出資馬一覧

« 多頭数+重賞の舞台で前走で披露した正攻法の競馬を継続して見せることが出来るかどうか。そして通用するのか。☆ロードクエスト | トップページ | ロードなお馬さん(牡馬・北海道組) »

2018年8月13日 (月)

最大の課題・スタートを決めて2番手追走。道中リズム良く走れたことも良かった。予想外の激走で約1年10ヶ月ぶりの勝利を挙げる。☆ディグニファイド

Photo_3 ディグニファイド(セ・斉藤崇)父ネオユニヴァース 母ファストフレンド

日曜小倉10R 天草特別(ダ1700m)優勝(7番人気) 丸田J

互角のスタートから逃げ馬をがっちりマークして進めます。勝負どころでの手ごたえも十分で直線に向くと、逃げ馬を交わして先頭でゴール。約1年10ヶ月振り、待望の3勝目をあげました。

丸田騎手「前回はゲートで待つことがなかったので大丈夫でしたが、今回も前掻きはしたものの、背中に力を入れたりはしていなかったので問題なく出ることができました。内の馬が逃げてくれたのでそれを2番手でマークして、道中はとてもスムーズに運べましたね。直線で先頭に立つとフッと気を抜いたり我の強い面を見せましたが、相手が迫ってくるとまた伸びてくれました。ゲートさえ互角に出れば元々これくらい走れる力を持った馬ですし、結果を出せて良かったです」

斉藤崇調教師「前回が輸送でやや減ったものでしたし、今日はいい体で出走させることができました。ゲートをうまく出してくれましたし、1コーナーまでに外から被されないように、ジョッキーがうまく乗ってくれました。直線で前の馬をなかなか交わしに行かなかったですが、内の馬も頑張ってくれたのでディグニファイドも最後まで頑張ってくれましたね。今日は丸田騎手の好騎乗とゲートを我慢してくれたことが勝因ですね。前走後に疲れが出たりした中での出走でしたし、今回もこの後はいったん放牧に出す方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

早い段階からナムラヘラクレスの外に続いてマークする形。行きっぷりも良く、つかず離れずの道中を経て、3角から並び掛けていく。抵抗する相手を競り合いの末に振りほどいた。初勝利を挙げた小倉ダ1700mで久々のV。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/11日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

斉藤崇師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、最後まで全力を出し切ったこともあって右前肢にやや疲れが見られます。骨や筋には異状ありませんでした。ゲートを五分に出れば状態の良さから良い競馬をしてくれると思っていましたが、すべてが上手く噛み合ったレースでしたね。準OPに昇級しましたが、相手なりに頑張ってくれる馬だと思いますので、次走もいい状態でレースに臨めるように牧場サイドと連携を取っていきます。この後は放牧に出して馬体のケアを行ってもらいます。次走につきましては馬の状態を確認しながら検討していきたいと思います」(8/9近況)

⇒⇒11日(土)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(11日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

10頭と落ち着いた頭数+抜けた存在がいないのは分かっていたのですが、前走のディグニファイドは復活の兆しが窺えただけ。スタートに難があるので大外枠が大いに味方したことは重々分かっていました。それ故、内目の奇数枠に入った今回は低迷していた頃に戻ってしまうことを覚悟していました。

そんな中、注目のスタートですが、ヨレたりすることなくほぼ互角のスタート。内から気合をつけていくとスッと反応して逃げ馬を見る形で理想的な2・3番手からの競馬が出来ました。小回りコースだと向正面から仕掛けていく馬がいて、出入りが激しくなりがちですが、このレースは淡々とした流れ。外からかぶせられることはなく、他馬によって集中力を削がれることもありませんでした。

3角過ぎからジワッと前との差を詰めていったディグニファイドは良い雰囲気で手応え十分。4角で逃げていたナムラヘラクレスを交わしに行った際に初めて勝てるかもと思いました。最後の直線、内からそのナムラの抵抗を受けることになりましたが、何とか凌ぎ、後続の追撃も完封。正直、1000万下はもう勝てないだろうと踏んでいただけにビックリの約1年10ヶ月ぶりの勝利となりました。改めてスタートの重要性を認識させてもらいました。

レース後のディグニファイドですが、右前肢に疲れが出たようですが、骨や筋は異常なし。時間の経過と共に回復へと進んでくれると思います。11日にNFしがらきへ放牧に出ています。

さすがに準OPを勝ち上がるのは難しいでしょうが、スッと前目の位置を取れる競馬を継続できるなら、ソコソコ堅実に走ることが出来るかもしれません。

« 多頭数+重賞の舞台で前走で披露した正攻法の競馬を継続して見せることが出来るかどうか。そして通用するのか。☆ロードクエスト | トップページ | ロードなお馬さん(牡馬・北海道組) »

ディグニファイド」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多頭数+重賞の舞台で前走で披露した正攻法の競馬を継続して見せることが出来るかどうか。そして通用するのか。☆ロードクエスト | トップページ | ロードなお馬さん(牡馬・北海道組) »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ