最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 折り合いを気にし過ぎて慎重な競馬になったのは残念。大した見せ場を作れぬまま6着に流れ込む。★シグナライズ | トップページ | 前走肝心なところで鞭を落としてしまったのは痛恨も、じっくり立て直してきたことでようやく未勝利脱出のメドが立つ。今回は更に前進して待望の初勝利を掴み取って欲しい。☆ロイヤルアフェア »

2018年8月19日 (日)

懸念した時計の速い決着にメドを立てるも、内回りの外枠でノビノビ走れず。それでも崩れずに走れたことは評価できます。☆アンブロジオ

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

土曜新潟11R 新潟日報賞(芝1400m)4着(2番人気) 横山典J

まずまずのスタートから先行集団の外に付けます。直線を向いて追い出されると、ジリジリと前との差を詰め、昇級初戦を僅差の4着でゴールしています。

横山典弘騎手「行ければハナに行くつもりでした。ただ、スタートは普通に出ているように思うでしょうけど、少し重心が後ろになった時に切られたので、イメージしていたほどは行けませんでした。前走のように自分のフットワークで伸び伸び走らせたかったのですが、馬の後ろで脚を溜めてコーナーから吹かしていくことになると、どうしてもバランスを崩してしまうんです。ファルコンステークスの時も構えて乗ってしまったためにモタモタしてしまいましたが、ちょうど同じような感じになってしまいました。それでも最後は差のないところまで詰めていますし、まだ芯が入っていない状態で、これだけやれるのですから評価できると思います。ハンデも見込まれた感がありますからね。以前は気性面に問題がありましたが、厩舎スタッフの努力で改善され、道中は落ち着いて走れていました。返し馬もこれまでで一番スムーズで、頭を上げて行きたがっているように見えたかもしれませんが、コントロールはちゃんと利いていました。今なら仮に2000m以上の距離に出走したとしても、危うさは全く感じないと思います。実際はそこまでとは言わないまでも、もう少し距離を延ばす方が前に行きやすくなると思うので、試してみたいですね」

菊沢調教師「新潟の内回りだとコーナーもきついし、少し忙しいようですね。東京コースなら1400mでも対応できるのでしょうけど、他のコースではもう少し距離がある方がいいかもしれません。それでも最後までよく差を詰めていますし、頑張っていると思います。輸送も問題なく馬体はフックラしていましたし、典さん(横山典弘騎手)も以前より落ち着きが出てきたと言ってくれました。今回は暑い中、輸送に耐えて頑張ってくれましたから、この後は一息入れたいと思います。状態次第ですが東京開催が目標になってくると思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

テンション高め。馬場先出し。内の出方を窺いながら好位集団へ。道中はコースロスを最小限に抑え、スムーズな競馬はできたが、直線でひと押しが利かなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定

菊沢師「トレセンに戻って状態を確認したところ、脚元には特に問題ありませんでした。ただ暑い中がんばって走ってくれたので、全体的に疲労の色が見えますね。もう少しこちらでケアさせていただいた後は、予定通りいったんノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきたいと思います」(8/15近況)

⇒⇒17日(金)に茨城県・KSトレーニングセンターへ放牧に出ています。(17日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

安定したレース運びをしてくれるので昇級しても見劣ることはないと見ていたアンブロジオ。ただ、これまでの戦績を振り返ると、速い時計のレースを経験してこなかったので、軽い芝で速い時計が求められる新潟コースに対応できるかどうかに不安を感じてもいました。

スタートで若干モタついたアンブロジオと横山典Jですが、外目の枠ということでスッと挽回。折り合いも付いて道中の我慢は利いていたと思います。ただ、溜めが利いても、ピリッとした脚が使えないのがこの馬。外から被せられることなく最後の直線を仕掛けていきましたが、伸びずバテずの脚色。前の勢いが鈍ったところで3着争いにひょこっと顔を覗かせた程度(4着)で終わりました。新潟の内回りはカーブがキツいので、この枠も厳しかったと思います。

まあ、それでも昇級戦で54キロを背負った中での1戦。勝ちを争うところまでは行きませんでしたが、長い直線を踏ん張り通してくれました。この内容ならこのクラスでも十分やれる筈。テンションの高さは残りますが、少しずつ大人になっているのも好感です。

レース後のアンブロジオですが、暑い中で全力を出し切ったことで全体的に疲労が残る様子。早めに余裕を持たせて秋競馬に備えてもらえればと思います。17日に茨城・KSトレーニングセンターへ放牧に。天栄の馬房が確保出来次第、再度の移動になるのでしょう。

横山典Jの感覚では伸び伸び走らせた方が良いタイプということで、今後は楽にハナへ行くために距離を延ばすかもしれません。試す価値はありますし、それが嵌れば更なる活躍が見込めそうです。

« 折り合いを気にし過ぎて慎重な競馬になったのは残念。大した見せ場を作れぬまま6着に流れ込む。★シグナライズ | トップページ | 前走肝心なところで鞭を落としてしまったのは痛恨も、じっくり立て直してきたことでようやく未勝利脱出のメドが立つ。今回は更に前進して待望の初勝利を掴み取って欲しい。☆ロイヤルアフェア »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

アンブロジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 折り合いを気にし過ぎて慎重な競馬になったのは残念。大した見せ場を作れぬまま6着に流れ込む。★シグナライズ | トップページ | 前走肝心なところで鞭を落としてしまったのは痛恨も、じっくり立て直してきたことでようやく未勝利脱出のメドが立つ。今回は更に前進して待望の初勝利を掴み取って欲しい。☆ロイヤルアフェア »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ