出資馬一覧

« 今週の出走馬(9/15・16・17) | トップページ | 13日に帰厩。スーパー未勝利で初勝利を掴み取りたいも、現状の見通しは暗くて…。★ケイティーズソレル »

2018年9月14日 (金)

12日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:12日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:10月14日の京都・秋華賞(G1)・C.ルメールJ

国枝師「予定通り12日に帰厩させていただきました。オークス後はかなり疲労があったもののノーザンファーム天栄がしっかりとケアをしてくれましたし、その後の立ち上げからここまでも予定通りに進めてくれました。牝馬三冠がかかるこの秋はとても注目を集める存在だと思いますし、秋華賞できちんと結果を出してその後の状態に問題がなければ一つの選択肢としてジャパンCへの挑戦も考えられればいいなと思ってはいますが、まずは万全の態勢で秋華賞へ出走させることだけに集中したいと思います」(9/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牝馬2冠アーモンドアイ、ジャパンC参戦も(スポーツ報知)

春の牝馬2冠を完勝したアーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝厩舎)が、秋初戦となる秋華賞の後にジャパンC(11月25日、東京)への参戦を視野に入れていることが12日、分かった。

オークスの後は福島・ノーザンファーム天栄へ放牧に出され、12日に美浦トレセンへ帰厩。国枝調教師は「見た感じでは成長している。ぶっつけ本番になるけど、調教で仕上がるタイプ。あと1か月、しっかりやっていきたい」と、決戦が迫り改めて決意を表明した。

この日、美浦トレセンを訪れたシルクレーシング代表の米本昌史氏は「レースを使って反動が出る馬。あくまで馬の様子を見てから、その後を決めることになるでしょう」と前置きした上で、今後のローテについて言及。「秋にもう一戦使うとなると、ジャパンCが有力。オークスで強い勝ち方をしていますから」と世界の強豪が集う一戦へ意欲をのぞかせた。

ジャパンCを過去に制した3歳牝馬は、12年牝馬3冠馬のジェンティルドンナのみ。「まずは秋華賞。いい結果を残したいですね」と米本氏。同じノーザンファーム生産の歴史的名牝を追い、いよいよ秋の戦いがスタートする。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

近況が更新される度に無事であることに胸を撫で下ろしていたアーモンドアイ。大きなトラブルなく、コツコツ乗り進めながら夏を越せたのは何より。無事+鍛えることが出来たので、春から進化しているのは間違いないところでしょう。

そのアーモンドアイは12日に無事美浦へ。ひと夏越して逞しさが増しただけでなく、精神的に落ち着きも出てきた様子。それが馬体増に繋がっているように思います。

今週末から時計を出し始め、まずは万全の状態で秋華賞へ向えるように着実に状態を上げていってもらえればと思います。

« 今週の出走馬(9/15・16・17) | トップページ | 13日に帰厩。スーパー未勝利で初勝利を掴み取りたいも、現状の見通しは暗くて…。★ケイティーズソレル »

アーモンドアイ」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の出走馬(9/15・16・17) | トップページ | 13日に帰厩。スーパー未勝利で初勝利を掴み取りたいも、現状の見通しは暗くて…。★ケイティーズソレル »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ