2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(2歳牡馬) | トップページ | ロードなお馬さん(3歳牡馬・入厩組) »

2018年8月21日 (火)

【出資理由】サロミナの17

Photo_3 サロミナの17(牡・堀)父ハーツクライ

○馬体重 510キロ 体高 153.0センチ 胸囲 186.0センチ 管囲 20.9センチ

・在厩場所:8月2日に北海道・ノーザンファーム早来へ移動

Yearling担当者「こちらでは順調に夜間放牧を行いました。鞍付け、洗いなど馴致は問題なく終了し、ウォーキングマシンで騎乗しながら30分運動をさせてきました。我慢強く、賢さも見られますね。馬体重もこの時期で520キロを超えており、見た目の通り精神的にもどっしりとしていますよ。心身共に1歳馬とは思えないほどしっかりとしており、育成厩舎へ移動後もスムーズに調教へ移れるタイプだと思います。馬体重は528キロです」(8/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

預託先と価格からもっと人気を集めても不思議ではなかった同馬ですが、募集開始で500キロを超える馬体に不安を感じる前脚の造り。これらを懸念された会員の方が多かったと思います。私も最初は見送りが妥当かなと見ていましたが、ただ、1発長打の可能性は秘めていますし、預託先の堀厩舎の馬もこれまで未出資。申し込めばスンナリ出資できそうな雰囲気だったので突撃することにしました。

個人的に1番気に入ったのはシンメトリーの流星で端正な顔立ち。近況にも書かれているように学習能力が高く、利口そうです。歩様に素軽さはありませんが、力強い踏み込み。パワーがあるのは間違いないでしょう。馬体の張り・艶から内面も丈夫そうです。あとは脚元が辛抱してくれるかどうかでしょう。まあ、そこはノーザンFの育成能力と預託先の厩舎力に託すしかありません。

順調に夜間放牧を行い、馴致をスムーズにクリアした同馬は一足先に育成厩舎へ。デビューはそう早くならないでしょうが、このアドバンテージを生かして1つ1つ段階を踏んでいってもらえればと思います。とにかく大きな怪我だけは避けてもらいたいです。

« ロードなお馬さん(2歳牡馬) | トップページ | ロードなお馬さん(3歳牡馬・入厩組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

サリオス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(2歳牡馬) | トップページ | ロードなお馬さん(3歳牡馬・入厩組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ