・芝1800mに決まりました。☆ロジャーズクライ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

シングルアップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4着の前走より相手関係は強化されるも、今回はハンデ戦。最内枠と前走から3キロ減を生かして今回も最後まで食らい付いて欲しい。☆シルクドリーマー | トップページ | 2戦目が22日に中山・芝1800mに決まりました。☆ロジャーズクライ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ