出資馬一覧

« 30日の出走へ向け、13日に栗東・高野厩舎へ戻っています。☆タイムレスメロディ | トップページ | ここはハナを奪えそうな組み合わせ。スピードの持久力を生かして渋太さが生きる展開に持ち込みたい。デキは間違いなく前走以上。☆ソーディヴァイン »

2018年9月16日 (日)

まだまだ体力をつけていく必要はありますが、コツコツ乗り込んで仕上がり良好。素軽い走りをするので芝の実戦で真価を発揮してくれることを期待。☆エレンボーゲン

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

日曜中山4R メイクデビュー中山 2歳新馬(芝1800m)4枠4番 三浦J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:12日に南Wコースで時計

鹿戸師「12日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はエレンボーゲンが追走していき、直線で内に入れて追い出しましたが、追い付けずにゴールを迎えています。追い切りに跨ってもらった皇成(三浦皇成騎手)は『4コーナーまでは楽に来られたのですが、そこから追い出してもまだ動き切れなかったですね。追い切りを重ねてもまだ精神的におっとりした感じですし、馬場の重いウッドチップだと余計に動けないのかもしれません。でも息遣いには問題ありませんし、軽い芝で動きが変わってきてくれる可能性は十分あると思いますよ』と話していました。確かに追い出しても少しモタついてしまった印象ですが、1800m戦ということを考えれば変に前向き過ぎるよりはこれくらいで良いのかもしれません。帰厩後から順調に調教を積んでこられましたから、初戦から良い走りを見せて欲しいですね」(9/12近況)

助 手 9美坂稍 58.4- 44.2- 30.0- 15.3 馬なり余力
三 浦 12南W良 56.1- 41.5- 14.1 G前仕掛け ダイワスキャンプ(古1000万)馬なりの内0.2秒追走0.4秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回中山4日目(09月16日)
5R メイクデビュー中山 2歳新馬
サラ 芝1800メートル 指定 混合 馬齢 発走12:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 マジックパフォーム 牝2 51 木幡育也
2 2 サルウェーテ 牡2 54 蛯名正義
3 3 プライム 牡2 54 内田博幸
4 4 エレンボーゲン 牝2 54 三浦皇成
4 5 ニューデイズドーン 牝2 54 柴田大知
5 6 エリーグローリー 牝2 53 木幡巧也
5 7 ポートロイヤル 牡2 54 大野拓弥
6 8 スティーリア 牝2 54 石川裕紀人
6 9 インテンスライト 牡2 52 菊沢一樹
7 10 アルタマレーア 牝2 54 戸崎圭太
7 11 フォーエロ 牡2 54 丸山元気
8 12 フォーコーナーズ 牡2 54 田辺裕信
8 13 スッポン 牡2 54 嘉藤貴行

○鹿戸雄師 「半兄と違い素直で落ち着きがある。今週のWは重くて最後は苦しくなったが、稽古は十分にやったから動けるはず」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

堅実な産駒を送り出す母ショアー。縁があれば1度出資してみたいと思っていて、巡り合ったのがショアーの16ことエレンボーゲン。完成度の高い馬体+良血馬らしい品の良さ+手先が軽いので芝の実戦で切れ味を期待できそう等から出資へと至りました。父ブラックタイドにも興味がありましたし。

育成時のエレンボーゲンは概ね順調に来ましたが、馬体のボリュームアップに関しては不満。もう少し大きくなってくるイメージを持っていたのですが…。その一方で調教動画を見て、早くからフットワークの良さに好印象。競走馬としての資質は良いモノを秘めているなあと高く期待をしていました。

6月7日に初入厩したエレンボーゲンはゲート練習に着手。枠入り・駐立はスムーズにこなしていたのですが、扉が開くと音に反応するのか頭を上げる癖。ゲートからの発進に課題を残しました。幸い、ゲート試験では遅れが目立たなかった為、合格を勝ち得ましたが、この癖はまだ解消できていません。デビュー戦の今回、ゲートで立ち遅れてしまうかもしれません。

その後、デビューへ向けて追い切りを1・2本消化するも、体力不足の面が否めないとしてNF天栄へ戻って再調整。移動した当初は体力不足を改めて指摘されましたが、大きな怪我をすることなく継続して乗り込みを消化。まだまだ動き切れない面はありますが、放牧を挟んで幾らかでも逞しさは増したと思います。

8月末に帰厩後はココを目標に急ピッチで調整。チップを入れ替えて走りにくくなっているので時計・動きは地味ですが、軽い走りをするので実戦の芝で良さが生きるタイプ。デビュー戦で手綱を取ることになった三浦Jが3週連続で追い切りに跨り、感触を掴んでくれているのは心強いです。デビュー戦から力を発揮できる状態に持ってくることは出来たと思います。

あとは初めての実戦で色々戸惑わないかが1つポイントに。まあ、こればかりは見てみないと分かりませんが、変に舞い上がることがないように注意して欲しいです。そしてレースではスムーズな競馬を意識して走って来てもらえればと思います。もし出遅れたとしたら、道中は後方で折り合いに専念し、最後の直線を向くまで力を溜め込んでもらえればと思います。そして最後の直線でどんな脚を繰り出してくれるか…。結果が伴わなくても、今後に繋がるような走りを見せてもらいたいです。

« 30日の出走へ向け、13日に栗東・高野厩舎へ戻っています。☆タイムレスメロディ | トップページ | ここはハナを奪えそうな組み合わせ。スピードの持久力を生かして渋太さが生きる展開に持ち込みたい。デキは間違いなく前走以上。☆ソーディヴァイン »

エレンボーゲン」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 30日の出走へ向け、13日に栗東・高野厩舎へ戻っています。☆タイムレスメロディ | トップページ | ここはハナを奪えそうな組み合わせ。スピードの持久力を生かして渋太さが生きる展開に持ち込みたい。デキは間違いなく前走以上。☆ソーディヴァイン »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ