2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(藤原英厩舎・牧場組) | トップページ | 14日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆ウォリアーズクロス »

2018年9月19日 (水)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・北海道組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本に周回コースで軽めのキャンター1800m、週1回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めの調整

担当者「引き続き坂路と周回コースでの調教を行っています。夏場に1度体調を崩してからここまで順調に進められています。涼しくなったことで馬も元気に調教に臨めております。元々ハロン14秒ペースまで乗り込まれていたこともあり、手応え良くスピード感溢れる走りを見せてくれています」(9/14近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回トレッドミルでダク10分、週1回トレッドミルでダク5分、週1回トレッドミルで常歩20分

担当者「この中間からトレッドミルでのダクを開始しています。球節の腫れはやや良化してきました。それでもトモがしっかりしてくるまでは大きくメニューを変えて進めることは出来ませんので、この調子で1歩ずつ前進していければと思います」(9/14近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター2250m、週2回トレッドミルで軽めのキャンター、残りの日は軽めの調整

担当者「先月と比べると左トモの状態は幾分良くなりつつあります。定期的に行うチェックでもこの調子ならペースを上げても問題ないという獣医の許可が下りましたので、早速ペースを上げています。引き続きトモに負担が掛かり過ぎないようケアをしっかり行いながら進めていきます」(9/14近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター1600m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調に調教を行えています。他馬との併せ馬で集中して走ってくれますし、精神的に成長が窺えます。今後も調教にメリハリを付けながら乗り込んでいきたいと思いますが、くれぐれも状態を優先することには変わりありません 」(9/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは夏バテの兆候が見られた時がありましたが、少しメニューを軽減することで対応。その後はこれまで通り、意欲的な調整が続いています。走ることに対して良いモノを秘めていますが、幼い面が残るので精神面の充実・強化も意識して進めてもらえればと思います。

ジェラーニオはトレッドミルでのダクを開始。少しずつ進んでいますが、球節の腫れは残っているので、まだまだゆっくり進めていくしかありません。

フロントラインは左トモがウィークポイント。それでも一時期の不調を脱し、この馬なりのペースで良化を遂げていっています。今後も反動に気をつけつつ、調教の負荷を淡々と増やしていってもらえればと思います。

ボンディマンシュもトモに疲れが出やすい馬ですが、不安を見せることなく坂路を駆け上がっています。ただ、好調が長く続く現状ではないので、ちょっとした疲れのサインを見逃さないようにお願いします。

« ロードなお馬さん(藤原英厩舎・牧場組) | トップページ | 14日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆ウォリアーズクロス »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

パラダイスリーフ」カテゴリの記事

ボンディマンシュ」カテゴリの記事

(引退)フロントライン」カテゴリの記事

(引退)ジェラーニオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(藤原英厩舎・牧場組) | トップページ | 14日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆ウォリアーズクロス »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ