最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 懸念したスタートで後手を踏み、レースの流れに乗り損ねる。最後までジリジリ脚は使っているも、見せ場を作るところまでは行かず。ホロ苦いデビュー戦になってしまいました。★エレンボーゲン | トップページ | ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組) »

2018年9月21日 (金)

3角あたりでスーッと下がっていった時は故障を覚悟するも、実際は気難しさを発揮してレースを止めてしまう。1度使って前進してくれるものと期待したのですが…。★インペリオアスール

Photo_3 インペリオアスール(牡・渡辺)父エンパイアメーカー 母アビ

土曜阪神6R 3歳上500万下(ダ1800m)13着(10番人気) 荻野極J

大外13番枠から五分にスタートを決めると、後方10番手あたりに控えて最初のコーナーに差し掛かっていきます。流れが速くなると徐々に置かれ気味になり、残り800mを切ったあたりで最後方まで下がってしまいます。最後の直線ではジョッキーの判断で無理せず流す形でゴールしています。なお「タイムオーバーによる出走制限」のため、平成30年10月15日まで平地競走に出走できません。

荻野極騎手「もう一列前に行こうと思えば行けたと思いますが、大外枠ですし、無理に脚を使って終いが甘くなってしまう可能性があったので、控えて中団に取り付けました。そのまま流れに乗っていけると思っていたのですが、向こう正面で流れが速くなったところで急に手応えが怪しくなってしまったので、馬体に何かしら異常があったのではないかと思いました。馬の状態が心配になったので、無理せず歩様など確認しながらゴールしましたが、息づかいは止め際に少し気になったぐらいで道中は問題なかったですし、脚元・歩様も特に気になるところはありませんでした。敗因を強いてあげるとすれば、中団に控えた時に気持ちがフッと落ち着き過ぎてしまったところがあったので、そこで走る気持ちがなくなってしまったのかもしれません」

渡辺調教師「馬体重は前走と変わりない数字でしたが、馬体は引き締まっていましたし、ひと叩きした効果が見られたと思います。上積みから前走以上の走りを期待しましたが、向こう正面で早々とバテてしまいました。レース後すぐに状態を確認しましたが、馬体に異常は見られませんでした。距離が100m延びたとはいえ、早々に手応えがなくなってしまったということは距離云々というよりは気持ちの問題かもしれません。適度に気合いを乗せつつレースを運ぶ方がこの馬には良いのかもしれませんね。タイムオーバーの制限を課されてしまいましたので、トレセンに戻って状態を確認した後は、心身の疲れを取る為に放牧先で馬体のケアを行ってもらおうと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/20日に滋賀県・NFしがらきへ放牧済
・調教内容:軽めの運動

渡辺師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、レースの疲れは見られるものの、途中で走るのを止めてしまっていることで、目一杯走り切った感じはないですね。小倉の時はポジションを取りに行こうとして流れに乗っていきましたが、今回は早めに控えて内へ入れた為に、そこで気持ちが落ち着き過ぎてしまったのでしょう。20日に滋賀県・NFしがらきへ放牧に出してこれまでの疲れを取ってもらう予定です。次走につきましては放牧先で状態を確認しながら検討していきたいと思います」(9/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3角手前からスーッと下がっていった時、脚元の故障を覚悟し、中1週でレースに使ったことを悔やんだのですが、よもやのスイッチオフで走るのを止めてしまったインペリオアスール。JRA復帰戦の前走はそういう面を見せず、これから経験を積んでいけば前進が見込めると喜んだのですが、まさかまさかの気難しさ発揮となりました。

五分のスタートを切り、1800mという距離を意識して中団から進めてくれているものと見ていたのですが、レースのペースアップに反応し切れず。大外枠で揉まれず運べることはプラスだと見ていましたが、逆に馬群の中で競馬をすることで常に刺激を与えた方が良いのかな? まあ、元々走ることへの意欲が薄い馬なんでしょう。

レース後のインペリオアスールですが、全力を出し切っていない分、ダメージは軽減。続戦できるレベルにはありますが、今回のレースで1ヶ月出走制限のタイムオーバーを経験。気持ちが後向きだということも踏まえ、続戦は諦め、NFしがらきで1から立て直すこととなりました。個人的にはこの期間を有意義にするためにも、去勢手術を行って出直すべきだと思っています。

色々な教育・工夫を施すことで、まずは500万下で着実に掲示板に載るくらいのレベルまで持っていって欲しいものです。

« 懸念したスタートで後手を踏み、レースの流れに乗り損ねる。最後までジリジリ脚は使っているも、見せ場を作るところまでは行かず。ホロ苦いデビュー戦になってしまいました。★エレンボーゲン | トップページ | ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)インペリオアスール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 懸念したスタートで後手を踏み、レースの流れに乗り損ねる。最後までジリジリ脚は使っているも、見せ場を作るところまでは行かず。ホロ苦いデビュー戦になってしまいました。★エレンボーゲン | トップページ | ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ