出資馬一覧

« 前走の疲れが解消しきれていない印象も、未勝利では力上位の存在。スタートを出てどのくらいの位置で競馬を進めることが出来るかが大きな分かれ目に。☆ピボットポイント | トップページ | 最大の課題・スタートを決めて2番手追走。道中リズム良く走れたことも良かった。予想外の激走で約1年10ヶ月ぶりの勝利を挙げる。☆ディグニファイド »

2018年8月12日 (日)

多頭数+重賞の舞台で前走で披露した正攻法の競馬を継続して見せることが出来るかどうか。そして通用するのか。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

8月12日(日)新潟11R・関屋記念(G3)・国際・芝1600mに三浦Jで出走します。8月8日(水)稍重の美浦・ウッドチップコースで4ハロン54.6-39.7-13.3 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒6追走して0秒2先着。追い切りの短評は「活気十分」でした。発走は15時45分です。

○小島調教師 「8月8日(水)は54秒6を記録。もう1周走りそうな勢いを見せるなどヤル気に満ち溢れている他、調教前の歩様がスムーズだった点も好材料です。今は切れよりも直線で脚が持続する感じに。マイルでも前目に付けて真っ向勝負が可能だと思います」

≪調教時計≫
18.08.08 助手 美南W稍 54.6 39.7 13.3 馬なり余力 アルジ(3歳未勝利)馬なりの内0秒6追走0秒2先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回新潟6日目(08月12日)
11R 関屋記念(G3)
サラ 芝1600メートル 3歳上OP 特指 国際 別定 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ベルキャニオン 牡7 56 石橋脩
2 2 フロンティア 牡3 53 福永祐一
2 3 スターオブペルシャ せ5 56 内田博幸
3 4 エイシンティンクル 牝5 54 和田竜二
3 5 ショウナンアンセム 牡5 56 田辺裕信
4 6 リライアブルエース 牡5 56 戸崎圭太
4 7 ジョーストリクトリ 牡4 56 田中勝春
5 8 ロードクエスト 牡5 56 三浦皇成
5 9 チェッキーノ 牝5 54 杉原誠人
6 10 ワントゥワン 牝5 54 M.デムーロ
6 11 チャンピオンルパン 牡7 56 石川裕紀人
7 12 プリモシーン 牝3 51 北村宏司
7 13 ウインガニオン 牡6 58 津村明秀
8 14 ヤングマンパワー 牡6 57 大野拓弥
8 15 ロッカフラベイビー 牝6 54 柴田善臣

○土明助手 「短期放牧を挟んで7月14日に帰厩。順調に乗り込み、今回は硬さもなくていい雰囲気です。短距離を続けて使った効果で前回は前で正攻法の競馬で好走。更に1ハロン延長しますが、折り合いには問題ないタイプですからね。重賞を勝っている舞台で期待したいです」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走のパラダイスSは宣言通り、ゲートを出て前目のポジションを取りに行ったロードクエスト。それでいて折り合いが付いたのは大収穫。勝ち馬がマイペースで運んだこともあって、直線は詰め切れませんでしたが、クエストなりに渋太い脚を使って2着。陣営が普段の調教から取り組んできたことが形になったのはホント良かったと思います。

ただ、それは相手の落ちるOPの1戦だったから出来たことかもしれません。今後は再度マイル戦を主戦場にしていくことでしょうし、多頭数の重賞で前走のような走り・結果が出ないとニュー・ロードクエストとは言えません。

前走後は一旦千葉ケイアイファームへ放牧に出してリフレッシュ。暑さに格別強いということはありませんが、毛ヅヤが冴え、雰囲気は良好。状態は確実に上がっていると思います。そして新潟のマイルは2歳時に重賞制覇した舞台。好走できる条件は整っています。

あとは単純に他馬との力関係。前々でレースの流れに乗れたとして、早目に外から被せられる形になったら辛いかもしれません。如何にスムーズにマイルの距離を走ることが出来るかどうか。そこはずっと手綱を取ってくれている三浦Jの手腕に託すのみです。

今後を占い意味で大事に1戦になってきますが、まずは今回も前走で披露した好内容の走りを継続して出来るかどうか。結果も欲しいところですが、その点を重視して見守りたいと思います。

« 前走の疲れが解消しきれていない印象も、未勝利では力上位の存在。スタートを出てどのくらいの位置で競馬を進めることが出来るかが大きな分かれ目に。☆ピボットポイント | トップページ | 最大の課題・スタートを決めて2番手追走。道中リズム良く走れたことも良かった。予想外の激走で約1年10ヶ月ぶりの勝利を挙げる。☆ディグニファイド »

ロードクエスト」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前走の疲れが解消しきれていない印象も、未勝利では力上位の存在。スタートを出てどのくらいの位置で競馬を進めることが出来るかが大きな分かれ目に。☆ピボットポイント | トップページ | 最大の課題・スタートを決めて2番手追走。道中リズム良く走れたことも良かった。予想外の激走で約1年10ヶ月ぶりの勝利を挙げる。☆ディグニファイド »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ