最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(3歳上牡馬・牧場組) | トップページ | 【出資理由】ポーレンの17 »

2018年8月20日 (月)

シルクなお馬さん(2歳・北海道組)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「ゲート試験合格後、こちらに入場しましたが状態に変わりなかったことから周回コースでの運動を始めました。前後の連動性が上手く取れていないと聞いていましたが、周回コースでの乗り運動ですとそこまで感じられません。しかしトモはまだ甘さが目立ちますのでこれから坂路に入れてしっかりトモを鍛えて、筋肉を付けていく必要がありそうです。まだまだ馬体は未完成ではありますが、この1ヶ月ほどで見た目は大きくなって帰ってきたことから、今が成長期だと思いますので、今後も馬の成長を妨げないように進めていきます。馬体重は473キロです」(8/15近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

担当者「この中間も引き続きトレッドミルにてキャンターを行っています。左トモの経過は悪くなっている様子はありませんが、先月とあまり変わってきませんね。良化傾向だったのでこのまま乗り運動へ進めていけるかと思いましたが、無理はさせずにトレッドミルでの運動で様子を見ています。継続した運動で体重も安定しており、緩さは依然として残すものの許容範囲でしょう。今後も方針は変わらず、状態面を優先して進めていきます。馬体重は502キロです」(8/15近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本に周回コースで軽めのキャンター1800m、週2回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本、週3回は周回コースで軽めのキャンター3000m

担当者「この中間もすこぶる順調です。坂路の後に周回コースでの運動を追加し、周回コースのみの日も距離を延ばすなど乗り込み量を増やしています。先月は少し夏バテ気味でしたので調教量を抑えておりましたが、すっかり回復いたしました。現在はとても元気があり、前向きに運動に取り組んでいます。しっかりと運動できているので、馬体が日々競走馬らしくなってきています。体重増はそれほどありませんが、先月辺りから体を大きく見せますし、調子がいいのでしょう。体調のバイオリズムがいい時にしっかりと鍛えて基礎体力をつけていくつもりです。スピード調教にも手応え良く登坂できているので、体力も十分ついてきたようです。この調子を維持できるよう注意して進めていきます。馬体重は500キロです」(8/15近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路コースでの調教を再開しています。本数をこなすに連れて、だいぶ余裕を持って駆け上がれるようになってきましたね。走りは良化しており全体的にこの馬なりには良くなってきていますが、他馬に比べるとまだ馬体がしっかりしていないので、焦らず時間を掛けながら進めていく必要があるでしょう。馬格が大きい分、脚元に掛かる負担も大きくなりますので、その点はよく注意しながら進めていきたいと思います。馬体重は527キロです」(8/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲート試験に合格してNF空港へ戻ってきたジェラーニオ。早速乗り出しているのは何よりですが、ハミ受け・トモの緩さが大きな課題。良くなるには時間が必要なので気長にコツコツ進めていくしかありません。また、これまで定期的にリフレッシュを挟むことがあったので、そういうのを少しずつ無くして、鍛えていってもらえればと思います。

左トモの違和感が良くなってきたフロントラインですが、回復度合いがまだまだスロー。無理を控えてトレッドミルでの運動に止めています。乗り出すタイミングは難しいでしょうが、慎重に見極めて前へ進めていってもらえればと思います。

パラダイスリーフは体調が良くなってきたことで再度調教メニューを強化。色々考えられて乗り込めているのは好感。しっかり対応していけば、基礎体力が自然と身に付くことでしょう。また、ゲート試験合格の為に函館or札幌競馬場に1度入厩するプランはありましたが、鍛え上げることを選択したようです。ここまでハードに攻められた馬はいなかったので、今からデビューが楽しみです。とにかく順調に進めていってもらいたいです。

ボンディマンシュは年内デビューとなると微妙な現状ですが、調教にメリハリをつけ、この馬のペースで鍛えていってもらえればと思います。気性面の幼さ・体質の弱さが悩ましいですが、搭載しているエンジンは確かなので、今しばらくは素質を磨くことに専念してもらえればと思います。

« ロードなお馬さん(3歳上牡馬・牧場組) | トップページ | 【出資理由】ポーレンの17 »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

パラダイスリーフ」カテゴリの記事

ボンディマンシュ」カテゴリの記事

(引退)フロントライン」カテゴリの記事

(引退)ジェラーニオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(3歳上牡馬・牧場組) | トップページ | 【出資理由】ポーレンの17 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ