出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(放牧組・千葉ケイアイファーム) | トップページ | 左前脚の骨瘤が復帰が延びたも、ここへ向けて仕上がりは上々。52キロを味方に好走できる条件も揃っているが、この馬の最大の課題・精神面の成長が問われる1戦に。☆シグナライズ »

2018年8月11日 (土)

デビュー勝ち後、NFしがらきでじっくり乗り込んできた効果は大きそう。舞い上がることなく自分の競馬が出来れば、結果は付いてきてくれる筈。前向きな気性なので距離短縮もプラス。☆シングルアップ

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

土曜小倉8R フェニックス賞(芝1200m)3枠3番 松山J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:8日にCWコースで追い切り

寺島師「8日にCWコースで追い切りました。先週しっかり時計を出しているので、今週は反応を確認する程度に抑えましたが、馬場に入って促していくとガツンとハミを取って抑えきれずに行ってしまうぐらい元気の良さを見せてくれました。予定では併走馬の後ろで我慢をさせるつもりでしたが、結果的に先行する形になってしまったものの、道中はムキになっていくこともなく、折り合いが付いて最後は余力残しでゴールしました。先週は外に膨れることはなかったものの、内にモタれるところがあったので、松山騎手が気を付けて乗ってくれました。ジョッキーは『先週と違って今回はスムーズにコーナーを回ることが出来ました』と言っていたので、トモがしっかりしてきたことで上手く立ち回ることが出来るようになってきたのでしょう。新馬戦の時と違い、馬体にメリハリが出てとても逞しくなっているので、自信を持ってレースに臨めます。少頭数ですし、ゴチャ付くことはないと思うので、力を存分に発揮してもらいたいですね」(8/9近況)

助 手 5栗坂良 60.7- 43.7- 28.3- 14.2 馬なり余力
松 山 8CW良 83.3- 66.8- 52.0- 38.6- 11.9 直強目余力 レッドカイザー(古1000万)稍一杯の内同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回小倉5日目(08月11日)
8R フェニックス賞
サラ 芝1200メートル 2歳OP 特指 国際 別定 発走13:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 チュウワフライヤー 牝2 54 北村友一
2 2 リゲイン 牝2 54 和田竜二
3 3 シングルアップ 牡2 54 松山弘平
4 4 アーデントリー 牡2 54 鮫島克駿
5 5 ハクサンウェーブ 牡2 54 幸英明
6 6 コパノサンデー せ2 54 西村淳也
7 7 ビクトリーゴールド 牝2 54 畑端省吾

○寺島師 「併せ馬で追いかけると燃える面があるけど、抜けてからは問題ないですし、ここは少頭数。競馬を教えつつ、いい結果を出せれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

我が厩舎の2歳勢の先陣を切って阪神デビューを果たしてくれたシングルアップ。デビュー前の追い切りでは若さを覗かせる走りを見せていたので、いきなり力を出せるか半信半疑でしたが、実戦でセンスの良さを披露。

ゲートはそれほど速くなかったですが、二の脚は付いて先団へ。3角過ぎで外目に持ち出して押し上げて行くと、4角で早くも先頭に立ちそうな勢い。最後の直線はアッサリ抜け出して、後続の追撃を完封。走破時計も上々でした。

前走後は適鞍が当分ないこともあり、NFしがらきでじっくり充電。口向きの硬さから乗り難しいところがあったのですが、その問題の改善・解消に向けて取り組んできました。一応の成果は見込めるようですし、乗り込みを継続できたことで馬体にメリハリが出来、動きも良くなっています。

先月20日に栗東へ戻ってきてからも、順調に追い切りを消化。坂路で軽く脚慣らしをし、1週前・今週の追い切りは松山Jが乗ってCWコースでビシッと。デビュー前と比べると動きは間違いなく良くなっています。

ただ、1度競馬を使ったことでややテンションが高いのか前向き過ぎる面も。それを踏まえると距離短縮はプラスでしょうが、小倉への輸送でイレ込まないかが心配。能力はここでも上位でしょうが、キャリアの浅い2歳馬ですからレースへ行ってみないと分からない面も。落ち着いて競馬が出来れば、勿論結果は付いてくるでしょう。

おそらくこの後は小倉2歳Sへ向かうことになると思うので、お釣りを残しつつも良い走りを見せ、次に期待が高まることを願っています。

« ロードなお馬さん(放牧組・千葉ケイアイファーム) | トップページ | 左前脚の骨瘤が復帰が延びたも、ここへ向けて仕上がりは上々。52キロを味方に好走できる条件も揃っているが、この馬の最大の課題・精神面の成長が問われる1戦に。☆シグナライズ »

シングルアップ」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(放牧組・千葉ケイアイファーム) | トップページ | 左前脚の骨瘤が復帰が延びたも、ここへ向けて仕上がりは上々。52キロを味方に好走できる条件も揃っているが、この馬の最大の課題・精神面の成長が問われる1戦に。☆シグナライズ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ