最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 喉の炎症で一息入り、立て直すのに時間を要してしまうも、帰厩後の動きは合格点で力を出せる状態。スタートを決めて前々で積極的に立ち回って欲しい。☆ロードダヴィンチ | トップページ | 前走で減ってしまった馬体重を戻して良い状態でレースへ臨めたも、芝の高速決着ではこれぐらいが精一杯。この馬なりに頑張っています。★タイムレスメロディ »

2018年8月 4日 (土)

昇級戦でも思っていた以上にレースの流れに対応。直線を向いて一瞬伸びてくる雰囲気はあるも、残り200m過ぎから苦しくなってジリジリ後退。8着に終わる。★ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

日曜新潟10R 苗場特別(ダ1200m)8着(12番人気) 石川J

ブリンカー着用。まずまずのスタートからポジションを取りに行き、先行集団の内目で流れに乗ります。3番手で直線を向き懸命に前を追いますが差は詰まらず、後続にも交わされ中団でゴールしています。

国枝調教師「前が結構飛ばしていたから、展開的に嵌りそうだと思っていたのですが、最後はもう一つ伸び切れませんでしたね。道中は馬込みに入りながらも我慢が利いていて、上手く流れに乗っていたのですが、最後に脚を使えなかったところを見ると、もう少しこのクラスのペースに慣れる必要があるのかもしれません。レース後も脚元に変化はありませんでしたが、過去に骨折経験がありますので、念のため詳しく検査を行ってから一旦放牧に出したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/2日に福島県・NF天栄へ放牧予定

調教助手「レース後は相変わらず左トモの歩様はよく見せませんが、念のため骨折経験のある右前膝のレントゲンを撮ってみたところ変わりはありませんでしたし、それ以外にも特に問題は見当たりません。調教の時もそのような面が見られましたが、石川騎手は『レース中に左にモタれるようなところを見せていた』と言っていました。そういった部分があることからもまだ全体的にしっかりしていないのだと思いますし、今後成長して力を付けてくれば1000万クラスでも戦っていけると思います。この後はいったん放牧に出させていただき、ノーザンファーム天栄で左トモを含めてよくケアしてもらいたいと思います」(8/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

500万下を2度勝っているウォリアーズクロスですが、骨折休養があり1000万下での出走は今回が初めて。相手なりに走れる印象はありますが、これまでの戦績を振り返ると、速い時計への対応に?マーク。厳しい流れも経験が不足しています。昇級の壁にどう立ち向かっていくのか注目していました。

ゲートは五分に出るも、芝スタートとダ1200mということで他馬の出脚が優秀。序盤は促しながらの追走でしたが、思っていた以上にレースの流れに乗ることが出来ていました。馬群の内で揉まれる形にもなりましたが、ブリンカー着用が良かったのか頭を上げるような場面もなかったです。

あとは最後の直線でのパフォーマンス次第でしたが、残り200mまでは渋太さを発揮していたウォリアーズクロスですが、そこからひと伸びすることが出来ずにジリジリ後退。パタッと止まっている訳ではないのですが、苦しくなってしまいました。この点はレース前に懸念していたように速い時計への対応力・厳しい流れへの経験値のなさを如実に現れたかなと思います。まあ、今回は特別戦でそこそこ相手が揃っていたので、この経験が今後に繋がっていってくれればと思います。

レース後のウォリアーズクロスですが、脚元への反動・疲れを心配しましたが、今のところそれは問題なさそう。ただ、左トモの弱さは相変わらずなので、しっかりケアを続けていく必要があります。レースで内へモタれる面を見せたのも、トモの弱さから来ているでしょうから。2日にNF天栄へ放牧に出ています。

昇級戦の今回は8着に終わりましたが、次走でどこまで着順を押し上げることが出来るか。その走り・内容次第で1000万下を卒業できるか否かが見えてくるのかなと思います。

« 喉の炎症で一息入り、立て直すのに時間を要してしまうも、帰厩後の動きは合格点で力を出せる状態。スタートを決めて前々で積極的に立ち回って欲しい。☆ロードダヴィンチ | トップページ | 前走で減ってしまった馬体重を戻して良い状態でレースへ臨めたも、芝の高速決着ではこれぐらいが精一杯。この馬なりに頑張っています。★タイムレスメロディ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ウォリアーズクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 喉の炎症で一息入り、立て直すのに時間を要してしまうも、帰厩後の動きは合格点で力を出せる状態。スタートを決めて前々で積極的に立ち回って欲しい。☆ロードダヴィンチ | トップページ | 前走で減ってしまった馬体重を戻して良い状態でレースへ臨めたも、芝の高速決着ではこれぐらいが精一杯。この馬なりに頑張っています。★タイムレスメロディ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ